今日の判決 ~覚せい剤取締法違反の国選事件~

今日いただいた覚せい剤取締法違反の判決は軽かった…。

ありがたや、ありがたや。

 

 

 

 

 

 

支えてくれる友人はいるものの、もう親族の支援はない国選事件でしたが、

本人のせいばかりではなく、依存症の渇望ゆえの再使用であることを訴え、

住居を確保するための自立支援制度への具体的なたどり着き方を本人に教えるとともに、証拠にし、

無料のミーティングの存在を教えて、本人も参加する意思を示した事なども評価して下さいました。

 

 

今まで辛そうにしていた被告人が嬉しそうな顔をしていると、弁護人としても嬉しいですし、

何より、刑期が短く、早く戻ってこられるということは、

今後の希望があるということで、何物にも代えがたく嬉しいものです。

なにせ、パンドラの箱の最後に残ったものは「希望」だったというくらいですもの。

「希望」が彼の手の中に残ったのであれば、幸いなことです。

 

 

 

 

 

 

覚せい剤精神病と闘う ~早期治療の重要性~

弁護人として、覚せい剤の自己使用・所持事案を担当していると、大雑把にわけて(非常に感覚的な話ですが)、

被告人を3タイプに分けることができるように思います。

 

 

 

 

 

 

① 覚せい剤を使用している以上、既に薬物依存症なのだけれど、まだ使用歴は浅く、早期の段階で、比較的症状が軽いと感じる人

② 覚せい剤精神病まではいっていないものの、その手前ランクで、依存症がかなり進行しているな…と感じる人

③ 覚せい剤精神病を発症している人

 

 

①は、接見していて、この人がなぜ覚せい剤を使用し始めたのとか、なぜ今も使用しているのかとか、

どんなときに使用しているのかが、本人の説明や調書からそれなりに理解できる人です。

 

使用する理由は、人ぞれぞれで、

例えば、建設業に従事していて、仕事の関係で現場を数か月ごとに移動してしまい、親しい友人ができにくい。

そんな中、家族も失ってしまって、その寂しさから…とか、

 

人にも優しいけど、その分、自分にも甘い性格、

覚せい剤を使うと、頭の回転が速くなった気がするため使用している。

自分の小ささとふがいなさを正面から認めることから逃げており、

目の前の小さな仕事に、真面目に、必死に、取り組むことから逃げて、誇大な妄想に浸っているとか…。

 

その人なりのストーリーがあって、弁護人が分析することができ、ああ、なるほどな…と理解できるのが特徴です。

 

 

それに対して、②の依存症がかなり進行している人になると、

覚せい剤をどうして使用し始めたのか、どうして今も使っているのかが、彼/彼女の話を聞いていてもよく理解できません。

使い始めたきっかけや、今回再使用したきっかけなど、一応説明はしてくれるのですが、

こちらは実感をともなう形で理解することができず、何が理由なのかわからなくなってくるのが特徴です。

依存症が圧倒し始めるのだと思います。

 

依存症が進行してくると、 弁護で向き合っていても、被害者意識が強くなって、普通ならとらないような挙動不審の態度をとったり、

何度も何度も同じ質問を繰り返したり、

(不安感と、記憶力や事務処理能力の低下を示していると思われます)、

打ち合わせのたびに、「明日の打ち合わせは何時ですね」といちいち確認してきたりします。

(これも不安感なのでしょうね)。

 

そのたびに、安心させてあげるような態度を示し、落ち着かせてあげなければならないので、最初はかなり疲れます。

 

ただし、この②のタイプの人は、保釈をとって、治療へつなぎ、治療を開始して一定期間を経過すると、

次第に目が澄んできて、言葉や態度もしっかりした感じになっていきます。

つまり、治療で「回復したな」という実感がはっきり感じられるのが特徴のような気がします。

 

 

 

最後の③、覚せい剤精神病の人。

精神病を発症していると、最初の段階からその人なりに特徴的な独特の態度を示したり、

一つの事に意味不明な形で固執したりするため、対応が難しく、初回接見時から非常に手こずります。

毎回の接見のたびに、へとへとに疲れるという感じです。

 

この方たちも、もちろん、治療で状態はよくなるのですが、

しかし、最初から存在した独特の不合理さのようなものは、なかなか完全には抜けてくれません。

 

 

なので、依存症にとどまっていると思っていた人が、医師から、これはもう覚せい剤精神病だと言われたようなときは、

とても悲しい気持ちになります。

特に、本来は能力が高い人だったとわかっているようなときには、より一層悲しい気持ちになります。

 

 

個人として悲しいと同時に、こういう人が増えてしまったら、果ては国力の衰退につながるとすら思っています。

 

 

 

薬物依存症の方は、ご家族も含めて、おうちで引きこもってしまっていたり、

逮捕されてしまうと、もう仕方ないとあきらめて、弁護士を頼んで、保釈をとってまで治療につながろうとしない面があるようです。

 

 

しかし、とにかく、依存症が進行してしまわないうちに、

特に、覚せい剤精神病を発症しないうちに、一刻も早く治療につながってほしいと思います。

治療の時期が早ければ、回復の効果も高いと感じるからです。

 

 

今日は、覚せい剤犯に対応している時に感じている感想を書いてみました。

 

 

被告人の中に見る善なるもの ~教育や子育ての大切さを感じる瞬間~

被告人は何か問題点をかかえているからこそ、犯罪に至り、事件を起こしています。

 

 

 

しかし、接見をしていると、被告人が犯罪に至ってしまった原因になった問題点を感じると同時に、

言葉で表現しにくいのですが、「何か、善なるもの」を感じることもあります。

 

 

 

 

 

その「善なるもの」が、犯罪が大きくなってしまうのを食い止めていたり、

被告人がそれ以上崩れていくのを踏み止めさせていたり、

人間関係をかろうじてつないでいたりするのです。

 

 

その「善の根源」は、実に人それぞれなのですが、

例えば、この朴訥なお父さんのしつけや生き方の影響かな…と感じたり、

素晴らしい教育者が、先生としていたのかな…と感じたり、

中高生時代に非常に頑張っていた部活動で培った礼儀や態度なのかな…と感じたりします。

 

 

そういうときは、幼ない頃の教育や子育ての重要性を身に染みて感じます。

良き教育や子育ては、その人の人生を救う。

 

 

しかし、これが十分ではなく、崩れてしまい、犯罪化してしまった場合には、本人も苦しむし、

それを後から補おうとすると、時間もかかる上、至難の業です。

それでも、やはり、1つ、1つ、立て直していくしかないんでしょうね。

 

 

今日は、被告人の中に、崩れゆくものと、善なるものを同時に見る複雑な感情を少し書いてみました。

 

第2回条件反射制御法 関西研修会に参加してきました

今日は、エル大阪というところで、第2回条件反射制御法研修会が開かれたので、参加してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

汐の宮温泉病院主催で、真木修一院長の開会のご挨拶の後、

千葉の下総精神医療センターの平井慎二医師、

いつも被告人の保釈を引き受けていただいて、お世話になっている中元総一郎医師、

研修会でいつもお見かけしている知的な女医、札幌の長谷川直美医師、

千葉ダルクの白川雄一郎さんの講演、

回復者である覚せい剤依存症の男性とアルコール依存症の女性の体験談などがありました。

 

おなじみの疑似注射のほかに、今回、私は初めて見た「疑似タバコ」もあり。

よく見ると、吸い口のところに穴があいているんです。

ニコチンを含まない、もぐさでできているとか…。

条件反射制御法は、依存症全般に対する治療法なので、薬物やアルコールなどに限らず適用できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アパリの尾田氏も来ておられましたし、

私の保釈中の被告人も、中元医師による条件反射制御法の治療の様子を再現したロールプレーに参加!

しっかり実演してくれていました ♪

 

 

その後は、OMMビルの素敵なお店で懇親会。

おいしいお料理をいただきました。

以前ご依頼いただいた被告人のお母様にも再会。

ずっとおしゃべりして、久しぶりの楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汐の宮温泉病院の先生方やスタッフの皆さま、どうもありがとうございました。

いつも、大変な被告人たちをお引き受けいただいて、ご迷惑をおかけしておりますが、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作