17th 三重ダルクフォーラムに参加してきました ~依存症回復の最先端~

昼間は暑いくらいですが、夜は肌寒い感じの日が続いていますね。

お元気ですか。

 

私は、この週末、事務所の引っ越しを終了しました。

同じビルの3階から6階へ移動しただけなので、負担は軽かったのですが、この機会に要らない資料や雑誌を全捨てしたり、前準備は大変でした。

(たまるんですよね、これが…)。

今は、狭いながらも自分の机に落ち着いて、窓の横から見える高速道路の景色を眺めています。(夜は綺麗です)。

 

 

さて、先週の土曜日、10月24日、三重人権センターで行われた「17th 三重ダルクフォーラム」に参加してきました。

 

 

以前から、三重ダルクの市川岳仁さんが、薬物依存症と知的障害・発達障害などの重複疾患の問題に積極的に取り組んでおられることは存じ上げており、興味があって、一度お話を聞いてみたいと思っていました。

しかし、三重で10時から開始のフォーラムに間に合うためには、朝7時前に自宅を出ねばなりません。

もともと宵っ張りで朝が弱い私は、引っ越しでお疲れ気味のこともあって、ひるんでいたのですが、

いつも薬物事案で連携していただいているNPO法人アパリの尾田さんが、

「最先端のフォーラムだから参加すべきですよ。三重駅から車で送ってあげますよ。」と言って下さったので、
行く決心をし、(尾田さんは、千葉から車で来られていました)、

金曜日に「あとは業者さんにまかせた!」というところまで荷物をまとめて、
えいやっ!と頑張って、朝早起きして、参加してきました。

 

いやー、行ってよかった ♪♪♪

薬物回復施設の最先端を走る方々の考え方や取り組みがよくわかり、すごく勉強になりました。

 

 

午前の部は、パチンコなどギャンブル依存を支援してこられた経歴をもち、
現在は、沖縄で、コーヒー栽培や販売を手がけるB型就労支援施設を運営しておられる横山順一さん。

  

 

 

施設はちょっとおしゃれで、居心地のよい普通のおうちのような印象です。

障がい者や依存症者を支援しながら、コーヒー栽培をして、商品化する苦労を語って下さいました。

印象に残ったのは、定価900円で空港などにおいてもらえる商品を開発したときのこと、
パッケージなども勝手に決められてしまい、その他流通等を担当する関係者の中で、
コーヒーを生産している施設の取り分は、たった30円とされたそうです。

 

納得できず、抗議して、50円まではあげてもらえたけれど、その他の関係者の取り分は変わらなかったそうで、公平・公正ではないと感じたようです。

自分たちで営業をすべきだった、空港などにおいてもらえると思って、欲を出したのがいけなかったと述べておられましたが、

障がい者の就労施設として、買いたたかれてしまう様子が伝わってきました。

 

その後、市川さんと横山さんの、舞台上のソファに座っての対談がありました。

 

    

 

市川さんは、かっては、薬物依存症者は、どこまでも「当事者」だった。

自分たちもそれをよしとして、当事者でなければ、依存症はわからないことを強調してきた。

会合などでは、医療関係者や行政関係者などが出てくる中で、いつも、「当事者」枠がある感じだったが、

当事者は、どこまでいっても「当事者」であり、

例えば、自分は精神保健福祉士の資格をとったが、精神保健福祉士としてではなく、やはり当事者として扱われる。

学校を出たり、資格をとったりしても、「当事者枠」を出ない。

それでいいのか…、

もっと「地域」の中で、普通に生活していく必要があるのではないか、と思った。

 

さらに、ダルクは、「当事者」によるミーティング形式を唯一の回復手段としてきたが、

実際には、それがぴったりはまる人もいるものの、それがうまくはまらない人もいる。

 

知的障害や発達障害と薬物依存症の重複疾患者がその典型で、彼らにとっては、ミーティングでの自己洞察はあまり役に立たない。

当事者性を強調し、自助によるグループミーティング形式だけを回復手段とせずに、多様な手段を取り入れて、地域内で、普通に生活していけるようになることが重要なのではないかという趣旨のことを話しておられました。

 

この点、ギャンブル依存症を支援してこられた横山さんも同じ趣旨のことを述べておられました。
ギャンブル依存の人達にとっては、ミーティングにはあまり実益はなく、生活リズムの確保や生活再建の方が有効です。

要するに、その人が抱えている問題ごとに、個別に対処していく必要があるとのことでした。(個別性)

 

この点は、刑事弁護をしている私も全く同じ考えです。

私も、かっては、少なくとも薬物犯については、ある程度の定型性があるはずだから、
保釈をとって、条件反射制御法による入院・治療をすることで、
どの弁護士でも対応できる程度に、定型的に対処できるのではないか。

そうすることで、年間1万人以上いる、薬物犯となってしまった人たちを更生させることが出来るのではないかと考えていました。

あれから、何年だったでしょうか。

5年くらいたったでしょうか。

(汐の宮の中元医師とアパリの尾田さんと一緒に大阪弁護士会で研修をしたのは、5年前くらいだったような気がします)、

 

実際に自分で試してやってみて、今は、薬物犯であっても、定型的な対処はできない。

「個別性」こそが重要だ、と考えるようになりました。

 

重症化して、覚せい剤精神病を発症してしまうくらいになると、その人がなぜ薬物を使用しているのかがわからなくなってくるので、 かなり定型的になってくるのですが、(それ以外に対処のしようがない)、

覚せい剤依存症のレベルにとどまっている限りは、なぜその人が薬物使用に依存しているのか、その理由は千差万別で、かなり個性があるのです。

(特に、まだ症状が軽いうちには、その人ごとに、個性と特徴があります)。

 

その個別の問題性を無視して、定型的に処理しようとしても、うまくいかないのです。

個別に対応しようとすると、一見、手間暇がかかり、時間がかかるように見えるのですが、定型的に処理しようとして、失敗することを考えると、結局は早道なのです。

まさに、「急がば回れ」。

自分自身も弁護士として、そんな実感をもっていた私は、回復現場の最先端に立たれる市川さんや横山さんも、同じ感想を持っておられるのだな…と、興味深く話をお聞きしました。

 

さらに、市川さんは、かってのダルクは、各施設が完全に独立していて、一からすべて、各施設ごとに立ち上げねばならなかった。

しかし、相互にもっと強力しあってもよいのではないか。

例えば、横山さんの施設で作ったコーヒーを、三重ダルクオリジナルコーヒーとして販売することで、相互にとって利益が得られる。

このように、自立しながらも、互いに協力しあい、助け合う姿勢が重要なのではないかということを話しておられました。

 

その流れの延長線上にあるのだと思いますが、
現在では、ネパール・カトマンズの薬物回復団体から紅茶を買い付け、販売する「ナマステ・プロジェクト」に取り組んでおられるそうです。

 

フォーラムには、ネパールのスーヤス・ラジハンダリさんも参加していました。

 

さらに、この三重ダルクフォーラムは、三重県との共催だったため、精神保健福祉センターの方や、三重刑務所、三重保護観察所の方々のお話もあり、とても友好的な協力関係が築かれている様子が感じられました。

まさに、未来の理想図ですね。

 

   

 

休憩の際には、沖縄の施設で生産し、三重ダルクオリジナルとして販売しているコーヒーや紅茶が振る舞われました。

私は、チャイを2杯と、コーヒーゼリーをいただいて、お腹いっぱい。

 

レモングラス、ダージリン、チャイの3種の紅茶のセット(1000円)と、三重ダルクオリジナルコーヒー2袋(1袋に2パック入って150円)を購入しました。

 

   

 

また、お昼には、200人分のお弁当(から揚げ、チキンナゲット、マカロニサラダ、きんぴら、シャケ入りおにぎり、パンなど)が振る舞われました。

これは、現在、三重ダルクが、就労継続支援B型事業所として運営している「おかずやさん(和風お惣菜屋)」のメンバーが、朝3時起きで作ったものだそうです。、

官公庁や病院、イベントなどで販売しているそうですが、最近は人気が出て、完売するようになったというお話でした。

 

おもしろかったのは、このフォーラムで壇上にたった方々が、皆、人前で話すことが苦手ならしく、目を合わせたがらない方々だったこと。

市川さんは、昔から雄弁に話す方でしたが、パワーポイントを使って、1時間以上の話をなさった横山さんでさえ、
途中何度もとまりながら、コーヒーを飲まれます。

また、お弁当を作った「おかずやさん」のメンバーも、突然、壇上に呼ばれたのですが、皆、マイクを持つことを嫌がり、

ちょっとうつむき加減で、目を合わせたがらない。(笑)。

 

市川さんがこの事業を立ち上げようとしたとき、まずリーダーになる人を選び、その人に、「誰となら一緒にこの仕事ができると思う?」と聞いて、リーダーになる人に、メンバーを選んでもらったそうです。

 

その結果、集まったのは、全員、人と目を合わせたがらない人ばかりだったとか。(笑)。

面白いな…と思いました。

(弁護士は、とりあえず、ペラペラしゃべりますからね)。

 

現代は、対人コミュニケーションが重視される社会で、これが苦手な人は、居場所を失いがちです。

生きる辛さに、薬物に依存してしまうことになるわけですが、

対人コミュニケーションが苦手な人も、その能力を発揮できる環境つくりというのが重要なのだな…と感じました。

(ただし、言うはやすし、行うは難しです)。

 

現在の回復支援現場の最先端の考え方、現状が感じられる有意義なフォーラムでした。

あらためて、尾田さん、車に乗せて下さってありがとうございました。

(朝早いのと、津駅からバスということにひるんでいたので、尾田さんの一声がなかったら、行ってなかった可能性大ですね)。

 

 

今年の刑務所見学② ~岡崎医療刑務所~

随分日が空いてしまいましたが、

笠松刑務所(女子)に続く今年の刑務所見学の2日目は、岡崎医療刑務所です。

 

 

 

 

 

(残念なことに、岡崎医療刑務所では、タクシーを呼んでいただいて、刑務官の方と和やかにお話しているうちに、
タクシーが来てしまい、建物の写真を撮り忘れてしまいました!)

 

岡崎医療刑務所は、愛知県精岡崎市にある、精神障害者及び精神上に異常が見られる者を主に収容するしています男性の医療刑務所です。

現在の建物は、昭和37年時の建物で、既に57年が経過しているそうです。

施設内の土地の高低差が大きく、急な階段が多い建物でした。

 

見学当時は、144名を収容。

うち、109名が精神疾患を抱えています。

残りの35名は、A級受刑者で、精神疾患のある受刑者のお世話をしたり、刑務所の自炊作業をする受刑者達です。

収容率は、53%だそうです。

 

精神疾患のある人を収容するニーズは高そうなのに、収容率はなぜ半分くらいなのかとお聞きすると、

①まず、建物が古く、少年刑務所から発展した名残りで、共同室が多い。

精神疾患者は、収容当初は単独室に収容する必要があるが、それが出来ないことが影響しているそうです。
②さらに、精神疾患者を収容しようと思えば、お世話係をしてくれるA級受刑者を確保する必要がある。

しかし、現在、A級受刑者は、PFI刑務所にとられてしまい、なかなか医療刑務所に来てもらえないことも影響しているそうです。

 

精神疾患では、症状に波がありますが、現在では、本人の同意なしには、強制的医療は行えない。

例えば、状態が悪くなった受刑者に注射を打って鎮静させるなどの医療行為を行うことが出来ないため、本人が落ち着くまで非常に苦労するとのことでした。

そんなこともあって、収容率をあげることが出来ないとのことでした。

ニーズは高いのに、もったいない話です。

 

特に「個室がない」というのは、純粋な設備上の問題、いいかえると予算の問題なので、本当にもったいない話だと思います。

現在では、長期受刑者を抱える施設が新しい施設に建ち替わる際には、個室化の傾向を示しています。

 

昼は作業で集団行動をするのに、夜も、共同室に閉じ込めて、人間関係で苦労するのでは、
受刑者が精神的に安定することができません。

その結果、懲罰につながるトラブルを引き起こし、仮釈放をすることが出来なくなるため、刑務所側も困るのです。
(出所時のアンケートでは、刑務所で辛かったことのトップは、人間関係です)。

むしろ、個室に収容して、受刑者が夜は落ち着けるようにして、その代り、昼間はきちんと工場に出て働いてもらう方が、
刑事施設内の規律も安定しますし、懲罰などのトラブルも減って、仮釈放を認めやすくなるため、刑の執行と社会復帰がスムーズにいくのでしょう。

長期受刑者の場合は、モチベーションを長期にわたって維持していかねばならないため、特に、夜は個室化した方が安定した処遇を実施できるのだと、以前訪問した施設の方が言っておられました。

精神疾患者を収容する医療刑務所でも、個室が絶対的に必要なはずなのに、それがなくて、収容率も挙げられず、
現場の刑務官の方々も苦労しているのは、実に、残念な話だと思います。

 

 

 

岡崎医療刑務所で興味深かったのは、精神疾患者たちの症状をふまえた段階的処遇が実施されていることです。

まずは、単独室に収容して安定化をはかり、

次に、生活療法センターという場に移して、例えば、音楽を流しながら、作業をさせたりします。

ここでは、月、火、木、金の13:00~14:00までの約1時間、「レク」と呼ばれるカラオケ、輪投げ、ボーリング、希望者が絵画を描くなどの療法を取り入れているそうです。

さらに、症状が安定すると、

第1作業療法センター、

第2作業療法センターとあがっていくようです。

 

外部の先生に来ていただいて、窯業に取り組んだり、

園芸なども取り入れており、(ビニールハウスもありました)、

例えば、人の輪の中に入ることが難しい人は、しばらく園芸で花を育てさせるなどして、様子をみるそうです。

 

また、工場で作業をしている人の中には、黒いスポンジか何かでできた帯のようなものを帽子の上から巻いている人がいるのですが、これはてんかん対策なのだそうです。

てんかん発作が起きると、予兆なく、突然、意識を失って倒れてしまうため、頭をぶつけてしまわないように、

防護具をかぶっているのだそうでした。

ヘルメットでは重いので、そのような素材と形状になっているようです。

 

 

先ほど書いたように、本人が同意しない限り、強制的な治療は出来ないため、

状態が悪いときは、突然、どんな行動に出るかわからず、毎日、非常ベルが鳴るそうです。

そこで、強制的に強い薬は使えませんから、説諭やカウンセリングによって本人の状態が落ち着くまで対応する、
たとえそれが意味のわからないことであっても、話を聞いてあげるなどの対処をしておられるそうです。

 

精神疾患を抱える受刑者の場合、病状の調子が良いときは、治療に同意してくれるのですが、調子が悪くなると、どんな反応をするかわからないそうです。

しかし、この医療刑務所には、やはり他の刑事施設とは違う、「治療的雰囲気」が漂っていて、

最少は抵抗していた人も、自分が飲まなくても、時間になると、薬をもってきてくれるというような経験を重ねるうちに、

「今までいたところとは違う」と感じ始めると、治療に乗ってくるのだそうです。

 

 

確かに、最近、新聞で、北欧だったか?、統合失調所の人に対して、日本のように薬で長期入院によるのではなく、

医師や看護師による数名のチームが家に出向いていって、本人と話をして(カウンセリング?)、医療的支援をする、

すると、しばらくするうちに、不思議と本人の症状が治まりはじめ、

自分の中の思いや原因に気づき始めるのか、治ってくるのだという記事を読んだのですが、それとどこか似ているような気がします。

他の刑事施設とは違い、医師や看護師がいて、「治療的雰囲気」が漂う医療刑務所は、何か相通じるものがあるのかもしれません。

 

排泄物を投げたりするような行動にも出ますが、実は、そういう行動は、薬を飲んでくれさえすれば治まるそうです。

それより難しいのは、そのあとからやってくる、ヤル気がでなかったり、うつうつとした感情になったり、妄想観念を育てたりするような状態だとのことでした。

 

それを、レクリエーション、作業療法、園芸などで対処していく。

患者の状態や思考に応じて振り分けていき、作業療法を実施していくとのことでした。

 

我々も現場を見せていただいて、具体的なイメージを持つことができ、とても参考になりました。

今年の刑務所見学も充実した2日間でしたね。

 

2日目の午前中は、岡崎刑務所を訪問する前に、皆で、竹島に行ってきました。

ご利益ありますように…(^-^)

 

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作