刑事事件全般を取り扱っています。
判決後の再出発を見据えた「更生のための刑事弁護」に力をいれています。

1 刑事事件(全般)

従来、あまり重視されてこなかった被告人の判決後の人生を第一に考え、「更生のための刑事弁護」を目指しています。

単に法律的に事件を処理するだけではなく、犯罪を引き起こしている原因を根本から解決する「問題解決型司法」、

医療・心理・福祉などと連携する「治療的司法」を目指しています。

2 窃盗事件(クレプトマニア・知的障害者・発達障害者・高齢者の万引きなど)

窃盗事件は、あらゆる原因が混在している犯罪類型です。

クレプトマニア(窃盗症)、知的障害者の万引き、高齢者の万引き、認知症、発達障害などにも対応します。

保釈を得て、医療機関につないだり、

在宅事件において、医療・心理・福祉などと連携して、問題解決を目指す弁護活動をしています。

3 薬物事件

精神科病院への入院治療、通院治療、心理士によるカウンセリング、薬物回復支援団体による支援、NAなど、その方の状況や経済的条件にあった治療法を組み合わせながら、
薬物のない本来の生活と人生を取り戻すために、再犯防止と更生にむけた取り組みを行っています。

4 性犯罪事件

精神科医及び専門治療機関である性障害専門医療センター(SOMEC)と連携しています。

5  知的障害・発達障害の方の事件

知的障害や発達障害のある方の事件なども積極的に取り扱っています。

大阪では、「大阪モデル」という司法と福祉の連携もあります。

6 心理的な問題の影響を受けた事件

心理面での問題性の大きい事件(例えば、虐待の影響や、親子間の暴力の問題など)についても、
心理関係者と連携しながら、治療的司法を目指しています。

7 裁判員裁判事件

裁判員裁判には積極的に取り組んでいます。
被告人の思いや人生を感じ取り、検察官とは違う、被告人の側から見たストーリーを提示することを大切にしています。

心理的な問題や障害がかかわる事件にも力を入れています。

8 少年事件

少年事件は、まさに更生が問題になる事件といえます。

子どもは大きく変化していく存在であり、けっして決めつけてはいけないという謙虚さをもって、
少年の個性と長所を尊重する活動を目指しています。