裁判員裁判の説諭 ~被告人にとって感銘を与える説諭とは~

先日、法曹三者の三庁意見交換会があり、今回は「判決」について意見交換がされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予め「判決」に関する複数の議題が用意してあるのですが、

その中で、最後の議題として、「説諭」の話が出ていて、おもしろかったので少しだけ書いてみたいと思います。

 

 

議題は、「説諭について」

(1)裁判官裁判と裁判員裁判で説諭に変化はあるか。

(2)被告人にとって感銘を与える説諭はどのようなものか。

というものでした。

 

(1)については、裁判官のお話では、裁判官裁判時代は、説諭の内容を議論するなどということはなく、

裁判官が1人で考えて、法廷で述べていた。

しかし、裁判員裁判では、説諭の内容も話し合っていることが、裁判官裁判とは大きく違うところで、

評議で出た裁判員の意見を取り込む形で説諭についても検討し、最終的には、裁判長が法廷で伝えているとのことでした。

 

なるほど…と思いつつ、まぁ、それはそれでいいとして、面白かったのは(2)の方です。

 

 

「被告人にとって、感銘を与える説諭はどのようなものか…」

うーむ、また、難しいことをお聞きになる。

 

当然、この質問に対しては、まず弁護士会に意見が求められました。

実は、弁護士会内でも、事前に議題がMLを通じて配布されており、

念のため、一応、発言担当者なるものが横に記載されていたりします。

 

とりあえず、意見交換会を主導されている先生が感覚的にわりふられたもので、

現実には、表のとおりに議論が進むようなことはなく、あまり関係ないのですが、

実は、この説諭の議題の(2)の発言担当者のところには、私の名前が書いてありました。

 

なんで私やねん?と思わなくもないのですが、

私が「更生保護」を主張していることをご存じで、配慮して下さったでしょう。

 

 

しかし、テーマがとても難しいのと、

この三庁意見交換会では、通常は、部総括裁判官や、弁護士会では大御所及び委員長クラスの先生方が発言されていて、

若手は三庁ともにあまり発言しないので、私もつい知らんぷりしてしまいました。

 

 

すると、弁護士会の刑事弁護の大家である、とある先生から、説諭不要説が…。

 

被告人にとっては、結果がすべてなのであって、

判決が思っていたときより軽いときは嬉しくて舞い上がっているし、

判決が思っていたより重いときはショックで落ち込んでいるしで、

説諭は、実は覚えていない人が大半だ、

特に、結果が重いときに、説諭など意味がないのであって(こういう言い方だったか、記憶が定かではありませんが…)、

説諭など不要だとおっしゃるのです。

 

 

居並ぶ裁判官を前に、「説諭は不要だ」と言い切ってしまうことには、躊躇を感じなくはないものの、

内心、なるほどー、確かに!と共感する内容でした。

 

また、若手の有力弁護士からは、説諭はしない方がいい事案もあるとの意見が出て、

「どのような事案が説諭しない方がいい事案か?」との裁判官からの問いに、「否認事件だ」と答えておられました。

 

これも、なるほどー、確かに!と深く納得しました。

 

 

思い返してみると、自分の裁判員裁判では、実は、弁護士である私自身が、説諭をほとんど覚えていないのです。

 

最初の覚せい剤密輸の認め事件では、ベテランのA先生と一緒にやらせていただいたのですが、

A先生は、説諭の内容が裁判員裁判的だった、

従来と違って、裁判員の意見が入っている感じがしてよかったという趣旨のことを判決後におっしゃっていたのですが、

私は、おそらく、被告人と深く同化してしまっている面があるからでしょう、

8年という量刑を前にして

(同種事案に比べればけっして重くはなく、むしろ軽い方なのですが、私には途方もなく長い期間に感じられました)

説諭になど、全く何も感じませんでした。

(今でも、何を言われたか、全然覚えていません)。

 

 

最近やった裁判員裁判のときもうでした。

 

判決で言い渡された期間の現実の長さを思い、

読みあげられる判決文の中で、量刑理由あたりで、「そこは違うだろう!」と腹が立ったりしていたため、

そのあとの説諭など、はっきり言って、あまり覚えていないのでした。

 

私が覚えていなくても、むしろ、被告人の方がちゃんと覚えているという可能性はあるのですが、

たぶん、どっこいどっこいではないでしょうか。

 

となると、説示不要説を述べられた先生のご意見は、非常に的を得て、正しいのではないかと思えてくるのでした。

 

 

若手の先生の、「否認事件のときは、説諭はしない方がいい」という意見にも、全くもって同感です。

これは、一審が裁判員裁判事件の控訴審を担当したときに、痛感しました。

 

 

控訴審を担当していると、自分が原審を担当している時と違い、少し引いた目で原審記録を見ることができます。

他方で、被告人とも接見しますから、被告人の話も直接聞くわけです。

そういうとき、原審では、被告人(この被告人はどういう人なのか)と事件(どうしてこの事件が起こったのか)が理解されていないことを痛感します。

 

 

こういうとき、どんな説諭がされたかは、記録には載っていないのでわかりませんが、

仮に、どんな説諭がなされていようとも、全く無駄だ、無益だと感じるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、「被告人にとって感銘を与える説諭とは?」という問いに対する私自身の意見は…と問われると、

私自身は、「被告人と事件を理解していることがにじむ説諭」だと答えます。

 

 

それ以外に、感銘を与える説諭などないと思うのです。

 

 

三庁意見交換会の中で、この説諭の議題の前に、

「被告人、弁護人にとって、説得力のある判決とは、どういうものか」

「逆に、事実認定が誤ってるとか、量刑が気に入らないとかは別にして、不満が残る判決とはどういうものか」

というテーマも書いてあったのですが、

私は、その答えも全て同じだと感じます。

 

 

被告人と事件に対する「理解がにじむ判決」「説諭」が、説得力のある判決、説得力のある説諭、

「理解が感じられない判決」や「説諭」が、不満が残る判決、不満が残る説諭…だと思うのです。

 

 

そこで、説諭した方がいいか、しない方がいいか…。

 

(判決は当然言い渡されるものだから仕方ないとして、)

説諭について、言った方がいいか、言わない方がいいか、

説諭で感銘力を与えられるかどうか…、なんて、

そんなことは、最初からこうするべき、ああするべき、

こう言えば感銘力を与えられる、与えられないとかいうものではなくて、

裁判というものが、わずかなる証拠しか見ないで「人を裁く」ものであるという現実を前にして、

それでもなお、この裁判を終えて、被告人に伝えたい言葉がある、

被告人が受け取ってくれるかどうかはわからないけれど、やはり伝えたい、伝えられれば…と願って、

あえて述べる言葉なのではないでしょうか。

 

 

 

被告人や弁護人が評議の中に入っていけないように、

被告人や弁護人にも、裁判官や裁判員が入ってこられない、絶対不可侵の領域があると思うのです。

 

 

被告人に強制できるのは、判決のみです。

説諭で被告人を変えてやろうなどという考えは、傲慢と驕り意外の何物でないのであって、

被告人と弁護人の絶対不可侵の領域に、土足で上がりこんでくるようなものではないでしょうか。

 

説諭は「伝えたいという思い」であり、「願い」でしかありません。

 

 

刑罰は苦痛であり、苦痛を与えることでは人は変えられないと思います。

説諭で感銘を与え、彼/彼女を変えたいと願うなら、理解を示すことしか出来ることはないと思うのです。

 

 

もちろん、最終的な判決は、対立する利益や法益を考慮しないといけませんから、

被告人の主張とおりにはならないでしょう。

しかし、それでもなお、被告人の個性、その思いや主張に思いをはせ、

事件がなぜ起こったのか、彼/彼女がどうして事件を起こしてしまったのかについて、理解を示すことはできます。

 

そのうえで、君の思いは踏まえたけれど、それでもなおこう考えたから、こういう結論にしました…と述べる、

それが被告人にとって、納得できるものであれば、

その説諭には感銘力があるということになるのではないかと思うのです。

 

 

 

更生保護は、確かに、裁判所の理解と協力によるところが大きいですし、

現実には、保釈をいただくにも、軽い量刑をいただくにも、裁判所の理解がなければなりません。

しかし、だからといって、裁判官に説諭でこう言ってほしい、ああ言ってほしいなどと思ったことは一度もないように思います。

 

 

弁護人のスピリットは、裁判官がどう言おうとも、被告人の思いを理解するところにあり、

いくら更生保護を目指していても、そこからしか始まらない気がするのでした。

それは、法曹三者のそれぞれの役割であり、永遠に交わらない部分のような気がします。

 

 

長くなってしまったので、今日はこのへんで…。

 

 

 

 

再度の執行猶予判決 ~知的障がい者の万引き累犯事案にて~

先日、ブログに掲載させていただいた知的障害の方の万引き累犯事案で、再度の執行猶予判決をいただくことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、障害に関する専門家である社会福祉士さんのご協力があったこと、

そして、作成いただいた「更生支援計画案」のおかげであり、

更生支援計画案の実行のために、社会福祉士さんの働きかけに応じて動いて下さった行政の福祉担当者の方々のおかげです。

 

本当にありがとうございました。

 

 

この事案で、私が一番言いたかったことは、弁論要旨の最後の部分でした。

これは、法廷で証言して下さった社会福祉士さんの言葉を引用する形でまとめたものです。

 

 

社会福祉士さんは、下記のような趣旨の証言をされました。

 

 

障害があるからといって、すべての方が刑罰を受けない方がいいとは思っていない。

刑を受けることで自らの問題に向き合って、その後は速やかに必要な支援を受けるという体制ができれば、その方がなじむ方もいるとは思っている。

しかし、そのためには、受刑の前に、成育歴や適切な医療を受けたかどうかがきっちりと精査されるべきである。

それをした上でもやはり再犯するということであれば、一定の刑罰を受けることはあり得ると考えている。

 

そして、弁護人はこう主張しました。

生来、障害を抱える者が必要とする支援を一度も与えないまま、ただその者の行為だけを責めて、刑罰だけを与えるのは正義と人道に反する。

被告人には今一度、必要な支援と医療を受け、更生にむけて努力する機会が与えられるべきである。

それをしてもなお、被告人が再犯するというのであれば、受刑となるのは致し方ない。

よって、被告人に対しては、保護観察に付した上で、再度、その刑の執行を猶予することを強く求める次第である。

 

 

この主張を理解していただけて、本当に良かったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、本件でのこの主張は、けっして言葉だけのものではありませんでした。

弁護人が資料を集め、必要な福祉的申立てをし、社会福祉さんが更生支援計画案をたて、

何度も面会の上、行政の方々とカンファレンスの機会を持って下さいました。

行政の方々も、その呼びかけに応えて、拘置所まで面会に来て下さったり、受け入れ先を探して調整して下さったり、

尽力していただきました。

 

この事案では、弁護士の私も含め、

更生支援計画案を作って下さった社会福祉士さん、

行政の福祉担当の方々、

保佐人に就任して下さった社会福祉士さん(更生支援計画案を作成された方とは別の方です)と、

複数の専門家が、それぞれの立場でその役割を果たし、連携し、協力し合った成果が表れたと思います。

 

 

 

検察官もスマートな方でしたし、裁判官も清々しい雰囲気が漂う方でした。

多くの人に恵まれた彼女には、このチャンスを生かして、

なんのサポートも受けられなかったとはこれまでとは違う、自分自身の新しい人生を生きていってほしいと思います。

 

 

判決文を朗読後、裁判官が、「わかりましたか?」と尋ねると、

はにかみながら、「ちょっと、わからなかった…」と、被告人。

「どこがわかりませんでしたか?」

「全体的に…」。(弁護人:思わず微笑。しょうがないですよね。だって、知的障害なんですもの)。

 

 

 

そんな彼女のために、裁判官は、わかりやすく判決文を言い直して下さいました。

判決文の朗読自体にかかった時間は5分弱程度でしたが、その説明にかかった時間はなんと15分。

 

 

裁判官は、とても丁寧に言い直して下さいました。

この説明でおかげで、7、8割くらいまでは理解できたのではないかと思っているのですが…。

それでも、まだ少し難しく感じている部分があるだろうとは思います。

 

 

 

そして、最後に、裁判官からの説諭。

 

これから、新しい環境の中で、不安やストレスがあるかもしれませんが、

一人で抱え込まないでください。

イライラしたり、お薬が欲しいと思っても、あわてて結論を出さずに、いろいろな人に相談して下さい。

あなたも努力するとこの法廷で言ってくれたので、

あなたの言葉を信じて、今回は執行猶予にすることにしました。

 

という感じだったと思います。

この説諭の言葉は、きちんと被告人にも伝わって、理解できていると思います。

 

 

 

弁護人にできるのは、チャンスを与えるところまで。

このチャンスを生かすも殺すも、被告人次第です。

 

これからは、何もかも初めてで、ときには辛く、不安なときもあるでしょう。

でも、そんなときには、彼女が法廷で最後の意見で述べてくれたように、

チャンスを与えてくれた人達の顔を1人1人思い出して、

1日、1日を丁寧に生きて、本来の自分を存分に発揮する人生を歩んでほしいと思います。

 

 

チーム〇〇大集合(薬物犯対応)  ~中元先生の取材に同行する~

昨日、大阪地裁で精神科医中元総一郎先生と木津川ダルク所長の加藤武士さんが法廷で証言される機会があり、

取材をお受けになるというので、同席させていただきました。

 

名付けて、「チーム〇〇大集合」(薬物犯対応チーム)!

チーム名は、何にしましょうか。

 

左から、

NPO法人アパリの尾田真言さん、

弁護士の私、

木津川ダルク所長の加藤武士さん、

共同通信の新聞記者の田尻さん、

汐の宮温泉病院の精神科医中元総一郎先生。

 

 

同席したものの、おいしいウインナコーヒーをいただいただけで終わってしまったのですが、

メンバーが一同に会する機会はなかなかないので、いろいろお話できて楽しかったです。

 

 

まずは、アパリの尾田さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木津川ダルクの加藤さん

 

 

 

 

 

 

 

弁護士の私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツーショット(笑顔がいいね!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取材を受ける汐の宮温泉病院の中元総一郎先生と

共同通信の記者さん

 

 

 

 

 

 

あまり時間はなかったのですが、楽しいひと時でした。

志を同じくするこのチームで、来年も頑張ります!

 

 

社会福祉士による更生支援計画案 ~知的障がい者の万引き累犯に向き合う~

先日、約10か月をかけて審理してきた知的障がい者の執行猶予中の再犯(万引き窃盗)の事件の論告・弁論がありました。

 

 

 

 

彼女は、一見、人の話をちゃんと聞けて、端的な答えができます。

ときには、まるで打ち返されるピンポン玉のように「即答!」という感じがすることさえあるため、

その障害が軽く見られがちでした。

 

 

私も、最初に接見した日には、「ぁぁ、これは無理やわ。実刑は避けられない」、「どうしたものか…」と思いながら、

警察署からの帰り道をトボトボ歩いていた記憶があります。

 

 

しかし、裁判を通じて、彼女が通っていた病院まで行ってカルテを集めたり、

(保佐の申立ての時も合わせると、遠方まで、3往復しました。

郵送でさせてほしいとお願いしましたが、申請も、受け取りも、郵送はダメだ、直接来てほしいと言われるのです。

雨の中、数少ないバスを待ち続けたこともありました。

しんどかった…)、

療育手帳の判定機関から資料をいただいたり、

すぐそばで彼女を見てきた親族の話を深く突っ込んで聞いたりするとともに、

 

 

大阪弁護士会の障がい者刑事弁護MLを通じて、社会福祉士さんを紹介してもらい、

ときには一緒に、何度も面会してもらって、専門的なアドバイスをいただくうちに、

「これは違うぞ。即答するだけで、実は、全然わかってないじゃないか」ということがわかってきました。

 

 

そして、社会福祉士さんのアドバイスを受け、

未申請だった障害程度区分の申請をして、

社会福祉士さんに更生支援計画案を作っていただいて、

行政の方々と面談の上、入所施設も決めてきていただきました。

 

また、私が代理人として、保佐開始の申立てをして、

支援の核となる保佐人が選任されて、(とても素敵な方が選任されました)、

福祉の専門家らによる支援体制が構築されました。

 

 

知的障害がありながら、今まで何の支援も受けることができなかった彼女にとっては、初めてのチャンスです。

 

論告・弁論後、

(ちなみに、検察官の論告も、万引きの犯罪性を指摘しつつも、社会内処遇にも理解を示す内容でした)

被告人が最後の言葉を述べる場面…。

 

 

彼女は、弁護人であった私の名前をはじめ、更生支援計画案を作ってくれた社会福祉士さん、

行政の福祉課の障害福祉担当の職員さん、生活支援センターの職員さん、

保佐人さんの名前をすべて1つ1つあげて、

「執行猶予中だったのに、またやってしまって、被害者の方をはじめ、皆さんに迷惑をかけて申し訳ありませんでした。

もう二度としません。

普通の生活を送れるように頑張ります」と、

ハンカチを握りしめ、目に涙を浮かべて、言葉に詰まりながら、語ってくれました。

 

 

短い文章で、質問に対して即答はするものの、

その会話に広がりがなく、平板になりがちな彼女が見せた涙と言葉は、本物でした。

 

 

判決の日を楽しみにしています。

彼女にとっては、初めての体験で不安でしょうが、今までの家族だけの世界から離れ、

新しい「他者」との世界を歩いて行ってほしいと思います。

 

 

私は、情状弁護はそのプロセスにこそ価値があると思っています。

それを実感するとともに、

刑事裁判に、医療、福祉などの「専門家」に関与していただくことの重要性、

福祉の方々の善意と底力を感じた瞬間でした。

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作