吉野の夏 ~お盆の人権マニュアル合宿~

お盆は吉野で一泊して過ごしました!というのは本当だけど、

名目は、大弁の人権擁護委員会第3部会の人権マニュアル合宿でした。

 

 

 

 

 

吉野というと「春」「桜」を思い浮かべますが、本当は夏も秋もとてもいいそうです。

 

おかみさんによると、11月が特にお勧めだそうな…。

吉野はお盆なのにすいていて、お値段もそんなに高くなくて、穴場スポットでした。

プランを立てて下さった先生のお気に入りの場所なのだそうです。

 

(私は自分でプランを立てるのは苦手で、つい仕事に埋没するので、

人がプランを立てて下さったときには、出来るだけついていくことにしています。)

 

旅館は老舗の「さこや」さんで、例えば伊藤博文とか(他にもいっぱい挙がってたけど、忘れちゃったよ)、

有名人が多々泊まられたのだそうな…。

階段のところに立派なトラのじゅうたんが飾ってありました。

 

 

さて、本来の目的の人権マニュアル合宿(人権救済申立て事件のマニュアルです)。

 

私の担当は、外部交通。(つまり、面会と信書。)

外部交通は、本来、受刑者の社会復帰と更生にとって非常に重要なんです。

 

しかし…、ええ、そうです。

人権マニュアル発行を送らせている張本人は私です。(私一人じゃないけど…)。

 

一緒に参加された先生方のえらいこと、えらいこと!

どんどん原稿があがっていく…。

 

私は、その場にはいるものの、読み合わせには参加せず、自分の原稿に加筆しておりました(トホホ…)。

あとはお引き取りになるかもしれません。

 

 

夜は、一緒に行かれた陳先生が浴衣を所望され、浴衣美人コンテストもやっているというお祭りへ

歩いて5分の金峯山寺蔵王堂で、たまたまお祭りをしている日だったのです。

 

仁王門もあって、国宝だそうです。

 

   

 

残念ながら、浴衣美人コンテストは終わっていましたが、お祭りの最後に、お餅まきがあって、大興奮!

白とピンクのお餅をいただいて帰りました。

 

お餅だけもらって帰るのは悪いと思い、「無事カエル」のピンクのステッカーと福と蛙のお守りを買いました。

少しでも貢献しないとね!

ステッカーは机の前に張って、福と蛙のお守りはお財布の中に入れました。

 

 

また、秋に来れたらいいなー。

    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です