ケンとの1年ぶりの面会 ~島根旭社会復帰センターへ~

先日のお盆の大雨の中、行ってまいりました、

島根旭社会復帰センターへ。

 

 

帰りの渋滞が懸念されたのですが、大雨情報に、皆さんひるんだのか、

渋滞ポイントでも渋滞らしい渋滞はなく、

すんなり帰ってこれました。

(往復13時間半の旅!車に乗っているのは、片道5時間~5時間半くらいでしょうか)。

 

 

去年ケンと会ったのは、8月末ころでしたから、ほぼ1年ぶりの面会です。

 

ケンはあまり変わった様子はなく、明るく元気そうでした。

ちょっと痩せていましたが、前回も痩せていたので(拘置所から島根にきたとき痩せた)、あまり変わってない感じでした。

 

最近の生活ぶりや作業内容、今度行く予定の作業予定、

3類にあがったことや、次は2類にあがる予定があること、

本の話や、ここまで来る間の外の台風と雨の話、

今は修行のために、永平寺に出家したようなものだと思えばいいよ…なんて話などなど、

あっという間の30分でした。

 

永平寺の話は、昔、私がまだ大学生だったころ、お友達のお父さんが、日本海側の都市に赴任されていて、

そこに皆で遊びに行かせてもらったときに、永平寺を見学に行ったのでした。

友達のお父さんは、「永平寺で修行している若者はすばらしい、お婿さんにしたいくらいだ」とおっしゃっていて、

面白くて記憶に残っていたのですが、

この間参加して熱海の日弁連・刑事拘禁本部の合宿に、お寺さんの息子で、永平寺に修行に行ったという

弁護士の先生がいて、ふと思い出したのでした。

 

 

他の弁護士が、「永平寺にいたとき、毎日、何を考えていたんですか?」と質問すると、

その先生は、「とにかく早く出たかったです!」と答えて、大爆笑。

 

思えば、受刑も、朝早く起きて、夜は早く寝て、

腹八分目の、栄養バランスはとれているけど、いまいちおいしくない気がする食事を食べて、

(マクドやお菓子はジャンクだけど、なぜかおいしく感じられる)、

着るもののおしゃれもせず、したくてもできず、頭は丸刈りにして、

人間関係の煩わしさを思いながらも、日々我慢して、

黙々と無駄口をたたかず、作業をして働き、それも規則正しく午後5時には終わって、

(仕事に熱中して、残業におぼれる日々を送りたいんです!!といっても出来ない)、

休みには、窓の外を見て過ごす(確か、ほんの少しだけ窓が開けられたはす)…わけで、

ある意味、現代の出家僧に通じるような面もあるのではないでしょうか。

 

 

そこで出来る娯楽といえば、代表はやはり読書でしょうか。

 

ケンには、せっかくだから、出所までに本を1万冊とまではいわないけれど(それは計算上無理ならしい)、

5000冊読破を目指してみたら?、それが無理でも3000冊はいけるんじゃない?と私から提案。

 

ケンは、拘置所にいなければならなかったときに、既にいろんなジャンルの本を500冊以上読んでいました。

(書面を読むのもすごく早くなっていました)。

現在まで全部数えれば、もう1000冊は読んでいると思うのです。

 

ケンは、もともとは読書家だったわけではないと思いますが、拘置所では、本を読む以外に出来ることがありません。

それは刑務所も似たようなものです。

 

でも、外で過ごせば、ゲームだの、映像だの、音楽だの、いい物もありますが、大半はしょうもないものであふれかえり、

これだけ大量の読書をする機会なんてありません。

 

5000冊までいかなくとも、3000冊でもすごいと思うわけです。

現代では、なかなかそれだけの読書をしている人はいなくて、

単語でいうなら、intelligent な雰囲気を感じてしまうのは、私だけでしょうか。

(私は、ちょっと憧れるのですが…。)

 

ケンは、今は3類なので、面会は月3回。

ケンのご両親は、月3回、車で通って面会をしておられるとのこと、頭が下がりました。

 

今度、2類になったら、面会は月5回まで出来るのだそうです。

お母さんは、5回全部こなすつもりでおられます。(お母さん、本気やでー、(*_*) )。

 

家を借りたいな、でも、移住してくると働くところはなさそうだし…と困っておられました。

 

もしこのブログをご覧になっている島根旭社会復帰センターの近辺の方で、

月に1週間だけ、空いているお部屋をケンのお母さんに間借りさせて下さるという方がいたら、ご一報を。

(食事は持ち込みます。近くに銭湯がない場合、お風呂だけ貸していただければありがたいです。)

 

働くのはこちらで働いて、生活費を稼ぎ、月のうち、1週間だけ島根旭の近くにいられれば、

最初にご主人と車で来て、二人で1回面会、あと2回をお母さんだけで滞在中にこなし(歩いて行くと言ってました)、

さらに2回はご両親で、今までとおり、車で通う…というのが、現在の「妄想プラン」です。

 

島根旭や美祢のような社会復帰センターでは、2類になるのは全然珍しいことではありませんが、

月5回の面会許可をもらっても、家族が来られない…(涙)。

 

そこで、遠方から来られる方は、1泊して、例えば金曜・土曜と連続して面会されたりしておられるようですが、

それでもこなせるのは月に2回。

 

月5回を全部こなしたいというのが、ケンのご両親の希望のようです。

そういう方法が編み出せればいいですね。

(将来は、近くに、官か地元が運営する格安の家族用の宿泊施設を建てるとか…)。

 

帰りに、島根旭の入り口の売店で、函館少年刑務所の丸獄前掛けと小物入れを発見!

あと、金沢刑務所で作っているという枕カバーを買ってみました。

 

小物入れは、残り在庫2個のところをGETしました!

なかなか入荷しないそうです。(^-^)。

 

また、来年、是非来たいものですね。

 

  

 

 

 

 

吉野の夏 ~お盆の人権マニュアル合宿~

お盆は吉野で一泊して過ごしました!というのは本当だけど、

名目は、大弁の人権擁護委員会第3部会の人権マニュアル合宿でした。

 

 

 

 

 

吉野というと「春」「桜」を思い浮かべますが、本当は夏も秋もとてもいいそうです。

 

おかみさんによると、11月が特にお勧めだそうな…。

吉野はお盆なのにすいていて、お値段もそんなに高くなくて、穴場スポットでした。

プランを立てて下さった先生のお気に入りの場所なのだそうです。

 

(私は自分でプランを立てるのは苦手で、つい仕事に埋没するので、

人がプランを立てて下さったときには、出来るだけついていくことにしています。)

 

旅館は老舗の「さこや」さんで、例えば伊藤博文とか(他にもいっぱい挙がってたけど、忘れちゃったよ)、

有名人が多々泊まられたのだそうな…。

階段のところに立派なトラのじゅうたんが飾ってありました。

 

 

さて、本来の目的の人権マニュアル合宿(人権救済申立て事件のマニュアルです)。

 

私の担当は、外部交通。(つまり、面会と信書。)

外部交通は、本来、受刑者の社会復帰と更生にとって非常に重要なんです。

 

しかし…、ええ、そうです。

人権マニュアル発行を送らせている張本人は私です。(私一人じゃないけど…)。

 

一緒に参加された先生方のえらいこと、えらいこと!

どんどん原稿があがっていく…。

 

私は、その場にはいるものの、読み合わせには参加せず、自分の原稿に加筆しておりました(トホホ…)。

あとはお引き取りになるかもしれません。

 

 

夜は、一緒に行かれた陳先生が浴衣を所望され、浴衣美人コンテストもやっているというお祭りへ

歩いて5分の金峯山寺蔵王堂で、たまたまお祭りをしている日だったのです。

 

仁王門もあって、国宝だそうです。

 

   

 

残念ながら、浴衣美人コンテストは終わっていましたが、お祭りの最後に、お餅まきがあって、大興奮!

白とピンクのお餅をいただいて帰りました。

 

お餅だけもらって帰るのは悪いと思い、「無事カエル」のピンクのステッカーと福と蛙のお守りを買いました。

少しでも貢献しないとね!

ステッカーは机の前に張って、福と蛙のお守りはお財布の中に入れました。

 

 

また、秋に来れたらいいなー。

    

 

日弁連の刑事拘禁本部の熱海合宿 ~代用監獄論と死刑廃止論~

8月1日(金)と2日(土)は、日弁連の刑事拘禁本部の熱海合宿へ。

(おかげさまで、忙しいです)。

私は、今年から、大阪弁護士会の刑事弁護委員会から委員として出していただきました。

先日、裁判員裁判を一緒にやらせてもらった金村弁護士といざ熱海へ。

 

 

 

 

最近は忙しすぎて全くお役に立てていないのですが、人権擁護委員会の第3部会(刑事施設)の関係で、

刑事拘禁本部にもかかわっておられる先生方と同席する機会はこれまでにもありました。

しかし、刑事拘禁本部そのものへ出席するのは初めてです。

感想はというと…、「やっぱり価値観が同じで、なじむわ~」(笑)という感じでした。

 

 

特に、処遇のあり方について発表された東京の若手の小竹先生などは、考え方や価値観が私とぴったり一致していて、
驚いてしまいました。

小竹先生の方でも、私のHPを見ていて下さって、「自分が書いているのかと思った」と言って下さいました。

これぞ同士でしょうか?(笑)。

小竹先生のことは、いずれ私のHPでご紹介させていただきたいと考えています。(乞うご期待!)。

 

小竹先生は、カウンセラーや家族療法士の資格を持っておられるとのことでしたが、情状弁護や更生関係に興味がある人は、
こういう心理学などに興味がある人が多いですね。

この間の近弁連の夏期研修の司会をされた奈良の菅原先生も、カウンセラーの資格を持っていると言っておられました。

 

私はカウンセリングの資格などは持っていませんが、やはりカウンセラー的な資質を強く持っているようで、
普段はその資質を駆使しながら、弁護活動をしています。

被告人に特別の疾患や障害等がなければ、刑事弁護の中でうまく浄化させていくことができる場合が多いと思います。

(ただし、精神疾患や障害、特殊な心理的要因がある場合は、弁護士が慢心するべきではなく、専門の精神科医や心理士を投入すべきだと考えています)。

 

私にとって、刑事弁護委員会は、お世話になっている先生方や同じ関心をもつ親しい方ばかりで、非常に馴染む場ではあるのですが、

現在の刑事弁護委員会は、従来の否認事件を中心とする価値観で構成されていて、それが主流ですから、

(障がい者刑事弁護の動きなども出てきてはいますが、あれは情状弁護のごく一部分にすぎません)、

情状弁護を掲げる私にとっては、少し関心や価値観がずれている面もあります。

 

また、特に、大阪の刑事弁護委員会は、層があついですから、相当上の期の方でないと中央にはいくことができません。

(何とかカレー事件とかの先生が委員ですもんね…。)

これじゃ、私の順番なんか絶対回ってこないし、

そもそもの関心がずれているので、(そのせいで、私は下働きをしないので)、従来の組織の中で、情状弁護の価値観を発展させていくのは難しい、

それなら、いっそ新しく刑事弁護の第2グループを作ることはできないか…と、ずいぶん昔に、私は考えていました。

 

 

本来、否認事件は一部否認をかき集めてもせいぜい10%程度のはずで、あとの事件は、公訴事実に争いのない情状事件のはずなのです。(争いたくても、争いようのないこの辛さといったら…)。

 

しかし、選挙権と同じで、本来、すべての被告人は同じ価値がある人間なのだから、

情状弁護は、本来、刑事弁護の90%を占める広大な大地のはずだというのが私の考えでした。

 

しかし、現在の刑事弁護は、「否認事件こそ華」「情状弁護では大したことはできない」とされていて、(その証拠に、法廷弁護技術研修などの題材は全て否認事件です。)、

10%程度のはずの否認事件の世界が、あたかも刑事弁護の世界の90%くらいを占めているかのような扱いを受けていて、

情状弁護の大地は、荒野のまま、打ち捨てられているように、私は感じていました。

 

この90%の荒れ地は大きなフロンティアだ、ここを耕せば、いずれ広大な黄金の稲穂が輝く大地になる…。

いずれ必ず変えてみせる…。

ずいぶん昔に、私はそんなことを考えていたのですが、目の前にやってくる事件と日々の忙しさ(最近はだいぶ乗り越えましたが、苦しい日々もありました)に、そんなことはすっかり忘れていたのでした。

 

しかし、今回、刑事拘禁本部に出していただいて、合宿に参加し、そこに非常に近い価値観の弁護士が何人もいるのを見て、

昔考えていたけれど、厳しい現実の前に忘れてしまっていたことを思い出しました。

 

各地に散っていますが、同じ考えを持っている弁護士は確実にいて、皆が連携すれば、

刑事弁護をその後の処遇と連動させて考えることのできる刑事弁護の第2グループを作ることができるかもしれない…。

そんな気がした熱海合宿でした。

 

     

 

内容的にも面白く、勉強になりました。

国連から日本へ強く勧告された事項は、①代用監獄廃止と②死刑廃止なのだそうです。

袴田事件は、世界で大きな注目を浴びているとのことでした。

 

世界から見ると、日本は先進国であるにもかかわらず、刑事司法と処遇の分野だけは中世なみである、

それでも、処遇については、日本国内で少しずつでも改善の見込みはあるが、

代用監獄と死刑廃止の問題だけは、何年も前から何度勧告しても改められず、

もはや日本だけの力では対応できない事項であると世界の目にはうつっているのだそうです。

 

確かに、袴田事件はともかく、①も②も日本ではほとんど取り上げられていません。

 

特に、①の代用監獄廃止論なんて、我々弁護士も完全に忘れていて、夕方や夜でも接見にいける警察の方が便利だと思ってしまっていますが、外国からみれば、48時間を超えて警察署に被疑者を置いておくことは、到底考えられないことだそうです。

 

これに対しては、会場から、今は女子を中心に男子でも大規模な留置施設が各地で建設されており、

警察本部のワンフロアがすべて留置だったりする大規模施設が増えている。

であれば、この施設やフロアごと法務省管轄へ移してしまえば、新たな施設を建設しなくても代用監獄を廃止する方向へ移行できるのではないかといった意見が出ていました。

 

また否認して、黙秘権行使をしている事案などは、留置においていても仕方がないのだから、

さっさと拘置所へ移送しろと求めた事例の報告などもされていました。(なるほどなーと思ってしまいました)。

 

 

また、死刑廃止についても、刑事弁護の世界では、(問題として取り上げるために、あえてそうしておられるのですが)、絞首刑の残虐性を問題にしていますが、

刑事拘禁の世界では、絞首刑だろうが、ギロチンだろうが、ガスだろうが、電気椅子だろうが、薬殺だろうが、

すべて残虐なことに変わりはなく、死刑は人権を侵害するから許されないという単純な考え方をしていて、私にはこちらの方が圧倒的に納得できました。

 

フランスで死刑廃止にかかわったバダンテール弁護士の「そして、死刑は廃止された」という本を以前に読んだのですが、

その中で引用されていたユゴーの言葉、確か、「死刑廃止は、単純で、純粋で、決定的でなければならない」

と言っていたと思いますが…、を、思い出していました。

 

なんとなく散漫な感想になってしまいましたが、刑事拘禁本部の熱海合宿は、私にとって、実り多き合宿でした。

 

これからも何とか出席し続けて、ここにおられる同じ考え方の先生方と一緒に(特に、若手で同じ価値観の方を見つけたので)、新しい試みを目指していければと思います。

 

近弁連夏期研修で事例報告をしました ~テーマは情状弁護でした~

7月31日は、毎夏の恒例の近畿弁護士連合会の夏期研修。

2日目午後の部のテーマは「情状弁護」でした。

 

 

 

 

 

 

前半の基調講演は、立命館大学大学院、応用人間科学研究科教授の中村正先生。

テーマは、「情状弁護のその先に ―加害者臨床の実践から 法と感情・心理という新しい領域に挑む」でした。

DV加害者の男性に対する脱暴力の取り組みを教えていただきました。

 

とにかく時間が限られていて、45分しかなく、パワーポイントもはしょらねばならず、
全て理解したとは到底言えないのですが、加害者臨床での視点を学べたことは大収穫でした。

 

後半は、事例報告。

成城大学の指宿信教授をコメンテーターに、各弁護士会から1名ずつ、

①再度の執行猶予が取れた事案、

②家族関係に問題があるケース、

③本人へのケアが必要なケースという新しい視点のもとで、発表を行いました。

指宿先生は、治療的司法の観点から、各事例にコメントして下さいました。

 

私も③の事例の1つとして、覚せい剤自己使用・所持事案で再度の執行猶予を得た事例を報告させていただきました。

 

ここで共通認識が得られたのは、

これからの情状弁護は、科学的なものでなければならないということ。

 

「犯罪はすべて個人の意思決定により行われている」という従来の考え方は、「幻想」でしなかく、

実際は、加害者個人の意識化された意思以外のさまざまな要因が重なって起こっています。

これからの情状弁護(その後の矯正処遇も含めて)は、

犯罪が起こった原因を、個人の意思責任の問題だけで片付けてしまうのではなく、

医学、心理学、福祉、社会学などの科学的観点から分析し、明らかにしていくものでなければならないのではないでしょうか。

 

そして、「犯罪」という悲劇が再び繰り返されることを防ぎ、

①加害者が人間として幸福に生きるため、

②二度と同じ思いをする被害者を出さないため、

③社会全体の平穏と安定のため、

その原因を除去していくように努め、悲劇の連鎖に終止符を打つ(つまり、真に問題を解決する)ことを目指すべきではないかと考えています。

 

(従来は、②を当該被害を受けた特定の被害者だけに限定してとらえたうえで、

①と②③が対立するものとしてとらえられているように思いますが、

もっと大きな視点で見れば、①②③は全てつながっていると思います)。

 

現在では、裁判員裁判なども厳罰化の方向へ流れている気がしますが、

刑罰で「苦痛」だけを課しても、けっして問題解決にはつながりません。

苦しみは、否定されたという悲しみや怒りの感情につながり、悲しみや怒りの感情は、やがて恨みや憎しみの感情へとつながりかねません。

 

被告人が犯罪を犯すにはそれなりの理由や原因がある。

その時点では、それがその人の精一杯の選択だったです。

 

犯罪を犯したことは悪ですから、一定の責任は果たさせる必要はありますが、

「罰」という苦しみだけを与えるのではなく、同時に再生できるという「希望」とそのための「手段」を与えるべきです。

 

今度は違う選択ができるように、その人を支援してやらねばなりません。

犯罪という苦しみを生む悪のエネルギーに対して、同じ苦しみのエネルギーでやり返してはいけないのです。

(被害者の被害を思うと、ついついやり返したくなりますし、それが正当なことのように思えてしまいますが、

それを抑えて、より高い賢明な選択をするのが成熟した社会の知恵だと思います。

被害者救済には別の方法や手段があるはずなのです)。

 

 

パンドラの箱に最後に残ったのは「希望」だといいます。

人間は希望があれば、辛い状況でもがんばれる。

「希望」を具体的にしたものが、犯罪原因を科学的に分析した結果出される「再生への支援」ではないでしょうか。

 

今回の夏期研修は、内容もさることながら、中村先生、指宿先生、各弁護士会からこられた事例報告者の先生方とお知り合いになれたのが何よりの収穫でした。

 

これを機に先生方と交流を深め、加害者臨床や治療的司法の概念を勉強していきたいと思います。

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作