刑務所と社会をつなぐ社会共同組合 Pausa Cafeの挑戦 @龍谷大学

昨日、龍谷大学で行われた、「人と社会を結ぶソーシャルファーム ~罪を犯した人を排除しないイタリアの挑戦~」という浜井浩一教授が主催された講演会に参加してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

メインの講演は、イタリアから来られた社会共同組合の理事であるアンドレア・ベルトラさんの講演、

「マイナスの条件をプラスに変え、刑務所と社会をつなぐ社会共同組合 “Pausa Cafe” の挑戦」です。

 

 

 

アンドレアさんは、もともとビール職人で、ヨーロッパのビール文化の母体であるベルギーへ修行に行かれ、トラピスト修道会を含む2つの修道会でビールの作り方を学ばれた方だそうです。

刑務所で社会共同組合の仕事をされるようになってからは、人間的、人道主義的アプローチも必要だと考え、カウンセリングの勉強もされているとのことでした。

 

Pauza Cafeは、もともとは、スローフード運動を背景に、グァテマラのコーヒー産業を守り、女性や子ども達が搾取されていた労働環境を変えて、コーヒー農家のノーマルな生活条件を守るために、2004年に設立されたものだそうです。

そして、①倫理的に公正な方法で(社会的連帯)、②市場で十分通用するだけの高品質の産物を作ることをモットーとして、活動されてきました。

それをいかにして流通に乗せるかという観点から、二人の設立者が、トリノ刑務所長に話を持ちかけたことで、今の活動が始まったそうです。

 

当時は、本当にそんなことができるのか?と思われたそうですが、とにかく1年やってみることになって成功し、今ではコーヒー以外にも、多くのプロジェクトが取り組まれているとのことでした。

アンドレアさんは、2007年から、新たなビール作りの事業の責任者として、社会共同組合に参加されたとのことです。

 

 

アンドレアさんによると、刑務所における「労働」は、社会と刑務所が相互に開き、統合するために、非常に重要である。

「労働」の肝心な点は、働く技術ということではなく、人間的な点、すなわち、人と人との信頼関係を労働を通じて築くことにある。

刑務所の中にいる人達は、自分に対する信頼や外界に対する信頼を失っている人達だから、受刑者達が労働を通じて、自己表現する権利を保障する。

工場の中で労働するだけで社会復帰するというわけではなく、大切なのは、人間的な信頼関係を築いていけるような方向へ向かって進んでいくということだ。

受刑者を面接するにあたっては、その受刑者がどんな犯罪を犯したか、どんな刑罰を課されているかは、全く問題にしない。

それは、既に、どこか別の場所で処理されていることだ。

自分たちは、この人とどんなふうに仕事をしていくかだけを考えて、①動機、②自分がやってしまったことへの意識、③適性などの一定の条件を満たす人を選ぶということでした。

 

その結果、社会共同組合で働く受刑者は、ほとんどが殺人犯になるそうです。

殺人は、何か極限的な状況に追い詰めれた中で起こることが多く、薬物等の常習的な犯罪者とはメンタリティーが異なるからだろうとのことでした。

 

一つの社会共同組合の規模は小さく、アンドレアさんの工場(ビール工場)では4名が働いているそうです。(受刑者全体は1200名とのこと)。

自分たちが重視しているのは、量ではなく、質であり、生産物だけではなく、人間関係や職場環境も含めて、質を重視しているとのことでした。

 

この受刑者達は、外泊許可を利用したりして、社会内でビールの展示会などがあるときは、そこへ出かけて、説明や販売を行ったりするそうです。

また、刑務所内にある製造設備は最新の素晴らしいもので、それは、その他のコーヒー工場やパン工場でも同じでした。

 

社会内共同組合の事業については、完全な民間団体によるもので、補助金が出るわけではありませんが、税金と社会保障費の点で優遇措置があるそうです。

 

 

成功の鍵は、一時的な流行を追うのではなく、地域に存在するニーズを調査して、把握し、それにマッチした産業を行うこととのことでした。

例えば、社会共同組合のパン工場で作るパンは、伝統的なパンの製法を徹底的に研究し、特別の酵母菌を使って丁寧に焼き上げ、窯はイタリア有数の巨大な薪釜で焼き上げるという具合です。

コーヒーも非常に高品質のものを作っており、ビールもかなり高品質の特殊なビールを作っておられるようでした。

買い手側も、それが刑務所で作られたことを特別意識するわけではないようで、刑務所で生産された物が普通に食卓にあがることに意味があるようでした。

 

会場では、休憩時間にビールとコーヒーの試飲もありました。

食音痴の私は、うまく表現できないのですが、コーヒーもビールも非常に強いコクというか、味のあるものだったように思います。

 

また、当日の会場は、100名以上の方々が参加されていたようです。

参加者の中に、「あのお兄さん、どこかで見たことがある人なんだけど、誰だったっけ…??」と思う方が…。

よくよく思い出してみると、なんと、少年鑑別所の職員の方でした。

彼とは、審判直前の少年の作文の宅下げの方法をめぐって、窓口でケンカしたこともあったのですが、

「土曜日をつぶして、この場に参加しているということは、少年の更生のための職場や仕事のことを真剣に考えているということよね…。」と、見直すことしきり。

人を見かけで判断して(鑑別所では手続きがあって、とにかく形式的かつ画一的な処理が重視されるのですが、付添人には中での処理手続きがいまいちわからない上に、少年が中学生以下のような子どものときは、どうしても、うまく手続きができないときがあるのです。)、短気を起こして怒ってはいけないと、反省した次第でした。

(ちょっと本筋から離れてしまいましたが…)。

 

アンドレアさんや、浜井教授は、このような方法を日本にも導入できないかと考えておられるようです。

今すぐ変革できるわけではないでしょうが、将来は、必ず、受刑者の仕事や社会復帰を考えるヒントになるだろうな…と感じた講演会でした。

 

PS:アンドレアさんによると、イタリアでも、刑務所内では何をするにも、行政側の許可がいるそうで、しかも、それがとてもノロノロしていて、複雑怪奇なシステムになっているとのことでした。

今回のこの講演にも、許可を取ってこられたそうです。

 

そのあたりは日本と変わらないようでしたが、アンドレアさんは、「もう慣れた」と言って、笑っておられました。

こういう形式性は、世界どこでも、覚悟しないといけないようですね。

 

 

 

 

 

南高愛隣会訪問記 ~2013年2月16日~

今年2月16日に、日弁連人権擁護委員会から、長崎県の南高愛隣会を訪問させていただきました。

人権擁護委員たちの間でも、「行ってよかった!」「素晴らしかった!」と感動の声が上がったのですが、そのころは翌週に裁判員裁判を控え、忙しすぎて、ブログにアップできませんでした。

今さらながらで恐縮ですが、あらためて、ご紹介させていただきます。

 

長崎刑務所訪問の翌日、よく晴れた土曜日に、バスで諫早から雲仙へと移動して、今話題の南高愛隣会を訪問させていただきました。

(長崎新聞に連載された記事をまとめた「居場所を探して ~累犯障害者たち~」(長崎新聞社)が話題になっています)。

 

アジサイという名の施設で、理事長田島良明氏から、南高愛隣会における障がい者福祉の発展の経緯、

そして、今話題の「長崎モデル」「新長崎モデル」という刑事手続きにおける取り組みをお聞きした後、いざ施設見学へ。

 

※ 長崎モデル」とは:軽微な窃盗等を繰り返す知的障がい者に対して、その障害の有無や犯罪への影響などを福祉の専門家らで構成する判定委員会で判定し、刑務所と福祉施設のどちらがふさわしいか等を議論して、意見書を作成し、裁判所に証拠として提出することで、再度の執行猶予等の判決を得て、福祉へとつないでいく活動のこと。

※ 新長崎モデルとは:長崎モデルの発展型で、警察・検察による捜査段階から福祉の専門家が関与して、審査会で上記のような判定をして意見を述べることで、知的障害を有する人を不起訴処分とし、福祉へとつなげていく取組みのこと。
最高検も巻き込む形で展開されていることが大きな特徴。

刑務所の出所時に福祉へつなげばいいというのではなく、そもそも刑事手続きに乗ってしまう前に、刑事司法ではなく、障がい者福祉へとつないでいくのが特徴である。

「出口から、入口へ」という福祉支援の動きを示す画期的な取り組み。

 

まずは、アジサイ1階の調理場の見学。

ここでは、障がい者の方達が働き、多くのグループホームの食事を作っておられるそうです。

グループホーム、ケアホームでは、お世話をする方が、ともすると食事係のようになって、一日中、食事の用意に追われかねません。

かといって、本人たちに食事をまかせてしまうと、栄養が偏ってしまいます。

そこで、ちゃんと栄養バランスのとれた食事(お弁当)をここで作って、各所に配膳しているのだとか。

かつ、障がい者の方達に安定した職場を提供しています。

ここで働く皆さんは、聞いても教えてくれないくらい、貯金を持っておられるということでした。

 

 

ここから、バスで移動して、点在するグループホームやケアホームへ。

海が一望できる丘になっています。

 

 

 

 

 

 

 

平成14年に、田島理事長が障がい者入所施設を解体することを提言してからは、数多くのグループホーム、ケアホームで、2名から4名程度の人達が点在して暮らしています。

理念は、「小規模で普通の暮らし」を。

雰囲気は、下の写真ような感じです。

 

建物の真ん中に廊下があって、その両側に各自の個室があるのです。

(注:夕日が丘住宅の横にある写真は、緑が丘住宅の中の写真です。こういう造りではないホームもあります。)

各個室は、それぞれの個性で部屋が飾られています。

お相撲さんが好きで大きなポスターが張ってある人、クマやぬいぐるみのお人形さんが並ぶ人…。

 

田島さんの説明によると、何でも画一的にして個性を認めない刑務所は、障がい者にとっては、あんなところに入れたら、状態が悪くなるに決まっているじゃないかという最悪の環境だそうです。

また、各自のトイレがあることにもこだわっておられました。

(食事、睡眠、排せつの確保はとても大切だということでした)。

現在の刑務所とは真逆の、各自の個性を重視する生活のあり方は、将来の更生保護のあり方を考えるヒントになりそうな気がしました。

 

 

また、かっては大型施設で今は空になったところを、トレーニングセンターあいりんや、更生保護法人「雲仙・虹」として活用しておられます。

雰囲気はこんな感じです。

 

 

 

 

施設訪問のあとは、お昼を食べながら、35年前にこの地に障がい者福祉施設を作ろうとした際のご苦労や、

当初は嫌って、工事に必要な水さえくれなかった地域の方たちが、次第に障がい者を理解してくれるようになった経緯、

今後の「寄り添い弁護士」構想などを話して下さいました。

 

田島さんの頭の中は、検察庁をも巻き込んだ新長崎モデルからさらに進んで、

刑事弁護の判決後も、弁護人が知的障がい者に寄り添い、更生を支援する「寄り添い弁護士」構想へと進んでおられるようです。

 

その前日、長崎県弁護士会の人権委員会の先生方とも懇親会の場をもったのですが、かなり謙遜されつつ、

「自分たちは、南高愛隣会が提案してきたことをやってきただけだ。

南高愛隣会のすごいところは、弁護士がポロっと「こうだといいんですけどね…」と言ったことを、次回までに本当に全部やってしまうところだ。」と言っておられました。

(例えば、累犯の事例で、保釈金があって、保釈できればいいんですけどね…と言うと、南高愛隣会が本当に保釈保証金を用意してきて、保釈され、その後、執行猶予になったり…といったことのようです。)

 

35年前は、まるで岸和田拘置所の一般面会室横についているようなトイレが1つついているだけの、小さな小さな四畳半の部屋から出発された田島さんですが、

周囲の反対の中を、ひたすら実践を繰り返してこられた結果が、今のこの巨大で幸福な集合体を作りあげていることを実感できたご訪問でした。

 

 

 

 

犯罪/性犯罪と精神医療(特に、脳) ~精神科医福井裕輝先生をお招きして~

3月15日に、大阪弁護士会で、性障害専門医療センター(SOMEC)から精神科医:福井裕輝先生をおまねきして、
「犯罪/性犯罪と精神医療」というテーマで(特に、脳との関係について)勉強会を行いました。
私が 所属する刑事弁護委員会の捜査弁護部会主催ということで、本年度の刑事弁護委員会の予算の残りを使わせていただいて、お願いしちゃいました。(皆さん、ご協力ありがとうございました。m(__)m )
法廷に立つことを嫌がられる精神科医の先生が多い中で、福井先生は、柔軟に対応して、被告人が勾留されているときも拘置所に出向いて面会して下さり、法廷にも証人として立って下さる貴重な先生です。
ちなみに、3月15日は以下のようなテーマでお話いただいたのですが、
犯罪/性犯罪と精神医学
1.      犯罪と精神医学

①   犯罪に関する近年の医学的知見

②   触法精神障害者の処遇

③   責任能力判断

④   私的鑑定

2.      性犯罪と精神医学

① 性犯罪に関する近年の医学的知見

② 性犯罪者の処遇/治療の現状と課題

3.      刑罰か治療か

 

 

勉強会の内容は、こんな見出しでは到底お伝えできないくらい、充実したものでした。

3時間あったのですが、それでも、多数のスライドが、全部見られないくらいだったんですよ。

来て下さった弁護士たちにも、とても好評のようでした。♪ 

 

性犯罪者も含めて、犯罪者の脳にどのような問題があるか、様々な検査結果から科学的に検証されていく福井先生のお話は、今後の刑事弁護、情状弁護のあり方などを考える上で、とても貴重で有意義なものだったと思います。
なんとなく変な人、犯罪者なんだからおかしくて当たり前だ、全て被告人が悪いんだ…というふうに思われてしまいがちですが、犯罪者となってしまった人の脳を科学的に検証していくと、例えば、脳血流の低下や一部の欠損など、さまざまな異常が発見されたりします。
そして、さらによくよく調べてみると、幼いころに、お父さんやお母さんからボコボコに(頭部も含めて)殴られ、虐待されていたり、バイクで転倒して激しく頭部を打つような交通事故にあっていたり、他には、ブランコから落ちて、頭を強打するような事故にあっていたりと、それなりの原因があったりするのです。
裁判でこのことに気づけるかどうか、
まず最初の出発点は、刑事弁護人が、犯行動機や経緯、あとは被告人の言葉や様子なども含めて、
「何かおかしい…」と気づけるかどうか、
さらには、お金の面も含めて、なんとかお医者さまにつなげられるかどうかにかかっている気がします。
今後の刑事裁判では、犯罪の原因の究明として、そして、刑事裁判後の被告人の治療と社会復帰のためにも、福井先生のような科学的な医療の観点を取り入れていくことが重要なのではないでしょうか。
今回は、捜査弁護部会主催の「勉強会」でしたが、ここで学んだことを土台に、次回は大阪弁護士会の単位認定がされる「大型研修」にしますからね!
福井先生、そのときはまたよろしくお願いいたします。
私は、懇親会でも、とっても楽しいお話をうかがうことができました。
 実は、私も事件をご依頼しているのですが、他の方々のご依頼も含め、これからは福井先生に大阪へ来ていただく機会が増えそうですね。 
PS:私のHPで、「精神科医との連携」ということで、性障害専門医療センター(SOMEC)と福井先生をご紹介したページがありますから、よろしければ、どうぞそちらもご覧下さい。

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作