担当者のご紹介

◆弁護士 西谷裕子

弁護士 西谷裕子私には、もともと人より感度の高いところがあるらしく、その才能?を生かして、更生のための刑事弁護や情状弁護に積極的に関わってきました。
感度が高いというのは、例えば、被告人と接見したり、ご家族とお話したりする際に、その方の思いや事件に至った背景などを、他の弁護士達よりも敏感に感じ取って理解できるということです。これはどうやら生来の持ち味のようです。

更生のための刑事弁護や情状弁護のみならず、刑事施設問題にも日弁連の人権擁護委員会等を通じて、積極的に関わってきました。 現在の弁護士の世界では、判決前の刑事弁護の分野に携わる弁護士と、判決後の社会復帰の分野に携わる弁護士で、弁護士の顔ぶれが全く変わってしまいます。

被告人とされた人にとっては、一連の流れであるにもかかわらず…です。
どんな人であっても、人として生まれた以上、「幸せに生きたい」と願う気持ちに変わりはありません。しかし、私達は、あまりにも周囲の人の苦しみを見て見ぬふりをしていないでしょうか。

被告人のみならず、その家族が、社会全体が、幸せに生きていくためには、今までとは違った刑事司法や刑事政策が行われるべきです。
そして、それを真に実現していくためには、今、目の前にいる「この人」のために最善を尽くし、その苦しみを見過ごさないという心構えが必要です。

「ゆりかごから墓場まで」ならぬ、「逮捕から社会復帰まで」の一貫した支援と、刑事司法のあり方を求めて、これからも努力していきたいと思います。

 

出身 大阪大学法学部
所属 日本弁護士連合会 人権擁護委員会 刑事被拘禁者の人権部会 委員
大阪弁護士会 人権擁護委員会 刑事被拘禁者の人権部会 委員
大阪弁護士会 刑事弁護委員会 捜査弁護部会 委員
大阪弁護士会 刑事弁護委員会 量刑データベース部会 委員
大阪弁護士会 刑事施設視察委員会バックアッププロジェクトチーム 委員
近畿弁護士連合会人権擁護委員会 更生保護・ホームレス問題部会 委員

 

◆NPO法人アパリ 事務局長 尾田真言

NPO法人アパリ 事務局長 尾田真言NPO法人アパリでは、2000年から、刑事司法手続の各段階にいる薬物依存症者の人たちに具体的な回復の道筋をコーディネートすることを主要な業務の一つとして、これまで約300人の支援をしてきました。一人一人のクライアントに最もふさわしいプログラムをコーディネートしていきます。
具体的には、実際に警察の留置場や拘置所に行って本人と面会した上で、病院やダルクの予約、保釈時の身元引受書、裁判所宛上申書の提出、裁判では薬物依存症からの具体的な回復の道筋が設定されていることを立証するための報告書の提出、情状証人出廷などです。

実刑の場合には、受刑者に対する2か月に1往復の通信リハビリプログラム、帰住予定地及び引受人のあっせん、出所の出迎えを行います。
薬物依存症者には病識がなく、本当は治療プログラムが必要なのに、自分の考えではそのようなものは不要と考えがちです。また、否認といって、本当の自分自身の姿から目をそらすという特徴があります。このような薬物依存症者に対しては、治療プログラムの最初の段階では義務付けがあることが役立つと私は考えています。

この点、保釈や仮釈放が認められた場合には、寝泊りする場所が事前にそれぞれ制限住居、帰住地として決められるのでこの住所を病院やダルクに設定してもらえるようにすることで、事実上の治療の義務付けが可能となります。
皆さまの薬物依存からの回復のお手伝いをさせていただけることを願っております。

 

職業 特定非営利活動法人アジア太平洋地域アディクション研究所事務局長
(略称 NPO法人アパリ)http://www.apari.jp/npo
出身 中央大学法学部 中央大学大学院法学研究科博士後期課程退学
所属 日本犯罪社会学会
日本刑法学会
日本被害者学会
NADCP(National Association of Drug Court Professionals=全米ドラッグ・コート専門家協会)
非常勤職 国士舘大学法学部講師(刑事政策担当)
龍谷大学矯正保護総合センター嘱託研究員

 

 

 

お問い合わせボタン

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 弁護士西谷裕子WEBSITE All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)専門ホームページ制作 nishitani.yuko-lawyer.com