覚せい剤累犯裁判記 ~保釈をとって治療へつないだケース~

先日、名古屋地裁で、覚せい剤累犯の方の第1回公判がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事例は、複数回の受刑経験がある方だったにもかかわらず、第1回公判前に保釈を認めていただき、

病院に入院して、薬物依存症の専門治療プログラム(条件反射制御法)による治療へつないだケースです。

(保釈請求却下 → 弁護側から準抗告 → 保釈面談の末、準抗告認容 → 保釈許可!という嬉しいケースでした)。

 

 

治療につながっているケースですから、罪自体は認めている「認め事件」です。

検察官の冒頭陳述のあと、証拠調べですが、覚せい剤の認め事件ですから、証拠関係は簡潔で、全て同意。

情状証人の出廷のための日程調整の必要や、ある程度の治療期間を確保して医師の報告書をいただくために、

今回は検察官立証までとしました。

次回が弁護側立証で、証人尋問の時間や被告人質問の時間を調整します。

このケースでは、メインは弁護側の情状弁護ですから、第1回公判は形式的な審理になり、20分程度で終わります。

 

 

この事件では、弁護人が複数ついており、私は主任ではなかったので、多少ボーっとしていても許されました。

なので、頭の中では、初めての名古屋の法廷の感想を考えていました。

 

 

名古屋の法廷は、裁判官の訴訟指揮も丁寧だし、検察官の要旨の告知もとても丁寧でした。

 

建物は煉瓦つくりで、法廷内はほぼ大阪と一緒でしたが、

(ただし、検察官と弁護人の位置は逆で、被告人が出てくるドアのある方が弁護人席だとのことでした。

また、弁護人の前に座る被告人の椅子の前に、さらに長机が置いてありました。

これは大阪にはないのですが、何のために置いてあるのでしょうか?

被告人がメモをとるため?

だとしたら、すごく親切だな…なんて、考えていました)、

外の廊下や椅子は、名古屋の方が断然きれいだな、

裁判官の訴訟指揮はとても丁寧だけど、それだけに、裁判官の法服の襟元が開いていて、くだけて見えてしまうのが惜しい!

もったいない感じがするな。

ノーネクタイは全然かまわないんだけど、法服の首元のボタンさえ止まっていれば、黒でバッチリきまっていてかっこいいのに…。

そもそも、法服の襟元って、どんな形をしていたんだっけ?

この間、法廷で、裁判員裁判を傍聴したときは、ネクタイが見えていた記憶があるから、ということは法服の襟元は本来開いているということか。

普段から見ているはずなのに、審理ではどうしても裁判官の表情を見てしまうから、

法服の形は?なんて言われても、全然思い出せないな…。

 

 

…なーんてことを考えていると、次回の証人尋問と被告人質問の時間の話に。

 

 

 

弁護側は医師を含め、3人の情状証人を請求(累犯であることも考慮して、人数はちょっと多めでした)。

15分、5分、5分、被告人質問15分で請求。

弁護側が行っている依存症治療プログラム(条件反射制御法)は、今はまだ一般に広く普及している治療法ではなく、

これから知っていただきたい治療法なので、どうしても説明する必要があります。

そのために、ある程度の尋問時間が必要だったのでした。

 

 

それに対して、裁判官が、検察官に反対尋問に必要な時間を聞くと、

検察官の答えは、「同程度」。

 

私は、「ええっ!、この事案で同程度!。あんた、いったい何聞くつもり?」と思ってしまいました。

 

 

確かに、反対尋問時間を聞かれたときの答えは、「同程度」か「半分程度」なので、

上記のような細切れな時間を言われると、半分程度と言いにくくて、とりあえず同程度になったのだろうなと思います。

しかし、覚せい剤の認め事件で、要するに「薬物依存症でこのままではダメだから、治療します」と言っているだけの事案で、

合計40分も反対尋問!

ほんまかいな!?、何を聞くの?

 

 

内心驚きつつも、確かに、条件反射制御法については、私は理解しているけど、検察官は知らないわけだし、

医師が出てくるなら、聞きたいことがたくさんあるんだろうな、

被告人にもいろいろと聞くことがあるんだろうな…と思い直しました。

 

 

すると、裁判官が、「では、次回の審理は1時間半をとります」と。

 

ええっ!、1時間半!

単なる覚せい剤の累犯事件で、全部認め、証拠も全部同意の事案なのに、1時間半もとってくれるわけ?!

 

 

私としては、事前に相弁護人らに聞いた名古屋の情報等から、1時間程度は何とかとってもらえるだろう、

でも、それ以上は厳しいだろうから、何とかコンパクトにするしかないな、

場合によっては、情状証人を1人削ろうか…と考えていたので、すんなり何も言われず1時間半もとってもらえたことは、

驚き、桃の木、山椒の木!

 

(裁判官は、弁護人が40分というし、検察官も同程度というし、40分と40分を足して、論告・弁論で10分、合計90分とされただけなのでしょうけど)。

 

 

おそるべし、名古屋!

私は、大阪が刑事弁護のメッカだと思っていたのですが、

名古屋はそれ以上に熱心なのかもしれないと、正直びっくりしました。

 

 

それとも、名古屋は事件数に比較的余裕があるのでしょうか。

(事件数が多い大阪では、例えば1回結審事案の基本枠は40分です)、

もしくは、この事件が少し特別だったのでしょうか。

(被告人が保釈されていて、初犯かと思いきや、ふたを開けてみると、複数回の同種前科がある累犯だったので、

証人の重複や時間等を問い詰めたりはせず、そのまま時間をとってくれたのでしょうか)、

何とも図りかねました。

 

 

当初はコンパクトにまとめねばならないと考えていた私ですが、

時間は想定以上に認めてもらえたので、しっかり頑張らねばならないな…、

でも、そんなに大げさな話なんて何もしてないんだけどな…と、やや困惑も感じた名古屋の法廷だったのでした。

 

 

PS:だって、先ほども書いたとおり、薬物依存症で、刑務所に入れたところで治らないから、医療で治療しますという

非常にシンプルで当たり前のことを言っているだけですもんね…。

効果はないとわかっている今までのやり方を繰り返している方が、よほどおかしいと思うのですが、

皆さんはどう思われますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法廷傍聴 ~被告人質問と弁論の時間について~

先日、東京の某有名大学の学生さんがかかわってしまった覚せい剤密輸事件の法廷傍聴をしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事件では、運び屋とされた学生さんも、大学卒業直後だった紹介者の方も、覚せい剤について故意はなかったとして、無罪を主張しておられます。

審理を全部傍聴することは、時間的に到底不可能だったので、書証の取調べの一部(メールのやり取り部分が主)と、被告人質問、論告・弁論部分だけを傍聴しました。

 

 

証人尋問などは見ていないですし、判決はまだこれからなので、法廷で感じた心証はおいておくとして、

我が身への自戒の意味もこめて、審理を傍聴した感想を一言…。

 

 

「長すぎる被告人質問と弁論は、百害あって一利なし」

「被告人質問と弁論は少し言い足りないと感じるくらいがベスト」

今後の教訓にしたいと思います。

 

 

被告人が無罪を主張している事案で(認め事件でも同じですが)、

普段から被告人に接して、その人間性を知り尽くしている弁護人が、どうしても語りたくなる気持ちは実によくわかります。

 

 

私も公判前整理手続きで、裁判官からAQの時間を削られたときは、思わず「ムッ」としたものですが、

しかし、しかし…です。

聞いている他人の身になると、長時間のAQと弁論は、非常に辛いものが…。

 

 

 

傍聴席の椅子は少しでも動くとギシギシと音を立ててしまうので、身動きしづらく(法廷自体の居心地はいいのですが)、

私は、体重を右にかけたり、左にかけたりしながら聞いていたのですが、

壇上の裁判員の方たちは、ときに時間オーバーすらした審理を身じろぎもせず(壇上では身じろぎすらしにくいですよね)、きちんと聞いておられます。

その姿には、ちょっと尊敬の念を感じてしまいました。

 

 

それとともに、心の中で、せめて裁判員と裁判官の方達が座っている椅子が、座り心地のよい椅子でありますように…と祈っていました。

もっと長時間にわたる審理もあることを思うと、椅子には多少高額でも国家予算を投じるだけの価値があるのではないでしょうか。

 

 

 

弁護人は、他の弁護人の弁護活動を見る機会がないため、自分を客観的に振り返る機会もなかなかないのですが、

まさに「他人のふり見て、わがふり直せ」

 

 

熱心な弁護人であればあるほど、重要なテーマは、「削ること」。

 

そもそも熱心な弁護人でなければ、「もっとやれ!」となり、削ることなど問題にならないわけで、

そういう意味では、この事件の弁護人達はとても熱心だったわけです。

 

 

事件と被告人を知るがゆえに語りたくなる葛藤を乗り越え、

必要なところは残しつつ、「印象的に語る」ことを追求せねばならないと感じた法廷傍聴でした。

 

 

 

 

 

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作