愛するということ エーリッヒ・フロム ~母性と父性の統合について~

昨日のブログで読書感想文(?)を書いた「愛するということ」、エーリッヒ・フロム(新訳版)について、

もう1つ、心に残ったことを書いてみたいと思います。

母性と父性の統合について、ふれられている部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

エーリッヒ・フロムは、母性への愛着から父性への愛着へと変わっていき、最後には双方が統合されるという発達こそ、
精神の健康の基礎であり、成熟の達成だと言っていました。

これがうまくいかないことが神経症の基本原因だとのことです。

(この点は、クレプトマニア(窃盗壁)の弁護活動をしていて、幼いころ、特に母性との関係がうまくいかなかったことが原因で、摂食障害や人格障害を併発して苦しんでいる方たちを見ていると、きっとそうなのだろうな…と実感します。)

 

そして、この発達過程は、人類の歴史、つまり、神への愛でも同じ過程をたどっていて、

はじめは母性的な女神への依存であり、

次に、それが、父性的な神への服従となって、

成熟した段階に入ると、人は、神を人間の外側にある力とみなすことをやめて、

愛と正義の原理を自分自身の中に取り込み、神と一つになるのだそうです。

 

 

フロムは、成熟した人間は、母親的良心と父親的両親を併せもっていると言っていました。

母親的良心は、「あなたがどんな過ちや罪を犯しても、私の愛はなくならないし、あなたの人生と幸福への願いもなくならない」といい、

父親的良心は、「お前は間違ったことをしたのだから、その責任を取らねばねらない。何よりも私に好かれたかったら、生き方を変えねばならない」という。

成熟した人間は、この2つの良心を自分の内部に併せ持っているそうです。

 

 

私は、本を読んだとき、フロムのこの指摘を、弁護人の弁護活動や、刑事裁判での被告人に対する法曹(主に、弁護人と裁判官)からの働きかけという問題にあてはめて考えて、とても共感しました。

 

まず、弁護活動についていえば、
弁護人によって、被告人への向き合い方にもいろいろスタイルがあると思いますし、
事件の大きさ(短期で終わる事件なのか、裁判員裁判のように、長期間に及ぶ事件なのか)によっても、対応の仕方は違ってくるとは思いますが、

少なくとも私の場合、最初のうちは、まずは母性的な対応をして、次第に父性的な対応を取り込んでいくというスタイルをとっています。

事件直後(逮捕直後)は、被告人の言っていることが多少不合理であろうと、

自分の視点に偏っているように感じられようと、基本的に、責めることはせずに、

いったん全て受け入れることをモットーにしています。

そして、彼らの中の長所をみようと務めます。

 

この段階で彼らを責めないのは、取調べが続いている間は、彼らは警察や検察から十分責め立てられているわけで、
ここで弁護人までが責めたら、彼らは疲弊しきってしまうからです。

さらに、事件や逮捕から間がない時期は、心身の状態が悪いことが多く、ここで自分を客観視しろといっても不可能だからです。

それに、被告人の言っていることが一見不合理に思えても、よくよく調べてみると、実は正しいということは多々あります。

だから、まずは責めずに、受け入れるのです。

法曹三者の中の弁護人の役割という視点からみても、その役割の基本は「母性」だと思います。

 

 

しかし、いつまでも母性だけで対応していては、社会に受け入れてもらうことはできず、結果的に彼の量刑が重くなります。

それは他の誰でもなく、彼自身の苦しみとなり、不利益になります。

だから、取調べが終わり、彼が落ち着いて安定してくるのを待った後、検察官から開示された証拠も見た上で、

母性的対応から父性的対応へと、徐々にピッチをあげながらシフトしていくことになります。

目標(ゴール)は、裁判の公判であり、被告人質問です。

例えていえば、植木にグサッとハサミを入れて、刈り込んでいくような感じでしょうか。

ハサミを入れるときは、何だかかわいそうな気もしてしまいますが、ここで切らないと、あとあとちゃんと育たないのです。

(あくまで私にとってのものですが…、)
弁護活動というものは、母性を基本としつつ、母性の範囲内で父性的要素を取り入れて、被告人の状態を最善の状態へとつくり変えていく作業という気がします。

 

 

次に、裁判全体、つまり、被告人を取り囲む法曹三者という視点から見た場合、

母性の役割を果たすのは弁護人なわけですが、父性の役割を果たすのは裁判官ではないか…という気がしています。

 

もちろん、検察官も公益の代表者として、法廷のバーの外からみれば、非常に重要な役割を果たしているわけですが、

被告人の視点から見た場合、検察官は被告人を有罪にし、かつ量刑を重くするべく過剰なまでに彼らを攻撃する面があるので、

とにかく「敵!」という感じがしてしまって、父性の役割は到底果たせません。

父親は、公正で厳粛であったとしても、敵であってはならないからです。

そう考えると、父性の役割を果たすのは、やはり「裁判官」なのかな…と考えたりします。

 

 

実際、多くの被告人は、多少の悪口は言いますが、

基本的には、裁判官は偉い人なのだと思っていて、何とかいい評価をしてもらいたいと思っています。

(その判断に彼の人生がかかっているのですから、当然といえば当然ですが…)。

 

 

弁護人は、良き母親として、たとえどんな罪を犯した被告人であっても、彼の幸福を願い、愛をもって守り抜こうとし、

裁判官は、良き父親として、公正さとか、社会の規範というものを体現しつつ、なおそこに愛が感じられる裁きをしないといけないのでしょうね…。

そのバランスがうまく取れたとき、それはいい裁判なのであって、

(被告人が納得するとは限りませんが、しかし、子どもというのは総じてそういうものです)、

更生に資する裁判になるのだろうと思います。

 

 

フロムの文章の高尚な響きに、ふと被告人への弁護人のあり方を思った今日このごろでした。

 

 

愛するということ エーリッヒ・フロム ~最近読んだ本から~

紀伊国屋書店に行くと、入り口とレジ前に白い表紙にピンクの帯の本の山が…。   

題名は、「愛するということ」、エーリッヒ・フロム(新訳版)となっていました。

夏木マリさんと杏さんの推薦だとか。

ふと手にはとったものの、流行本か、まぁ、いいや…と買わずに店を出ました。

 

 

 

 

 

 

しかし、家の布団の中で、以前から好きなジョゼフ・マーフィーに関する単行本をふと開くと、あら、まぁ、あの本の名前が書いてあるではないですか!

さらに、裁判所近くのセブンイレブンでつい買ってしまったPHPの本を開くと、

(この裁判所近くのコンビニはこういう精神系のミニ本がセレクトされておいてあるんです。
そういう方がいらっしゃるんでしょうね。
コンビニの雑誌コーナーの手前にひそかに並んでいるミニ本って、そのお店の方の価値観が出ますよね)、

そこにも「愛するということ」、エーリッヒ・フロムの記載が…。

 

こういうシンクロニシティが起こるときは、買っておけという合図なので、めんどくさがらずに買うというのがお約束!

で、買って、読んでみたわけです。

うーむ、ここ最近、読んだ本の中で、最も高尚な響き。

こんな本はしばらくぶり。

短い言葉にエッセンスが詰まった本でした。

 

 

 

愛は、成熟によって到達する技術なのであり、重要なのは、愛されることではなく、どうやって愛するかということだと。

(私たちは、愛されることばかりに夢中になっている)。

愛は、突然ふってわいてくる、恋愛に「落ちる」ような感情をいうのではなく、
成熟によって、意思をもって、そこへ「とどまる」ことを習得すべき技術だということが書いてありました。

 

 

こういうものを読むと、つい被告人との関係で考えてしまう私。

重大な罪を犯しているケースにおきかえて、じっと考えてしまいました。

私は弁護人だから、それでも彼を愛せるけれど、これが被害者だったらどうであろうか。

出来るだろうか…。

でも、だからといって、「あなたが、あなたの家族が被害者だったらどうですか!、許せないでしょう!」と迫る、
あの決まり文句も何かが違う気がする。

 

 

さらに、エーリッヒ・フロムは、愛するには勇気と信念がいると言います。

 

愛は、他人の可能性を信じることであり、人間の可能性を信じること。

人間は、まだ平等・正義・愛の原理に基づいた社会秩序をうち立てるには至っていないけれど、

きっとうち立てることができるという確信を抱き、

それを他者が否定し、受け入れなくても信じ続ける。

そのためには勇気と信念がいる。

 

 

困難に直面したり、壁にぶち当たったり、悲しい目にあったとしても、

それを自分に起こるはずのない不公平な罰だと思わずに、自分に課せられた試練と受け止め、

それを克服すればもっと強くなれると考えるには、勇気と信念がいる…。

 

 

「勇気と信念」とだけ聞いていると美しい言葉だけれど、

それを行為で表そうとすると、とても辛い、痛みと悲しみを伴うものになる気がします。

 

 

いつの日か、重罰を科せられたこの目の前の被告人を許し(どうすれば許せるのか、私にはまだわからないけれど…)、

より人間的に扱える日がくると信じ続けるには、勇気と信念がいる。

非常に重い現実を突き付けられた気がした本でした。

(マジでちょっと暗くなりました。でも、あまり深刻にならず、軽く考えるのが秘訣なのもしれません)。

 

 

久しぶりに出会った高尚な本の感想でした。

(心に残ったところはまだあるのですが、それは次回にします。)

 

アンパンマンのマーチに思う ~何のためにやるのか~

昨日の夜、NHKスペシャルで、

「みんなの夢まもるため やなせたかし ~アンパンマン人生~」を観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、普段はほとんどテレビを観ない人なのですが、

お正月に久しぶりに会った年上の友人が、「孫がアンパンマンが好きで…」と話していたこともあって、

ふと新聞のテレビ欄を見て、目が留まり、「面白そうだな…。観てみよう。」と思ったのです。

 

 

その内容の素晴らしかったことといったら!(木曜に再放送があるようです)。

ここ最近で観たテレビの中でダントツ1位、常に涙が浮かんでくるくらい良い番組でした。

 

アンパンマンがこんなに奥の深いものだったなんて…。

知らなかった。恐れ入りました。

(私にも甥っ子はいるのですが、彼は、小さいころ、アンパンマンも好きだったものの、

電車とプラレールの方がより好きな人だったので、アンパンマンを深く追求したことはありませんでした。)

 

 

語られている内容は、どの部分もすべて良かったのですが、

刑事弁護をしていて感じる思いに重ね合わせ、特に2つのことが心に残りました。

 

1つ目は、やなせさんの作品は、何のために生きるのかを常に問うておられて、

絶望して生きるのが辛いときも、その先には希望がある。

絶望の横には、希望がそっと寄り添って座っているのだ…

というメッセージを伝えているのだという部分。

 

 

2つ目は、(どういう文脈だったかは忘れてしまったのですが、)

大切なことは、人々に不幸が生じないように予防し、

それでも、不幸が生じてしまった場合には、その不幸を少しでも軽減するように助け合う。

そういう助け合いの心が重要なのだと語られていた部分です。

 

 

刑事弁護をしていると、

何とかして執行猶予をとってあげたかったけれど、壁があつくて、取れなかった。

被告人を実刑で刑務所に送り出さなければならない…とか、

 

控訴審で、何とかしてこの判決を変えてあげたいと思って努力するけれど、

控訴審はびくともせず不動状態で、どうにもならない、

しかも、(控訴審の場合は特に)、そのことが前もってわかっている…というようなことが多々あります。

 

 

やなせさんの「何のために生きるのか」という問いかけのごとく、

「何のために弁護しているのか」と聞かれたら、何と答えればいいのでしょう?

 

 

私は、たとえ被告人が刑務所に行かねばならなかったり、裁判官や裁判員から重い量刑を言い渡されたとしても、

それまでずっと被告人と一緒に準備してきた過程や、交わしてきた会話などを思えば、

自分の弁護活動に意味がないなんて、全く思っていないのですが、

では、「どんな意味があるのか?」と正面きって聞かれると、ムム?と答えに詰まってしまいます。

 

 

頑張ったけど、結局は、執行猶予にはしてやれず、刑務所に送り出さねばならないとき、

重い量刑を避けられなかったとき、

これまで被告人との間でかけてきた時間や会話、彼/彼女との関わりはどんな意味があるのでしょうか。

 

 

その答えのようなものが、上に書いた2つのメッセージかもしれないという気がしました。

 

つまり、今はとても辛いけれど、この経験(受刑)を抜ければきっと良いこともある。

絶望の先には希望があるはずだから、何とかここを乗り超えて、

その先までたどりつけるように、励ましながら一緒に頑張る。

 

 

犯罪という不幸が生じてしまい、身体拘束と裁判という苦しい日々が続くけれど、

生じてしまった不幸は受け入れながら、その苦しみが少しでも軽減されるように、助けようとする。

 

 

もちろん、結果を出せればそれがベストだけれど、そのプロセスにも意味がある…と。

(そう思わないと、結果だけしか意味がないとなったら、どうすることも出来ない事案などは、
どう考えればいいのか、わからなくなってしまいますよね…)。

 

アンパンマンを見ながら、そんなことを考えた昨日でした。

 

 

PS:被災地支援のアンパンマンのポスターは、美しかった。

アンパンマンのマーチも買いたいです。

できれば、番組で歌っておられた一青窈さんのバージョンで買いたいんですが、あれはいずれ売り出されるのでしょうか。

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作