覚せい剤事件(自己使用)における最高の情状弁護とは? ~ある支部にて~

先日、ある地裁の支部にて、覚せい剤自己使用事件の裁判が数回にわたって開かれました。

 

 

 

 

 

 

私の事件ですから、例のごとく、保釈を得て、病院で条件反射制御法による治療を受けていただいているわけですが、

この事件では、被告人の内面的葛藤が激しく、

弁護人だけでは対処できないと判断したため、

(私は、カウンセラー的な要素ももっていて、被告人の内面の浄化は得意な方なのですが、あくまで弁護士なのであって、

心理学の専門的知識はありませんから、限界があるわけです。)、

専門の心理士さんにもかかわっていただいて、カウンセリングも受けてもらったことが画期的な試みでした。

 

私は、裁判を引き延ばすつもりなど全くありませんから(ただし、1回結審はしませんが…。)、

2回で結審させるつもりで、書証の証拠請求をしました。

 

書証は、たくさんありましたが、内容的には、通常は問題ないだろうと思われるものばかりでした。

例えば、条件反射制御法の治療方法を説明した論文的な書面や、

薬物依存回復支援団体であるNPO法人アパリの支援を受けるための契約書、

精神科医が作成した医匠や、

心理士さんに作成してもらったカウンセリングの内容と今後必要な治療を書いた治療計画書、

被告人が取得した資格の証明書、

家族の上申書

本人の反省文といった類いです。

 

 

しかし、検察官の証拠意見は、「全部不同意」!

 

この間、大阪弁護士会の刑弁委員会の合宿で、

昔、証拠開示をしない検察官に対して、ある先輩の弁護士が、法廷で、

「国家権力の提出するものは、全て不同意!!」と言って、戸籍謄本にまで不同意を出したという話が出て、

とても面白かったのですが、まるでその逆バージョンかと思うような形でした。

 

電話でその趣旨を問うと、執行猶予中の再犯であった本件では、

刑務所での矯正教育こそ必要なのであって、治療などは全く必要ない(若しくは、受刑後でいいと言ったか…、ちょっと覚えていません)と考えているとのこと。

声は、まだ比較的若そうな女性の声…。

にもかかわらず、化石時代のような典型的な考え方に、私は非常に驚き、怒るとともに、

大阪では研修などもして、覚せい剤犯への治療を広めていこうと努力しているけれども、

他の場所ではまだまだこういう化石時代のような考え方の方が主流なんだな…と、ある意味、感心もしました。

 

検察官は、最終的には、被告人の反省文と資格証明書だけは同意しましたが、

あとは、やっぱり「全部不同意」!

 

裁判官が、家族の上申書も不同意なのですか?と聞くと、

「そういうものこそ信用できないので、不同意である。」とのご意見でした。(敵ながら、あっぱれ!)

 

私は、「何を!」と腹を立て、

弁護側は、書証に不同意を出されたら、どうせ、医師や心理士など専門家証人なんて呼べないだろうとなめてかかっているな、

うちの証人は、全員、法廷に呼べるんだ!とばかりに、「全部、証人請求します」と応戦しました。

 

検察官は、「必要性なし」などの意見を出していましたが、結果的には、

精神科医、心理士、アパリ(薬物依存回復支援団体)親族2名が、証人として採用され、

全員、法廷で証言することになりました。

 

 

しかし、結果的に、これがなかなか良かった!

現時点での覚せい剤自己使用事案に対する最高の治療と弁護(覚醒剤使用の原因を究明して、抜本的に対処するという意味で…)だったのではないかという面白い裁判になりました。

 

 

検察官は、確かに、「そこまでやるか?」というくらい不同意意見を出しましたが、

内容がわからず、納得できないから不同意を出しているのであって、

(この治療法はまだ世間に周知されていないため、得体が知れない、信用できないと思われること自体は仕方がないのです。)、

主尋問を聞き、反対尋問をして、納得できれば、(検察官としての立場があるため、一定の限界はあるでしょうが…)、

ちゃんと理解してくれる人なのではないかという印象でした。

 

それは、私だけではなく、被告人や家族もそう感じたようで、

彼女は、意外にも、被告人や家族たちにも非常に好評でした。

 

質問力もなかなか素晴らしく、私などは、それなりに治療法を理解しているために、

「何がわからないのかがわからない」という状態に陥ってしまっているのですが、

彼女は、実に、根ほり葉ほり、様々な疑問を聞いてくるので、

かえって専門家証人たちがもつ知見や、家族の思いや、被告人の抱える葛藤が、弁護人の質問以上に浮き彫りにされて、

良く理解できたように思います。

(ちなみに、うちの証人たちは、皆、本物ですから、根ほり葉ほり聞かれようが全く大丈夫!

全部答えられるので、質問されること自体は全然かまわなかったのでした)。

 

裁判官も、心理士さんなどの専門家証人に対して、

普段法曹が事件を扱う中で、疑問に思いながら、なかなか理解できないことを、「ここぞ!」とばかりに質問しておられました。

例えば、

・被告人と同じような心の葛藤をかかえている人でも、法律で禁止されていることには出ない人とそれを乗り越えてしまう人の違いは何でしょうか、とか、

・子供のころの影響を受けていたとしても、20歳を過ぎれば自分の力で変わっていくべきと思われるが、20歳を過ぎて、一定の期間がたっている中、被告人の人間としてのありようはどう感じられるか、とか、

・前刑で執行猶予判決を受けたときに、執行猶予中に再犯すれば刑務所だと注意を受けているのに、なぜ短期間で再犯をしてしまうのか、カウンセリングをされている立場から、何かお考えはありますか…、

などです。

 

言われてみれば、どの質問も、我々法曹関係者が、日々事件に接していて、なぜなんだろう?と疑問に感じる根本的な質問ばかりです。

(尋問中、おおー、そういうことを聞くか!と感心してしまいました)。

この興味深い質問に対して、心理士の答えも、法曹とは異なった視点からの心理学的な見地からの答えがされて、非常に勉強になりました。

(ちなみに、心理士と精神科医の証言は、要旨ではなく、速記となりました)。

 

 

薬物の依存性と被告人が成育歴から抱えてしまった内面的葛藤(これらが薬物使用の背景になっている)のメカニズムを明らかにし、

薬物使用の原因に対して、適切な治療を提供し、被告人に回復と社会復帰の希望を与えた、その上で、

社会と自分の行為に対する責任感をもつようにと促した今回の情状弁護は、

覚せい剤使用事案に対する弁護という点では、現時点では、最高レベルだったのではないかと思います。

 

 

弁護側は、治療と再犯防止体制作りは、きちんとやっていたわけですが、

それが法廷で明らかにされ、より深められていったのは、

あの女性検事が、すべての書証に不同意を出してくれ、裁判官が、証人たちを採用して話を聞いてくれたおかげだと思います。

 

まだ判決結果はわかりませんが、どんな結果が出ようと、それはやむを得ないことだと思います。

被告人は、保釈によって、治療の機会をもらい(裁判所にも家族にも、自分を大切に扱ってもらったと感じている)、

このプロセスを経てもらったことに十分納得していると思います。

この刑事裁判を契機にして、彼は、きっと立ち直ってくれるでしょう。

 

スケジュールは少しタイトでしたが、なかなか面白い充実した刑事裁判でした。

 

 

 

 

 

光さんの検察庁への出頭 ~さあ、出発のときが来た~

私のHPに治療体験記を掲載してくれている光さん(覚せい剤依存症のため、覚せい剤使用の罪に問われ、今回が3回目の受刑になりましたが、

保釈を得て、汐の宮温泉病院で薬物依存症の治療法である「条件反射制御法」による治療を受け、一審判決後も、控訴し再保釈を得ることで入院治療を続け、薬物依存症の克服に努めた方です)が、控訴審で判決を受け(控訴棄却)、とうとう収監の日がやってきました。

 

 

 

 

保釈された日から、約6か月…。

真面目な光さんは、懸命に努力し、納得のいく治療が十分にできたケースとなりました。

当初のころに比べると、光さんは目が澄んで、心身ともに安定して、本当に元気になりました。

 

控訴審の公判前ころには、制限住居を病院から自宅へ変更し、約3週間ほどは、仕事、NA、病院通いと本当に忙しい日々でした。(どうしても、病院が遠いので、通うのはかなり大変だったようですが、最後まで頑張ってくれました)。

社会復帰した状態に極めて近い状態を経験してから、収監のこの日を迎えたわけです。

 

大阪高等検察庁へ、朝9:00の出頭。

夜型の私にはちょっとつらい時間でしたが、そこは頑張って、お見送りしてきました。

 

8:30AMころ、福島あたりに着いた私が、光さんの携帯に電話すると、これから河原でバリカンで断髪式をするとのこと。

河原でバリカン??、何やってんだか…と苦笑しつつ、河原へ降りていってみると、

ご家族の他に、私もよく見知っている治療仲間が2人、見送りに来てくれており、

奥さんと仲間の一人がバリカンで光さんの頭を刈っていました。  

 

出家でもするような心境なのかな…?

 

 

理容の経験がある治療仲間の一人が、頭を刈り終わった後、「眉毛は?」というので、

私は、思わず、「眉毛は怖くなるからやめとき。残しときいや!」と、叫んでしまいました。

その結果、眉毛はそっていませんでしたが、刑務所では、眉毛は?と聞いて、結構、頭と一緒に刈ってしまうんだそうです。

(なんでだろう?)

 

その後、タバコを立て続けに何本も吸って、

コーヒーを一口飲んで、コーラを一口飲んで、またコーヒーを一口飲んで…(苦笑)、

(注:これらは、全て、刑務所では口にできないものです)、

 

出家の心境かと思いきや、あんた、世俗の煩悩のかたまりやな…(笑)。

 

 

それから、検察庁の入り口で受付をし、執行係の人が来るのを待って、皆で見送り、彼は出頭していきました。

 

とうとう出発のときが来た!

さぁ、行ってこい。

 

これから約2年間にわたって、彼は、狭い部屋に閉じ込められ、厳しい暑さ、寒さにさらされ、

面倒な人間関係にさらされ、生活の全てにわたって自発的な意思を奪われ、

担当さんの指示に従わねばならない苦しい生活が始まります。

 

しかし、明るい未来にたどり着くには、どうしても、この苦しい時期を乗り越えなければなりません。

それ以外に方法はないのです。

 

この辛く苦しい時期を耐え抜いて、1日も早く帰ってこられるように…。

そして、次の出発時には、もう薬物依存に振り回されることなく、妻子とともに、幸せな人生を歩めるように…。

 

きちんと治療して再犯を防ぐことは、彼自身のためであり、妻子のためであり、両親のためであり、社会のためでもあり、

全ての人にとって利益につながっていくのです。

 

すべては、そのためにささげられたこの6か月でした。

 

 

私は、この方法が、裁判所や検察官からどんなに白い目で見られたとしても、

社会も含めたすべての人にとって、絶対的な「善」であると信じています。

被告人が、再犯しないで更生してくれれば、本人や家族のみならず、社会全体が受ける利益は実はとても大きいのです。

 

(ちなみに、実際には、検察官や裁判官の中にも、理解を示して、協力してくれる方々も多々います。

しかし、他方で、いまだに旧態然とした価値観の人たちがいるのも事実です。

 

おそらく、覚せい剤の認めみたいな最も簡単な事件で(今までなら、1回結審で終わりだった。他にすることなんて何もないとされていいた)、

裁判が終結して事件が落ちていくまでに、時間がかかるのが嫌なのでしょうね。

いつまでも事件が落ちていかなければ、係属件数がなかなか減らず、裁判官の成績にも響くのでしょうし…。

 

あとは、覚せい剤犯への偏見もあるかもしれません。

 

また、従来の刑事司法の判断や考え方の中は、個人の行為責任の考え方しかなく、

「疾患」や「治療」なんて、従来の判断枠組みの中に位置づけられないのも嫌なのでしょう。

それを取り込むということは変化を起こすということですが、変化には常にリスクを伴いますから…。

山ほどの被告人を目の前で見てきて、現在のやり方が機能していないことは十分わかっているのに、

誰も本気で変えようとしないのです)。

 

 

光さんを見送ったその足で、私は、これから新たに治療を始める人の保釈保証金を納付しにいきました。

彼は、今日、入院していきます。

 

一人、一人は、大海の一滴。

しかし、大海はすべて一滴の水からなるのです。

 

また、いつか、覚せい剤事案の判決を起案したときの、私の修習生時代の経験を書いてみたいと思いますが、

私は、刑事裁判の場(見方を変えればチャンスの時)を、ただ事件を形の上だけで処理して、

判決さえ出せばよいという場ではなく、

問題を本当に解決するための、現実的で、実効的な場に変えていきたいのです。

 

なぜか?

自分がもし被告人の立場に立たされていたら、そんな扱いをされるのは絶対に嫌だと思うからです。

 

そのためには、とりあえず、前進していこうと思います。

 

 

今日だけを見て生きる ~悩まない秘訣~

先日、本屋さんの入り口に積んであったので、買ってみたデール・カーネギーの

「道は開ける。あらゆる悩みから自由になる方法」の最初の章に書いてあった言葉がこれでした。

 

 

 

 

人間は、1度に1つの事しか出ない。

昨日はただの夢。

明日はただの幻。

しかし、今日をよく生きることは、すべての昨日を幸せな夢に変え、すべての明日を希望に変える。

人はたった1日だけを生きていくだけでいい…。

 

弁護士数増大化の波の中、司法研修を終えても登録できない弁護士が大量に出る世界で、

(こんなことをしていたら、10年後には、弁護士会は土台を失い、柱をシロアリに食われた建物のように、

一気にドサッと崩れ落ちていくんじゃないかしらと本気で思っているのですが…)、

明日の生活もわからない中で、膨大な雑務と仕事をこなす日々…。

 

エンジン全開で走りながら、次から次へと処理していってるのに、終わらない大量の雑務、読み切れない大量の記録…。

何とか助けてやりたいと、遠方まで接見に行き、国選事件も頑張るけれど、

移動距離が大きいと、(電車の中では何もしていなかったとしても)、ずしっと身体にこたえます。

国選事件の報酬、特に、公判国選は、裁判員裁判を除いては、信じられないくらい安いんです、これが…。

(私が10か月間、頑張って、何度も病院に通って資料を集め、障害に関する申請もして、

新聞記事に載せていただいた知的障害者の再度の執行猶予事案でさえ、報酬は13万円くらいだったですからね(驚!))。

 

その上、さらに、詰まっていく予定。

ブログにも書きたかったけれど、書く暇もないまま、日々が流れ去っていきましたが、

先々週の土曜日には、金沢で行われた中部弁護士連合会の刑事弁護経験交流会出席して、

赤城高原ホスピタルの竹村先生のお話を聞き、

(なんと!、金沢でクレプトマニアの治療をして下さる新しいお医者さまが現れたのです)、

先週の金曜から土曜にかけては、武田尾で行われる毎年恒例の大阪弁護士会・刑事弁護委員会の合宿に参加し、

その土曜の午後には、大阪弁護士会で行われた「刑の一部執行猶予制度に関するシンポジウム」に参加していた私…。

こういうイレギュラーな予定が詰まると、わずかな休む暇さえ、消えていってしまいます。

 

 

こういう日々を送っていると、つい出口のない悩みと不安に陥ってしまいそうになりますが、

嘆いたところで、外の世界は変わらないことに最近気がつきました(遅い!)。

結局は、自分の心の持ちようを変えるしかなさそうです。

処方箋は、どうやら、「今日だけを見て生きる」ということらしい。

 

 

そういえば、この間、光さん(私のHPでご紹介している方で、条件反射制御法による治療を受けて、覚せい剤依存症から立ち直ろうとしている方)と控訴審の被告人質問の準備をしていたとき、

光さんは、NA(ナルコティクス・アノニマス。薬物依存症の方たちが開くミーティング。各地の公民館や教会などで、定期的に開かれています)に通う意義を、言葉に迷いながら、こんなふうに説明してくれていたっけ…。

 

二度と再犯しないと誓い、生涯薬物を使わないことを目標にしてしまうと、

目標があまりに遠くなりすぎて、不安になり、耐えられなくなってしまう。

でも、NAに毎週参加することで、「次回ここに来るときまでクリーンでいよう」というふうに考えれば、

目標設定が短くなって、不安がなくなる。

 

NAに参加するのは、クリーンでいられた自分を確認し、いったんリセットして、また明日から頑張ろうと

スタートを切り直すような意味がある。

短い目標設定とリセット・再スタートの行為がつながっていき、結果的に、長期にわたってクリーンでいることが可能になる…ということでした。

 

 

今まで、覚せい剤使用・所持の方の被告人質問で、「今日1日だけクリーンでいよう」というのがいいらしいですよ…なんて

えらそうなことを言ってきた私ですが、本当の意味はわかってなかったようです。

 

光さんの言葉を聞き、D・カーネギーの言葉を自分の生活にも当てはめてみて、ようやく、本当の意味がわかったような気がしました。

 

「今日1日だけを見て生きる」は、古くは、イエス・キリストも語ってきた言葉。

とりあえず、今日1日、今日1日…を積み重ねて、リセットしていけば、

思いがけないほど、長い道のりも歩けるはず。

そう信じて、明日からまた頑張るしかないか…と思う、日曜の夜なのでありました。

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作