窃盗・薬物・性犯罪事件以外の治療的な弁護

クレプトマニア(窃盗症)による万引き窃盗、覚せい剤や大麻などの薬物事件、盗撮や痴漢といった比較的軽微な性犯罪などは、依存症系の犯罪で、典型的な治療的司法の対象ですが、
治療的な弁護活動の対象は、このような典型的な依存症系の犯罪だけには限りません。

どのような罪名であっても、治療的な弁護活動の対象になります。

例えば、

・殺人罪で起訴 → 嘱託殺人罪となった事案は、「虐待」の影響があった事案で、
心理系の大学教授による情状鑑定が行われました。

・親子間暴力による傷害事件 → 暴力問題や男性問題を取り扱う心理士によるカウンセリング

・強制わいせつ治療や強制性交等罪などの重大な性犯罪における心理分析や個別カウンセリング

・知的障害や発達障害の少年による無免許運転事案 → 医療や福祉との連携

 

グループミーティングや集団的な治療は不可能なため、個別性はより強まりますが、

事案と被告人の特性に応じて、個別に対応していく治療的弁護活動のやり方は、基本的に同じです。