刑の一部執行猶予を見据えて ~シンポジウムに行ってきました~

先日の11月17日の日曜日は、一部執行猶予制度の開始を見据えて、

大阪府の依存症治療拠点機関設置事業の一環として開かれたシンポジウムにシンポジストとして参加してきました。

 

シンポジウムのタイトルは、

「償うだけやない、治すだけやない、自分らしく生きるんや」

~ 刑の一部執行猶予を見据えて ~ です。

 

 

私は、薬物犯として逮捕された依存症の方を治療と社会復帰へつなぐ弁護活動について、

「保釈をとって、治療につなぐ。刑事弁護における回復と社会復帰へつなぐ試み」という演題で、

20分ほどお話をさせていただきました。(ちょっとだけオーバーしてしまいました。スミマセン)。

 

 

 

新制度の法律的な問題点を議論するというよりは、

今現在、依存症治療について、現場の第一線でかかわっている関係者たちが集まって、

それぞれの立場からの活動を発表したシンポジウムでした。

 

タイトルからわかるように、このシンポジウムには、

薬物依存症の真の克服のためには、刑罰だけ科してもダメ、また、治療をするだけでもダメ、

その人らしく生きられるように、生活全体を再建しなければ、薬物依存からの真の回復にはつながらないのだ…という思いが込められています。

これは、現場で実際に活動している人たちの実感だと思います。

 

 

基調講演は、元保護観察官で、日本福祉大学 福祉経営学部 教授の木村隆夫先生。

まだダルクが存在しなかったころ、保護観察官として薬物依存症者に関わった壮絶な体験をもとに、支援のあり方をお話されました。

(ダルクが登場したときは、ジャンヌ・ダルクが登場したと思ったそうです)。

 

木村先生は、薬物依存症者とはいわず、「薬物被害者」と表現されるのですが、

その中でも興味深かったのは、本当に重症の事例にかかわる中で体感された、以下のような言葉でした。

 

①「追い詰めるのではなく、寄り添うことが基本」、

①の言葉は、ご自身が保護観察官として関わっていた対象者が自殺するという体験を通じて。

 

②「教育と援助は、いつか実る日が来る。 -長い目で見る大切さを学んだ―

 

③「丸抱えの苦しさ、寄り添うことの大切さ、切り捨てることの残酷さ、誰かがやらなければ」などの言葉です。

 

 

③の事例では、家族が薬を飲ませようとすると、信じられない、毒を飲ませられる気がするといって、投薬を拒否する薬物依存症者が、木村先生が飲ませる薬なら信用できるというので、

毎朝、出勤前に、5時起きで、10日間、対象者に薬を飲ませるために、自宅まで1時間半の道を通われたのだとか。

10日間くらい過ぎて、やっと安定して、「もう大丈夫です」と自分で薬を飲み始めたのだそうです。

木村先生は、自分がいかなければ、家族が対象者を殺して、無理心中してしまうのではないかと恐れられ、見捨てることの残酷さを感じられたとのことでした。

(この話を聞いて、自分はここまでは出来ないな…と思ってしまいました。

最近40代も半ばになって、身体が持たなくなってきました。

規則正しい生活をしないと、自分自身がもたないと思う今日この頃です)。

 

私は、③までは出来ないのですが、自分がかかわっている事件に照らして、①と②は、そのまま当てはまると感じます。

 

刑罰というものは、なくてはならないものだとは思いますが、

薬物に限らず、犯罪はすべて、

追い詰めて、責め立てるだけではダメで、支援することが基本だということ、

 

それと、これも罪名を限定せず、犯罪全般にいえることだと思うのですが、

「教育と社会的支援の欠落を、刑罰で代替することはできない」ということです。

 

ちょうど、来年2月に、教育と社会的支援の欠落によって発生してしまった犯罪について、

裁判員裁判を行う予定があるのですが、何を弁論でいうべきか、最後のフレーズが決まらずにいました。

 

予定主張では、「教育の欠落を刑罰で代替することはできない」と書いていたのですが、

木村先生の講演を聞いていて、「ああ、このフレーズだ」、

「教育と社会的支援の欠落を刑罰で代替することはできない」だわ、と気づいたのでした。

 

このヒントを得ただけでも、このシンポジウムに出席させていただいた価値はあったというものです。(^o^)

 

たぶん、今までの裁判では、こんな内容は語られてこなかっただろうと思います。

前例がなく、お手本がないので、全部自分で考えて、作り上げていかねばならず、四苦八苦状態なのですが、

心理士さんの力も借りながら、頑張ってみたいと思います。(弁論で語るフレーズは決まりましたしね)。

 

木村先生は、ある程度、枠をはめる必要はあるが、支援を通じて、薬物被害を乗り越えさせねばならないとおっしゃっておられました。

まさに、そのとおりだと思います。

 

 

その後のシンポジウムでは、

①トップバッターが、弁護士で、刑事司法で弁護活動を担当する私。

保釈をとって、治療につなぐ、弁護活動の試みを話させていただきました。

 

②次が、大阪保護観察所、主席保護観察官:田中英治氏、

一部執行猶予制度の仕組みや改正更生保護法、保護観察所が取組む活動について、お話しされました。

 

 

③ 3番目が、大阪府地域生活定着支援センターの相談員:山田真紀子氏です。

山田氏とは、大阪弁護士会で、人権擁護委員会が主催する、司法修習生の選択型研修で講師を担当していただいたのですが、

本当にパワフルで、熱心な活動をされている素敵な方です。

 

 

④ 最後が、当事者として、支援活動に取り組まれているFREEDOM代表の倉田めば氏です。

当事者としての感性を語って下さっていました。

 

一部執行猶予制度がどのように運用されていくのか、まだわかりませんが、

私としては、足りないものばかりを数えて、理想論を語っていてもキリがない、

苦しい現実を前にして、今やれることを、やれるところから、やっていく、

(例えば、まだ家族などの支援者がいて、保釈金や治療費を出せる人から、チャレンジしてやっていく)、

成功例を1例ずつ積み上げていく、

その積み重ねの先に、「こんな成功事例があるなら、自分もチャレンジしてみたい。

周囲の協力を得て、頑張ってみる」という人が出てきて、

少しずつ、治療と支援と回復の輪が広がっていくのだと考えています。

 

このシンポジウムで出会った方々と、再びお会いして、一緒にお仕事が出来る日を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

治療的司法研究会 ~小早川明子さんにお会いしてきました~

昨日(11月6日)は、東京の立正大学品川キャンパスで行われた治療的司法研究会に参加してきました。

(そんなわけで、今日は、ちょっとお疲れ気味です。移動って何もしてないのに、結構しんどいですよね)。

 

 

 

 

 

成城大学の指宿先生や立正大学の丸山先生が主催しておられ、毎回、治療的司法にかかわる各方面の方々から発表があります。

 

今回は、ストーカー問題のカウンセリングで知られるNPOヒューマニティーの理事長小早川明子氏の講演:「ストーカーの足抜け支援」と

北千住パブリック法律事務所の山田恵太弁護士からの 障害のある人の刑事弁護の実践報告でした。

 

小早川さんは、アパリの尾田さんと長年親しくされているようで、以前にも尾田さんを通じてお会いできるのではないかという機会はあったのですが、うまく日程が合わず、お会いできないまま、今日まできていました。

今回の11月6日の治療的司法研究会も、私に裁判員裁判の日程が入っていて、「ああ、今回もまたダメだったか…」とあきめていたのですが、

なんと、なんと、既に裁判員に招集もかけ、審理が1カ月近くに迫った段階になって、諸般の事情が勃発し、裁判員裁判の期日の変更がなって、お会いできることになったわけです。

 

 

小早川氏は、ご自身がストーカーのカウンセリング支援にかかわることになった経緯を話して下さりましたが、大迫力!!!

かっては、会社経営者として成功される中(女性経営者で成功してるってカッコいいですよね)、ご自身がストーカー被害にあわれたそうです。

そのとき、小早川さんが、一番切実にほしかったものは、

自身が直接相手に会うのではなく、誰か自分の代わりに相手に会ってくれる人、

自分を守って、盾となってくれる人だったそうです。

 

自分が一番してほしかったことをして、ストーカーに苦しんでいる人を助けるべく、

カウンセラーとなった現在は、被害者にかわって、加害者に会いにいき、治療や回復に必要な手段へとつなげ、問題解決にむけていく活動をされているとのことでした。

 

ストーカーは、他の犯罪類型の被告人達とはかなり異なり、加害者は、煩悩の炎に身を包まれて、焼かれるがごとき苦しみにもだえています。

煩悩の炎にもだえているまっただ中にいる彼らに会いにいって、セラピーを施していくというのは、並大抵のことではないと思います。

 

 

 

学べることは本当にたくさんあったのですが、その中でも、面白いな…と思ったのは、

①相手には自分を嫌う自由もある。

(多くのストーカーは、一度結んだ縁を切るのは悪だと考えていて、妙に律儀だったりして、「約束を守れ」、「責任を取れ」、「誠意を見せろ」という言葉を口にするそうです。

これは、同じく、治療的司法に参加しておられる立命館大学の中村正先生が、

以前に何かの研修でおっしゃっていたことで、印象に残った言葉なのですが、

交際の合意というものは、相手が心変わりすればそれまでで、破棄されるものなのであり、それを受け入れなればならないのですが、DVに陥るような人はそれがなかなか出来ないのだそうです。)

 

②自分の感情は、自分で処理しなければならないのだ。

(相手に見捨てられた不安、孤独感など。

辛いのはわかるが、それは、最後は自分で引き受け、自分で処理せねばならない)。

 

③常識を守れ、

ということを説いていかれるというところでした。

 

人間は、互いに支えあいながらも、最後は一人で生きているのであって、

永遠の安心の保障や永遠の幸福の保障などというものは、存在しない、

自分の感情や、受け入れがたい過去・現在の状況、将来への不安などを、全部誰かのせいにして、引き受けてもらうことなどできないのであって、

一人で引き受けながら、最期のときまで、生きていかねばならないのだ、ということなのでしょう。

 

他人が期待にこたえてくれなかったから、自分の人生がこうなった…という煩悩の炎は、

基本的には、その人自身の弱さから来るのでしょうが、

すべてがその人だけのせいかというと、そうでもないところもあります。

例えば、ストーカーには、幼少期に厳しく、過酷な環境におかれているケースも多くて、他者の反応に、普通の人以上に強く反応せずにいられない生い立ちの影響などもあるようでした。

(センサーが強く立っている状態、というような言い方をされていました)。

 

しかし、そうであっても、最後にその生い立ちを乗り越えていくのは、自分自身の力以外にはありません。

あとは、そこに適切な支援があるかないか、という問題なのでしょう。

適切な支援やアドバイスがあることで、紙一重で、人生の選択が変わることもあるのだろうと思います。

 

それにしても、まだ身体拘束されていない段階で、煩悩の炎に包まれているストーカーに会いにいかれて、ときに、加害者、被害者双方の命を守るというのですから、小早川さんの活動は、本当にすさまじいですよね。

 

私の場合、まだストーカーの扱い件数は非常に少ないのですが(彼らはあまり相談に来ないんです)、基本的に、身体拘束されている人が対象になります。

身体拘束されていない方が相談に来られたこともありますが、結局、つながりませんでした。

身体拘束されていない加害者と弁護士がつながる動機って、なかなかないですよね。

 

身体拘束されていない場合は、加害者自身がこの事態に何かとても困っていて、何とかしたい、自分を変えたいと本気で思っていないと、更生保護をかかげて治療につなげるタイプの弁護士とはつながりませんから。

 

小早川さんの場合は、後ろに被害者がいるから、この人に会えば被害者の話が聞けるかもしれない、被害者の反応を、たとえわずかであっても、何か得られるかもしれないと思って、加害者が小早川さんに会いに来るのだとのことした。

非常に納得しました。

 

その後の懇親会も、千葉大学の後藤弘子先生(少年法)もまじえ、とても楽しいひと時だったのですが、

大失敗は、写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていたこと!!

 

ホテルに帰ってから、「あ、写真撮るの、忘れた!」と思い出しました。

あちゃー、何たる失敗、せっかくの機会だったのに!!!(このブログだって書かないといけないのに…涙。)

 

ま、でも、終わってしまったことを嘆いていても仕方がありません。

小早川さんも、この治療的司法研究会の雰囲気をとても気に入って下さっていたので、また、お会いできる機会はあると信じて、次はしっかり写真を撮るのを忘れないようにしたいと思います。

 

 

 

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作