精神科医・心理士と連携した弁護活動

1 性犯罪事件のタイプ別での対処法

性犯罪事件に対処する場合、大きく分けて、以下の3つのタイプに分けられます。

 

ご覧いただければわかるように、治療的弁護活動のキーワードは、「被告人ごとにその個性を見極めること」です。

定型的な処理が出来るのは、①の類型だけです。

 

認め事件だからといって、被害弁償と反省だけで、型にはまった簡単な弁護が出来るなどということはありません。

(私は、むしろ、否認事件の方が一定の型があるのではないかと考えています)。

 

① 軽微な態様で、法定刑も軽い犯罪

電車内での痴漢などが典型ですが、嗜癖化しているわけでなく、いわゆる「魔が差した」というタイプのもの

飲酒で気が大きくなっていた、となりにきれいな女性が立って、身体がふれたのでつい触ってしまった等

 

② 軽微な態様で、法定刑も軽い犯罪だが、嗜癖化しているもの

繰り返し行われる盗撮や痴漢(着衣の上から身体を触るもの)などの迷惑防止条例違反や公然わいせつ罪など

このタイプには、背後に、発達障害が隠れている場合も多くあり、注意が必要です。

 

③ 犯行態様が重く、法定刑も重い犯罪

強制わいせつ、強制わいせつ致傷、強姦、強姦致傷など

 

2 軽微な性犯罪で、嗜癖化していないもの

 軽微な犯罪で、単発的なものについては、弁護活動としては、誠意をもって被害弁償をして示談することと、深く反省することに尽きます。

もちろん、飲酒が引き金になっているような場合は、深酒を慎むなど生活態度を改める必要はありますが、

単発型のこのタイプは、嗜癖化しているわけではないので、被害弁償することで自分の行為に責任を取らせ、反省させることで十分再犯は防止できます。

示談が成立すれば、不起訴処分も十分可能ですし、それが被疑者の再出発のためにもなるでしょう。

 

 

3 軽微な性犯罪であるが、嗜癖化しているもの 

 軽微な犯罪であっても、嗜癖化しているものついては治療的対処を含んだ弁護活動が必要不可欠です。

典型的には、繰り返してしまう盗撮行為や痴漢行為などがありますが、嗜癖化している場合は、なぜそのような行為を繰り返してしまうのか、その原因を分析し、本人に自覚させ、有効な対処法を打っていく必要があります。

もちろん、被害弁償をして反省することは必要ですが、それだけでは、そのときの処分は軽くなっても、環境が変わったわけではありませんから、また同じような状況に陥れば、同じ行為に出てしまう可能性があります。

繰り返せば、どんな軽微犯罪でも、不起訴処分から罰金へ、罰金の回数を重ねれば正式起訴へとうつっていき、社会生活が送れなくなってしまいます。

特に、性犯罪は、法定刑は軽微なものであったとしても、周囲に知られた場合の社会的ダメージが大きいため、早い段階で治療的な対処をしていく必要があります。

 

当所では、性障害専門医療センター(SOMEC)おつなぎして、専門の臨床心理士のアセスメントや、精神科医福井裕樹医師の診察を受けていただき、治療につなげています。

ご本人には、認知行動療法による、月1回のグループミーティングに参加していただき、(必要なら、個別カウンセリングをSOMECに依頼することもあります)、

ご家族には、家族セミナーをお勧めしております。

 

その分析結果をSOMECから「治療経過報告書」(心理士のケース)、「意見書」(医師のケース)でいただき、弁護人が心理士や医師にご意見をうかがいつつ、本人と情報を共有して、生活や行動を変えていけるように努力します。

そして、その経過を検察官に伝えて、治療を継続しつつ、刑事処分の軽減を求めていきます。

このようなプロセスを経ることで、二度と性犯罪行為に出ないで、社会人として生きていけるようにサポートしていきます。

 

なお、このタイプには、背後に「発達障害」が隠れている場合があり、注意が必要です。

発達障害というと、いかにも「障害」のような印象を受けますが、実際は、「定型的な発達ではない」というだけで、その人の個性です。

発達障害を持つ人は、うまくその才能を活かすことが出来れば天才になりうる「才能の塊」であり、「天才の卵」です。

しかし、個性的で少数派のため、社会性や対人関係面でトラブルを生じやすく、生きにくいという苦しみを持っています

その苦痛の解消が、人生のどこかの時点で、性的行為と結びついてしまうと、性犯罪行為が繰り返されてしまう可能性があるのです。

このようなケースの対処には、専門家の分析とサポートが必要不可欠です。

 

 

4 犯行態様が重く、法定刑が重い性犯罪 

 犯行態様が重く、法定刑が重い犯罪についてはその原因は多種多様です。個人ごとの対処が必要です。

 罪名でいえば、例えば、強制わいせつ、強制わいせつ致傷、強姦、強姦致傷などです。

 

もちろん、単に、性欲が原因とか、女性蔑視の価値観が原因というケースは多々あります。

 

しかし、それだけでは片づけられない原因が背後に潜んでいる場合も多々あります。

例えば、

・成育歴 (極度の貧困、ネグレクトや過剰な支配による「愛着」の問題、DV・家庭内暴力などの家庭環境)

・児童虐待や性的虐待 (子どもの頃、暴力や性的虐待を受けた。性犯罪被害に遭った。親族に性行為を見せられて育った等)

・交通事故や頭部を強打する事故などの影響 (頭部を強打し、脳の衝動制御に支障をきたした可能性等)

・ホルモンバランスの異常

 

少し珍しいものとしては、 

・発達障害があり、本人に性的な問題はないが、発達障害の特性から、性嗜好が偏った共犯を頼って、性犯罪に巻き込まれているケース

などもありました。

 

このような背景は、実は、犯行動機や犯行に至る経緯(情状のうち、「犯情」といわれ、量刑を決める重要な要素)と大きくかかわっていますが、現在の日本の刑事裁判は、このような背景に無理解な傾向があります。

しかし、ただ「性欲のせいだ」、「お前は最低の人間だ」、「異常だ」と決めつけられて、あきらめるのは、上記のような背景をもつ被告人には、とても納得できず、悔しいことです。

 

特に、子どもの頃、 虐待を受けてきたケースなどでは、被告人はかっては「被害者」だったのです。

しかし、現在の日本の刑事裁判では、「虐待を受けた人が全員、性犯罪を犯すわけではないでしょう」などと馬鹿げたことを言って、加害者となってしまった者が、過去に被害を受けたことによる影響など全く認めようとしません。

(ヨーロッパなどでは、こんなことはありえない、日本は遅れていると、SOMECの心理士が嘆いていました)。

これはあまりに不当ではないでしょうか。

 

もちろん、性犯罪に出たことは罪です。

しかし、その背景に、医学的・心理学的にみれば、当然のメカニズムが働いているのに、それを一切考慮せず、ただ「性欲」だけで片付けて、重い量刑を科すのは著しく正義に反するというべきです。

 

医師と心理士の助力を得ながら、性犯罪の背景を解明し、主張・立証していく必要があります。

医師がよいか、心理士がよいかは、事案によりますので、ご相談下さい。

 

理屈の上では、医師が診察して、精神的・身体的疾患がでなければ、心理士による心理分析となるのでしょうが、それでは時間と費用がかかります。

実際に事件を担当していると、精神疾患まで出るのはまれで、心理士による成育歴や心理分析の方が事案を解明できるケースは多々あります

心理士であれば、比較的安価で対応していただける面もありますので、まずは、ご相談していただければと思います

 

具体的な事件の流れや治療の詳細は、「性犯罪事件での医師・SOMECとの連携」のページをご覧ください。

SOMECのHPにも記載があります。

 

5 罪名が性犯罪ではなくても、治療の対象になる場合

罪名が性犯罪でなくても、性的要素が本質である犯罪やストーカー的要素を含む犯罪は、SOMECによる治療の対象になります。

下着の窃盗などが典型でしょうか。他には、以下のような例があります。
是非ご相談下さい。

例:別れ話のもつれから、相手に何度も連絡したり、相手の家に押しかけたりしているうちに「脅迫罪」や「住居侵入罪」の罪名で逮捕されてしまった。

例:別れ話の中で、話し合いに行ったものの、相手の一言にかっとなり、殴りつけたら「暴行罪」「傷害罪」で逮捕された。

例: 上と同じ事例で、自殺するふりをして見せようと思って持っていった包丁で、相手を刺してしまい、「殺人未遂罪」で逮捕された。

 

6 ストーカー事件

 ストーカー事件は、被告人ごとに個性が強く、SOMECと相談しながら対応することになります。

 

犯行直後、逮捕される頃の被告人は、例えていうなら、「煩悩の炎」で焼き尽くされているような状態ですから、対処にはそれ相応の時間がかかります。

身体拘束されている方がよい場合すらあります。

 

しかし、執行猶予中の再犯の段階で、当職とSOMECにつながり、受刑は避けられなかったものの、

裁判中から、拘置所で医師の診察・心理士のカウンセリングを受け続け、立派に更生を果たした事例もあります。

ストーカー規制法や脅迫罪の段階で踏みとどまれば、(つまり、傷害や殺人に進んでしまわなければ…)、やむなく受刑することになっても、短期間ですから、裁判中から出所時の社会復帰に備え、治療を開始しておくことは非常に有効だと思います。

 

千葉県にある下総精神医療センターでの「条件反射制御法」のよる入院治療も可能です。

 

お問い合わせボタン

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 弁護士西谷裕子WEBSITE All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)専門ホームページ制作 nishitani.yuko-lawyer.com