窃盗の原因に応じた医師・心理士との連携による弁護活動 

1 窃盗事件の多様性

窃盗事件ほど、件数が多く、多様なパターンがある犯罪類型はないでしょう。

一番軽い犯行態様で、件数も多い「万引き」についても、その原因をとえば、実にさまざまなケースに出会います。

 

窃盗事件でも、治療的弁護活動のキーワードは、「被告人ごとの個性に寄り添い、その原因を見極めること」。

その原因を突き止めて、個別に対応していく必要があります。

 

特に、万引きでは、超高齢化社会の到来にともない、認知症(前頭側頭型認知症)が原因のケースが出てきています。

認知症の症状として、万引きしてしまう人を、刑務所に送り込むのは人権侵害です。

従前からのSOMECの精神科医福井裕樹医師との連携のほか、地元の精神科医との連携体制の構築を目指しています

 現在、地元の精神科医もご紹介できますので、高齢者やある年齢から突然始まった万引き事案でお困りのケースは是非ご相談下さい

 

2 単なる利欲犯としての窃盗

楽をして得をしたい、という単なる利欲犯としての窃盗は、謝罪と被害弁償、示談、反省が基本となります。

このタイプには、刑罰の威嚇は、極めて有効です。

ついやってしまったが、捕まったことを契機にやめられる方は、このタイプでしょう。

 

昨今では、大型スーパーなどは示談に応じない傾向がありますが、被疑者段階であれば、被害弁償して示談をし、不起訴処分に終わるケースもありますし、起訴された事案でも、被害弁償をすることで、執行猶予判決を得られます。

 

なお、貧困に追い詰められたことが原因で盗んでいるようなケースでは、福祉につなぐことが必要となります。

 

3 クレプトマニア(病的窃盗)

クレプトマニア(窃盗癖)というのは、常習的な万引き・窃盗行為を主な症状とする精神障害です。

例えば、お金は十分持っているのに、スーパーで、お菓子やパン、惣菜やお弁当などの万引きをくり返してしまう。お店の人に捕まると、その場では「もう2度としません」と泣いて謝り、許してもらうのだけれど、数日後にはまたやってしまう…。このようなケースが典型です。

盗む物は人によって異なり、食料品であったり、薬局の日用品であったり、本や洋服であったりと様々です。
高級品のときもあります。

 

万引きをくり返すうちに、だんだん許してもらえなくなり、警察に突き出されるようになるのですが、最初のうちは身元引受人に迎えに来てもらい、釈放してもらえます。

しかし、そのうち罰金刑になり、罰金額も、例えば、20万、50万というようにあがっていきます。

罰金処分は2回くらいまでで、3回目あたりで、公判請求(正式起訴)されるのが通常です。

 

そして、初回の裁判では、当然のごとく執行猶予になりますが、執行猶予中にもまた万引きをしてしまい、再び裁判となります。

そして、2回目の裁判では、再度の執行猶予が認められない限り、実刑になってしまうわけです。

刑務所に行って受刑しても、それで止められるわけではなく、出所するとまた万引きをくり返してしまいます。

治療的な介入をしない限り、この連鎖が永遠に続きかねません。

 

 

なぜこうまで些細な万引きを繰り返すのかといえば、それはこの人がクレプトマニア(病的窃盗症)という精神疾患を抱えているからです。

摂食障害との合併率が一番高いのですが、その他の精神疾患を併発していることもあります

 

かっては、クレプトマニアの万引きの特徴は、「割に合わないこと」だと思っていましたが、

最近では、万引き行為への独自の意味づけや本人なりのルールに固執して、社会的な意味(犯罪)を無視してしまうところではないかと思うようになりました。

本人が意識しているとは限らないのですが、本人なりに、万引き行為に独自の意味づけがなされていて、刑罰の制裁を科せられてもなお、自分の行為を変更できないわけです。

このようなケースの場合、いくら受刑させたところで、治療をしない限り、窃盗癖が治ることはありません。

 

クレプトマニアについては、保釈を得て、

① 専門病院である赤城高原ホスピタル(群馬県所在)への入院治療へとおつなぎする弁護活動を行っています。
赤城では、グループミーティングに参加して、正直に話すことを学んで、自己の内面や生い立ちを探ったり、アディクションについてや、関連する問題(例えば、アダルト・チルドレンなど)について学んだりします。

裁判では、治療の成果があがっていることを主張・立証して、刑罰より治療で社会復帰することを主張していくことになります。

② 「条件反射制御法」による治療を受けることも可能です。

(条件反射制御法は、薬物依存症のみならず、アルコール依存症、ギャンブル依存症など、依存症全般に対する治療法です。クレプトマニアや強迫性障害なども治療対象になります)。

 

3 認知症(前頭側頭型認知症)による窃盗

万引きを繰り返す場合、クレプトマニア以外の原因として、前頭側頭型認知症の可能性があります。

前頭側頭型認知症については、アルツハイマー型認知症に比べて、発症時期が早く、早ければ40代後半くらいで発症するため、まだ、50代、60代くらいのまだお若い方であっても、認知症である可能性があるのです。

 

前頭側頭型認知症の場合、アルツハイマー型のような物忘れや、場所や時間がわからなくなるなどといった見当識障害の症状はあまりなく、むしろ、性格の変容や社会的に不適切な行動をとることが症状として現れます。

性格の変容というのは、従前に比べて、怒りっぽくなったり、怒った際に、物を壊したりするようになったりすることです。

場をわきまえた社会的な行動をとることができなくなり、軽微な違法行為(交通違反や万引き、軽微な性犯罪、衝動的な暴行や傷害など)を繰り返すことがあります。

万引きは、まさに、この認知症の初期から中期にかけての症状なのです。

 

前頭側頭型認知症の人は、万引きが一般的に違法行為であることは理解できるため、捕まると言い訳はできますが、自分がどうして万引きしてしまったのかは説明できません。

どこか反省していないように見えるため、警察や検察から、「反省しているのか!」と罵倒されるように怒られて、泣いているいることも多々あります。

この類型では、弁護人か家族のどちらかが、前頭側頭型認知症の可能性に気づいて、主張・立証を試みない限り、病気に気づかれないまま、刑務所に送り込まれてしまいます。

前頭側頭型認知症の人が盗むものは、1000円以下の食べ物やお菓子など、実に「しょうもない物」だったりするのですが、日本は108円のおにぎり1個、チョコレート1枚を盗んだだけでも、(繰り返していれば)刑務所に送り込むような恐ろしい国ですから、(刑務所を見学に来た外国人はびっくりするようです)、裁判官は平気で刑務所に送ってしまうのです。

 

現在、そのように気づかれないまま、スルーしてしまった認知症患者の方々が、多数刑務所にいるものと思われます。

超高齢化社会の中、これは絶対に防がねばならない事態です。

 

前頭側頭型認知症のときの弁護活動としては、

① 在宅であればよいが、身体拘束されている場合は、保釈を得て、身体拘束から解放する、その上で、

② 認知症を判別できる能力があり、刑事裁判のために「意見書」を作成してくれて、「出廷」してくださる医師に診察を依頼する必要があります。

③裁判では、DSM-5の診断基準を前提に、その該当性を争っていくことになります。

 

私は、神戸地裁で再度の執行猶予判決をいただいたことがあるのですが、今後は、責任能力が争われる事案も出てくるでしょう。

 

当所では、従前から、連携してきた福井裕樹医師の他にも、

大阪の地元で、刑事事件にかかった事件について、認知症診断をして出廷して下さる医師と連携体制を構築できることになりました。

高齢に方々やご家族にとって、遠方まで診察を受けにいかねばならないことは大きな負担でしたが、今後は地元で医師の診察を受けていただけます。

高齢者の万引きでお困りのケースや、前科もないのにある年齢から突然万引きするようになったケース、これは何かおかしいと原因が疑われるケースなどがありましたら、是非ご相談下さい。

 

4 発達障害のある方の窃盗 

発達障害のある方が、

・生活の中での不全感や不安感から、万引きが嗜癖化しかかったケースや、

・窃盗の原因がわからなかったところ、実は、発達障害があり、そのことに気づかれないまま、幼少期の生育環境の中でパターン化した行動が窃盗の原因となっていたことが判明したケース

などがあります。

SOMECや福祉機関と相談しながらの対応となりますが、ご相談には対応させていただきます。

 

 

お問い合わせボタン

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 弁護士西谷裕子WEBSITE All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)専門ホームページ制作 nishitani.yuko-lawyer.com