立って行う証人尋問・被告人質問 ~むしろ、立ちたい人達もいるようだ~

昨日、大阪高裁第3刑事部で控訴審の審理を受けた際、被告人を座らせて質問しようとすると、

裁判長が、「体が悪いとか、立ったまま行う不都合がありますか」と尋ねられ、(暗に立ってやれと言われて)、

価値観の違いを感じて、衝撃を受けたという話を書きました。

 

 

 

 

そこで、周囲に意見を聞いてみたところ、懇意にさせていただいている精神科医の福井裕輝先生は、

「私は月に2回くらいは証人として尋問に立っていると思いますが、座らされる方が苦痛に感じてました。

主導が、裁判官に握られているような感覚がするからです。」と言われ、むしろ、法廷では立ちたいとおっしゃいました。

 

 

また、薬物依存回復支援団体であるアパリの事務局長尾田真言氏も、

「何年も前の話ですが、大阪高裁で情状証人に立った時、裁判長から着席するように言われなかったので、立ったままで証言したことがあります。

私の場合は立ったままの方が声が通って良いと思いました。

この14年間で200回くらい情状証人に立ったけれど、立ったままだったのは、その1回だけでした。」

と話して下さいました。

 

 

私は、鑑定医であった医師が、プレゼンテーションをするときに立って話しておられたとき以外は、

証人であっても、被告人であっても、立ったまましゃべっていた(しゃべらされた)経験がなかったので、

昨日の控訴審の裁判長の言葉には、価値観の違いを感じて、ものすごい衝撃を受けたわけです。

 

しかし、他の方々の意見も聞いた上で、よくよく考えてみると、立って話す方が良い場合もあるのかもしれないと思うようになりました。

 

裁判官と対決できるだけの知識と力のある専門家証人たち(精神科医や支援団体の人)は、むしろ、法廷で立ちたいと思っていることがわかりましたし、

被告人も、今まで座るものだと思い込んでいたので、あえて「被告人質問のとき、立って話したい?座って話したい?」なんて、聞いたことがなかったのですが、

もしかしたら、自分は立ちたいという被告人もいるかもしれないと思うようになりました。

 

 

年配の弁護士の言葉を聞いた印象では、

従来は、自白事件の被告人について、被告人質問のとき立たせて聞いて、否認事件は座らせていたのかな?というような印象でしたが(時間がかかるからでしょうか?)、

それは逆で、

認めて反省している自白事件こそ、椅子をすすめて緊張をほぐして聞いてやるべきで、

闘いを挑んでいる否認事件こそ、本人が逃走や暴力のおそれがない安全な人で、

「自分は時間がかかってもかまわないし、体力に問題はないから、立って話したい」と言うのであれば、

立って話すことを認めるべきなのではないかと考えるようになりました。

 

 

相手に椅子をすすめて、座ることを促してから話し始める行為には、相手を受け入れ、話を聞くというノンバーバルなニュアンスがあり、

立ったままで、真正面に向き合って話す行為には、対決するというノンバーバルなニュアンスがあるのではないかと思うのです。

 

であれば、罪を認めて謝っている人を立たせて話をさせるのは、

例えて言うなら、教師が、まだ幼く、自分より明らかに弱い立場の子供を立たせ、

体罰はしないまでも、精神的緊張を強いて威圧しているような感じで、よくないと思うのです。

 

罪を認めている自白事件こそ、椅子に座らせ、緊張をほぐした上で、

「なぜこんな悪いことをしたのか。反省しているのか。今後はどうするつもりか。

自分の言葉できちんと話してみなさい」と、問うべきではないでしょうか。

 

 

他方で、否認事件の場合は、「自分はやっていない。違う」と言っているのだから、

対等な立場であることを認め、立って話すことも許すべきなのではないでしょうか。

 

(裁判長としても、座って話したいと言った自白事件の被告人には、「座らせなければならない理由がありますか?」と聞いておいて、

否認事件の被告人が、「立って話します。私は健康ですから、配慮は無用です。」と言うと、

今度は、「立って話さなければならない理由が何かありますか」と聞いたら、それは矛盾ですよね)。

 

専門家証人もしかりです。

医師等が「立って話したい」と言ったら、立たせてもいいということではないでしょうか。

 

(被告人が立って話さなければならないならば、証人が座らなければならない理由はないのではないでしょうか。)

 

私は、証人も被告人も、必要性がない限りは、座って話すのが当たり前だと思っていて、

それ以外の体験はしたことがなかったので、昨日の出来事はとても衝撃的に感じたけれど、

大阪高裁の裁判長が、「理由がない限り、立って話せ」という訴訟指揮をしておられるなら、

他の法廷でも、絶対、座らなければならない理由なんてないのではないでしょうか。

 

立って話したい人は、実は、たくさんいるらしく(知らなかった!)、そういう人は、法廷で立って話してもいいなんて、

まさに、「目からうろこ」です。

 

考えが深まる契機とみれば、たまに価値観が違う裁判官にあたるのも「良いこと」なのかもしれません。

 

 

 

 

立ったままの被告人質問 ~あなたはどう感じますか~

大阪高裁第3刑事部で、控訴審がありました。
裁判長は、被告人質問を立たせたままやろうとしたので、私が「座らせたいのですが…」と言うと、

「何か身体が悪いとか、不都合がありますか」とおっしゃいました。

(私はとても驚きました!)。

 

 

 

その被告人については、当初からごく短時間の被告人質問しか予定していなかったので、立ったままで質問をして、

(かかった時間は、5分弱だったでしょうか)

審理開始から7分で結審したのですが、法廷で傍聴席から見ておられたお母さんによると、

裁判長は7分の間に、2回も(!)時計を見たそうです。(これも驚き!)

 

 

 

実は、この同じ部の審理には、3週間前にもあたっていました。

性犯罪で非常に重い量刑の被告人だったにもかかわらず、裁判長は、そのときも、立ったままで5分でやれと言いました。

しかし、そのとき、私はこの裁判長にあたるのは初めてだったため、

(これまで取下げてしまったケースしかなかったのです)、

そのときは、裁判長が何を言っているのか、意味がわかりませんでした。
5分と時間制限をされたことの意味はわかったのですが、被告人を座らせない意味は全くわからず、

今から思えば、私が裁判長の意図を酌まなかったので、とりあえず座ることだけは許可していたのだと思われます。

 

今回、別の被告人で、また同じことを言われたことで、

この裁判官は、被告人に立ったまま答えろと言う人で、全ての人に5分と言う人なのだということが初めて理解したわけです。

 

年配の弁護士に聞くと、被告人質問では、しばらく前まで、第一審であれ、控訴審であれ、

自白事件では、10~20分ないし30分程度の被告人質問は立ったままということは結構あったそうです。

 

しかし、最近は違うのではないでしょうか。

私は、地裁で立ったままで被告人質問をするよう言われた経験はないですし、高裁でもなかったと思います。

 

小さな出来事ではありますが、私の衝撃は大きく、驚きの出来事でした。

何が当たり前なのか、当たり前だと考えている価値観がまったく違うことを示していたからです。

世代間ギャップとでもいうのでしょうか。

 

最近の若い者は…とよく非難されたりしますが、必ずしも年を取ればよいというものではなく、

物事によっては、若い人の方がはるかに人間的な価値観を持っているケースもあるのではないかと感じました。
お上が罪人を裁く感覚なのでしょうか。

「お前の話など聞く価値もないし、お前を人間として尊重する気などない」とメッセージを

出来るだけ上品な言葉と、時計を見るというしぐさで、発しているだけのような気がします。

 
被告人やその家族は、法廷では非常に緊張しているのが普通です。

普通は、座った方が、落ち着いて話せるでしょう。

椅子をすすめるくらいの思いやりがあってもいいし、控訴審は事後審だから…、うんぬんの問題ではなく、

人間性の問題だと思うのは、私だけでしょうか。

 

皆さんはどう思われますか。                

 

 

PS:この話をしていると、懇意にさせていただいている精神科医の福井先生が、

「自分はむしろ立ちたい。座っていると落ち着かない。

裁判官に主導権を握られている気がするから」という意見を下さいました。

 

興味深いご意見です。

被告人やその家族に、わざわざ「立って話したいですか?座って話したいですか?」と聞いたことはないのですが、

彼らは、おそらくは座った方が落ち着くと言うと思うのです。

 

でも、精神科医である福井医師のような方は、ある意味、自分の主張を展開するスピーチのような感覚で、

立って話される方が落ち着けるし、本来の自分を発揮し、表現できるという感覚があるのかもしれません。

出廷していただける機会があったら、是非、尋問を受けるときも、立ったまま話していただくことにしましょう。

 

立ったままの被告人質問なんて、考えたこともなかった私にとっては、

裁判長の言葉は、最初は意味がわからないくらい衝撃!だったので、ブログに書いてみました。

 

たまには頭を空にして ~旭山動物園を訪れて~

日弁連人権擁護委員会第3部会での旭川刑務所見学の翌日、土曜日に、旭山動物園に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

1ヶ月前に飛行機を予約する際には、刑務所訪問後、すぐ帰ろうか、もう1泊しようか、かなり迷ったのですが、

自腹をきって、せっかく旭川まで来たのだから(日弁連の刑務所訪問は、現地でのチャーターバス以外は全部自腹なのです)、

もう二度と来ないかもしれないし、あと1泊だけしていこうと、予約しておいて正解でした。

 

東京は大荒れで、飛行機が飛ばなかったからです。

結局、日曜日(東京の天候は回復し、今度は北海道の天候が悪化していきました)に予約していた便で、大阪まで無事帰れた私…。

一番不安がっていた私が、一番うまく吹雪をすり抜けながら、旭川を訪問できたことになります。

これも神様が守ってくれたからでしょうね。(私は不安がっていただけで、何もしていませんから)。

 

土曜日の旭川は、これまた快晴!

太陽の光が温かく、しっかりさしているおかげで、絶好の動物園日和でした。

 

どうせ帰れないんだし、ここまで来たら、楽しむしかないと、数年ぶりに旭山動物園を楽しみました。

昔来たときは、春先のツアーだったので、時間制限に追われていましたが、この日は雪の中とはいえ、じっくり見学することができました。

 

 

思ったのは、動物たちが、皆、ご機嫌で幸せそうなこと!

(オラウータンとか、チンパンジーとか、手長サルとかは、季節が合わな過ぎるのか不機嫌そうでしたが、

あとは皆、基本的にご機嫌でした。)

   

  

【とってもご機嫌で幸せそうなアザラシ。特に目が細い太目の彼は幸せそうに見えました。彼女だったらゴメンね。】

 

  

  

【ライオン夫妻はご高齢らしい。とても端正で美男美女の気がするのは私だけでしょうか。】

 

そんな動物たちを見ながら、片栗粉のような感触の雪を踏みしめて歩いていると、いつの間にか頭の中が空っぽに…。

私は普段、いつも何かしら頭の中で考えていて、考えすぎる傾向があるので、

(その日しなければいけない雑用だったり、電話の内容だったり、接見や打ち合わせの段取りだったり、
どうにもしてやれない事件の内容だったり、漠とした閉塞感だったり…とさまざまなのですが)、

いつの間にか、頭が空っぽになっていたのは驚きでした。

 

  

  

 

冷え切った空気がいいのか(-6,7度くらいだと思います)、

それとも、降り積もった雪がいいのか、

普段、体験しない動物園の非日常的な空間がいいのか、よくわかりませんが、

この雪の季節に、他に行くところなんてないじゃん!と期待しないできたわりには大収穫の動物園でした。

何事もあなどれないものです。

 

  

 

  

【顔で選んだのかしら?と思うくらい美人なキリンさん。アミメキリンというだけあって模様が綺麗でした】

 

   

【水中を飛び回るカバ。こいつはまだ子どもに違いないと思いきや、2歳だとか。小学生くらいかな?】

 

 

ペンギンの行進も、11時と14時30分の2回観ました。

調教したりしたわけではなく、彼らはこれから海岸に狩りに向かう気分で、自主的に歩いているのだそうです。

   

  

【狩りに海岸へ向かっている気分のペンギン。11時の回なので皆颯爽としています。14時半の回はもう飽きてました】

 

 

そんな姿を見ていると、本来持っている自然な性質に従い、

あるがまま、出来るだけご機嫌に日々を生活していれば、それでいいのかな…という気がしてきました。

動物園にもなかなか深い感慨があるものだなぁ…と思った次第です。

たまには日常を離れて、頭を空っぽにするのもいいものですね。

 

 

【カメラ係のおじさんに、勢いで着ぐるみを着せられて、撮ってもらった写真】

 

 

旭川刑務所訪問記 ~日弁連人権擁護委員会から~

日弁連人権擁護委員会で毎年恒例の刑務所訪問。

今年は、2月14日に、旭川刑務所に行ってきました。

  【快晴の旭川空港】

 

当日は、先週の大雪に引き続いて、再び東京に大雪の予報…。

大阪から旭川には直行便がなく、東京(羽田)を経由せねばなりません。

飛行機に慣れていない上、方向音痴で交通網にうとい私は、前日の予報と東京の厳戒態勢のニュースにびびりまくり…。

 

大阪発は、朝8時半だから飛行機が飛んでくれたとしても、10時半ころの東京から旭川への便が飛ばなかったら、いったいどうしたらいいものか…。

大阪を出てしまったら、あとはもう賭けだから、行くのはやめた方がいいのではないか…と迷いつつも、

同じく、大阪発のE先生に「先生、行かれますか?大丈夫でしょうか?」と尋ねてみたところ、

「行きますよ。大丈夫でしょう。」のあっけらかんとしたポジティブメールに、とりあえず行ってみることに。

 

飛行機は、難なく飛んで、無事旭川に着くことができました。

 

(ただし、その後は、バッチリ欠航していたみたいですが…。

名古屋方面や四国方面から参加予定だった弁護士たちも、飛行機が飛ばなかったらしく、来られませんでした。)

 

東京は大雪でも、旭川は快晴!でした。

 

 

 

旭川刑務所は、現在、LB:170名、B:79名を収容するLB指標施設です。

  

LB収容者の場合、罪名は、強盗・強姦・殺人といった重大な罪名が多く、54.8%は暴力団関係者とのことでした。

B収容者の場合は、多いのは、窃盗と覚せい剤です。

また、旭川刑務所は、無期の受刑者を54名収容している点に特徴があり、最高齢は85歳(3名)、52年以上収容されている方もいるとのことでした。

 

この数字を聞いただけで気が遠くなりそうなくらいで、大変なご苦労だろうと思いますが、

(例えば、大阪などに比べると)比較的規模が小さいせいか、空気は少し柔らかいような気もしました。

あと、外は雪が降り積もっているものの、建物内は暖房がきいているせいもあるかもしれません。

(この点は、本州の刑務所の方がずっと寒いでしょう)。

 

現在、建て替え中で、居室の一部や工場などの建物が新しくなりつつあり、

医療関係の処置室等も充実して、常勤医や歯科医の確保も出来ているといった面も影響しているのかもしれません。

お風呂などの設備もとてもきれいで衛生的でした。

 

注目は、建て替え後は、全室が個室!になる予定だということです。

これは全国で初めての試みとのことでした。

 

従来、この点に関連して問題になってきたのが、「昼夜間独居による脱法的隔離」の問題です。

これは、要件の厳格な正式な法76条の「隔離処遇」とはせずに、

制限区分4種に指定された者を対象にした規則の運用として、昼夜間、単独室に居室指定される者が多数存在していて、事実上の隔離になっているのではないかという問題です。

旭川でも、法76条の隔離処遇はゼロ、隔離によらずに単独室処遇を受けている者の数は、58名とのことでした。

(この中には、閉居罰執行中の人や、反則調査中の人も含みます)。

 

正式な隔離処遇によらずに単独室処遇をすることは、法の厳格な要件を免れ、反抗的だったり、処遇困難な人を長期にわたって事実上隔離するという問題点があるのです。

しかし、脱法的な隔離が疑われる一方で、現実の刑務所の現場では、対人関係が苦手な受刑者が多く、

本人自身が集団処遇を嫌がったり、共同室を拒否して単独室から出ようとしないという理由によるものも多いとされ、

脱法的隔離と区別しにくい面があるのが現状です。

 

刑務所側としても、対人関係の不調から本人が工場に出ることを嫌がり、作業拒否されると、懲罰とせざるを得ず、

しかも、工場数が少ない中で、あの工場には行けない、この工場もダメと本人が思い込んでしまうと、
もはや手の打ちようがないという問題も抱えておられるようです。

 

そんな中で、全室が個室となり、共同室がなくなれば、少なくとも共同室内でもめたために発生していた懲罰がなくなります。

夜は自室で独りになれるのだから、昼間だけでも工場に出てみないかという説得も可能になり、

その説得に応じる人も出てくるかもしれません。

そのため、全国初の全室単独室の試みは、同じく、長期受刑者の処遇の悩みを抱える他施設からも注目されているとのことでした。

 

ベストは、昼間は集団で働き、会話できる時間も多少はあった上で、夜は単独室というスタイルでしょう。

島根あさひのような社会復帰支援センターなどでは、単独室(かつ、共有スペースあり)がほとんどですが、

LBやB級であっても、全室単独室というスタイルがどのような処遇を生み出していくのか、非常に興味深いところです。

 

大雪にもめげず、今年も無事、刑務所訪問ができました。

旭川刑務所の方々、どうもありがとうございました。

 

PS:旭川刑務所のゆるキャラは、「カタックリ君」と「カタックリちゃん」だそうです。

旭川刑務所の背後にある突哨山に群生する「カタクリの花」をトレードマークに、漫画家の新子友子さんがデザインされたのだとか。

私は、カタクリの花を見たことがないのですが、副部長のF先生によると、とても可憐な花だそうです。

 

  

【カタックリ君とカタックリちゃん】                【カタクリの花】

 

 

PS: さらに、旭川刑務所では、旭山動物園の動物を描いたうちわやコースターの製作をしておられるとか。

旭山動物園で旭川刑務所の商品をみつけたので、コースターを2セット買ってみました。

 

 

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作