被告人のメールから ~裁判を受けた感想~

先日、被告人の方から、裁判の感想を書いたメールをいただきました。

このメールに、私は返す言葉がありませんでした。

ご紹介してもいいと承諾をいただいたので、掲載します。

【メールから】

それにしても、裁判というものがこんなにいい加減なものだとは思いもしませんでした。

 裁判で明らかになるのは、真実ではなく、客観的事実だなんてあきれ果てました。

「客観的事実」と言えば、万人が認める用な言い方ですが、実のところは裁判官の主観でしかないのですから。

 被害者の言うことは全て事実で、被害者側の証人が分からない、覚えていないということに対しては、覚えていなくても不思議ではないと言う、

そして加害者の言うことは信用できないと切り捨てるのですからなおさらです。

信用する、しないは、個人の価値観なのですから、そんなもので判断されるなんて

ばかげているとしか言いようがありません。

 書き出すときりが無いのですが、しょせん裁判なんて、「法曹界の言葉遊びでしかない」というのが実感です。

私は、このメールを読みながら、「それでも僕はやっていない」という映画の最後のシーンを思い出していました。

確か、映画の最後のシーンでは、最高裁の建物をバックに有罪判決が朗読されていたような記憶なのですが、

当時、映画を観ながら「よく出来てるわ。特にこの判決、まるで本物の判決みたい。」と、とても感心したのを覚えています。

日本の刑事裁判は、有罪率99.9%と言われていますが、最初から有罪方向でものを見ているというか、判決も有罪方向で証拠を後付け的に評価している感じが否めません。

実際、有罪方向で判決を書こうと思って書けば、それにそう形で証拠を評価して、いくらでも書けてしまうのです。

被告人にされた途端、もう普通の人ではなく、悪者なわけです。

量刑判断もしかりで、重くする理由の部分に、固めの犯情を理由づけにもってこられてしまうと、

(例:犯行態様だけとると、確かにひどいかな…と思う事案で、「犯行態様は極めて悪質で」という具合に…)、

それを崩すのは、現実には、非常に難しくなります。

でも、事件全体を見ると、これは正当な量刑評価ではないのではないか、事件や被告人の人物像をきちんと理解していないのではないかと思うときは結構あるのです。

無罪や軽い量刑評価を出すことに対して、もう少し自由な空気があればいいのに…と、いつも思います。

ここまで凝り固まってしまうと、無罪や軽い量刑が出ると、検察官の出世がとんでしまうとか、

判決が上訴審で破棄されると、裁判官の評価に影響するとかいうことにもなってしまうわけで、

こういう事実上の影響ほど、恐ろしいものはありません。

上記のことは、どんな罪名の刑事裁判でも当てはまると思いますが、

特に、一審が裁判員裁判だったりすると、控訴審以降でこれを修正していくのは絶望的な状況です。

あらためて、刑事裁判の事実認定と一審の重みを感じさせられた被告人の方からのメールでした。

反省は大切。しかし、反省のさせすぎは害悪である。

先日、少年審判がありました。

試験観察になりましたが、経過はとても良好で、保護観察処分になったケースです。

 

裁判官から、付添人から何か聞くことは?と言われ、私はこういう趣旨の話をしました。

悪いことはしたけれど、もう十分反省して、けじめはつけた。

これからはプラスの想像をして、プラスの方向に向かっていこう。

(進学を目指している子だったので)、ちゃんと進学して学校生活を送っている1年後の自分、3年後の自分を想像しよう。

そうなるために、今できる努力はしてして、生活をきちんと整えよう。

勉強はコツをつかめば出来るようになる。

君はできるのだから、頑張っていこう。

…という感じです。

 

ポイントは、マイナスの教訓ではなく、プラスのイメージを描いて見せること。

自分だけではなかなか描けないプラスイメージも、他人が的確に描いてみせてくれれば、容易に信じられるようになると思います。

そのプラスイメージを固定化して持てるかどうかが、立ち直りの成否を分ける。

その点、反省のさせすぎはマイナスイメージを固定化するので、更生にはかえって良くない。

自分の行為や思いを振り返る反省は、1度は真摯にさせねばならないが、その後はいつまでもしつこく言うな!

きっちり反省させたら、その後はプラスイメージに転ぜよというのが私の信条であり、本当にこれが正しいと信じています。

 

しかし、そのあとに続いた調査官からの言葉は、違った雰囲気のものでした。

犯罪をしてしまった時の自分がいる。

もちろん、今の君が本当に君だと思うけど、犯罪をしてしまったときの自分も忘れないように…とおっしゃるのです。

私はそれを聞きながら、審判ではこっちの方がもっともらしく聞こえるな、

こう言わないといけないのかな…、こちらの方が正しいのだろうか…と考えていました。

裁判官の口調も同じような感じでした。

 

そして、審判の最後になって、裁判官が学校の先生方に意見を述べる機会を与えたとき、私は2人の先生方の言葉に少し驚きました。

先生方は2人とも、私の言葉の方に反応して、同じ趣旨のことを言って下さったのです。

 

「さっき弁護士の先生が言われたように、これからはプラスの方向へ向けて頑張ってほしい。

犯罪をしたのは事実だが、その分、辛い思いも味わったのだから、これからはプラスの将来に向けて前向きに努力してほしい。

自分たちも支援していく。」という趣旨の発言でした。

 

それを聞きながら、やはり教育者というものはこう考えるのだな、

私がおかしいわけではなく、従来の法曹関係者の考え方が必ずしも正しいわけではないのだ、

私の考え方の方が普通なんだな、だから、やっぱりこれでいいのだ…、そう思いました。

 

的確に反省させたら、あとはプラスイメージへと転じていく。

その際には、その少年なり、被告人なりの性格や個性、さらにはその人が抱える人生課題のようなものを感じ取って、

本人が「そうか、自分はそうなんだ!」と思えてしまうような的確なプラスイメージを描いてみせる。

そして、それを本人の心の中に植え付ける。

そうすれば、あとは本人が本人の人生を勝手に生きていく。

私はそう思うのです。

 

弁護人や付添人というのは、事件から裁判まで間、苦しんでいる本人の横を一緒に歩いている人物というのが私のイメージです。

あとは1人で歩いていけるようにしてあげて、事件の終了のときにすっと離れていく…。

(家族がいないと離れていかないケースもときたまあるわけですが…)。

それを何人も何人も、ひたすら繰り返していくわけです。

私はそれが理想だと思っています。

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作