忘れられる権利 ~更生の観点から~

「忘れられる権利」

 

先日、大阪弁護士会のO先生からお聞きした言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても印象に残りました。

将来、必ず大きな問題になるだろうという予感がしたので、ほとんど理解できていないにもかかわらず、感じたことをとりあえずブログに残しておくことにしました。

 

忘れられる権利は、インターネット上における情報削除請求権であり、新しい人権のアイデアの1つ。

1)プライバシー権に基づく削除請求権

2)名誉権に基く削除請求権

3)更生の利益に基づく削除請求権

4)写真を公表されない利益に基く削除請求権

5)自己情報コントロール権に基づく削除請求権(自分が発表を取りやめた情報に関する削除請求)

等の側面があると教えていただきましたが、

 

私が問題意識をもって、O先生にお聞きしたきっかけは、(3)更生の利益との関係でした。

 

 

犯罪があると、少年でもない限り、新聞等に実名が報道されてしまいます。

 

しかし、新聞などの紙媒体であれば、毎日届けられる新しい新聞紙に押し流されて、いずれは目にふれなくなり、忘れ去られてしまうでしょう。

ところが、ネットではそうはいきません。

いつまでも、いつまでも、検索さえかければ簡単に氏名や事件内容が出てきてしまうのです。

誰に対して、どう働きかければ、ネット上からその記載を消してもらえるのかもわからないまま、いつまでも過去の事実に苦しみ続けることになります。

 

 

 

犯罪が公的な関心事であることは、もちろんわかります。

しかし、被疑者・被告人は、検察庁や裁判所等でそれなりの処分を受け、

仕事を辞めざるをえなかったり、今まで築き上げてきた社会的信用を失ったりして、社会的制裁は十分受けています。

そして、そこから立ち直り、更生しようと、懸命に努力をしているわけです。

 

 

 

しかし、検索をかけさえすれば、何年前の事件であっても、どんなに小さな事件であっても、

実名と事件が、いつまでもネットにずらずら現れてしまうとしたら…、

いったん被疑者・被告人の立場に陥ってしまった人は、永遠に「過去の犯罪事実」に制裁を受け続けることになってしまいます。

 

今は更生して、当時とは、異なる人間になっているにもかかわらず…。

 

 

 

当然、雇用や結婚などに影響するでしょう。

過去の犯罪事実のために、永遠に社会から排除され続けることになってしまいます。

 

これはやはりおかしいのではないか…。

そう思わずにはいられません。

 

 

将来、「更生保護」や、「犯罪を犯してしまった人の社会への再統合」が真剣に考えられるようになったとき、

この権利は極めて重要な権利として議論されるようになるだろう…。

そう予感したO先生の言葉でした。

 

 

再犯 ~特に、依存症でのスリップに、弁護人として~

薬物依存症であれ、クレプトマニア(窃盗癖)であれ、「依存症」の回復過程にスリップはつきものです。

医療すなわち治療の世界では、このことは理解されていると思いますが、刑事司法の世界では、それは「再犯」になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弁護人として、「再犯に対してどう感じますか?」と問われたら…?

「今まで治療してきたのに…、もう二度としませんとあれほど反省の言葉を口にしていたのに、また再犯したのを目の当りにして、あなたは失望しますか?」と問われたら…?

 

 

この問いかけに対する答えは、人それぞれだと思いますが、

私の場合は、全く失望などしません。

全然平気。

 

 

もちろん、再犯自体は非常に問題で、困ったことです。

行為自体は許されることではないのですが、ばつが悪そうにしている被告人を見ると、私は思わず微笑んでしまうのでした。

よく言えば、行為を憎んで、人を憎まず…ということでしょうか。

 

 

私が全く失望しない理由としては、

①まず、依存症の場合は、回復過程にスリップはつきものであることが挙げられます。

その悪循環からなかなか抜けられないからこそ、「依存症」なのです。

スリップすら全くしないですむとしたら、それはそもそも「依存症」とはいえないのではないでしょうか。

 

 

②2つ目は、私の刑事弁護観(というより、人生観でしょうか?)にあります。

 

私は、弁護人として、被告人が更生するようにと刑事弁護活動を展開し、ときに治療へとつなげているのですが、

究極的に追及するべきものは、「被告人を変えること」ではないと考えています。

 

なぜなら、被告人の人生は、彼ら自身のものであり、私のものではありません。

他人を変えることが出来るなどというのは、「幻想」であり、「妄想」だと思うのです。

私はそんなことは考えていません。

 

本人が変わろうと決意しない限り、人は変わらない。

これが真実です。

私はその手助けをしているだけなのです。

 

 

 

では、私が刑事裁判の中で、究極的に追及しているものは何なのか…。

それは、「私が、被告人に対して、どうあるか」だけだと思います。

私が被告人を前にして、どうふるまい、彼らをどのように扱うのか…。

それだけが問題なのです。

 

 

彼、彼女(被告人)がいるからこそ、私が何者であるかがわかる。

私が何者であるかが表現できる。

 

そう考えると、私が刑事裁判で表現しているものは、被告人の主張、被告人からみた真実であると共に、

私自身の考えや価値観なのでしょう。

 

 

刑事裁判や接見の中で、「くそー、こいつー(怒)」と腹が立った被告人ほど、

あとから見ると、量刑でいい結果が出たり、こちらも成長したような充実感があったりするものなのです。

 

 

今日は、依存症でのスリップや再犯について、感じていることを書いてみました。

 

 

 

 

 

裁判員裁判の冒頭陳述(3)

(1)(2)と裁判員裁判の冒頭陳述について、普段感じていることを書いてきました。

今日は、その(3)ですが、最後のまとめを書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

自分なりに思いをこめて、ポリシーを持って、冒頭陳述をやってきたのは事実ですが、さて、その効果のほどはいかがなものでしょうか?

私の冒頭陳述が裁判官や裁判員にどう見えていたのか、

特に裁判員の方たちの目に、どんなふうに写っていたのかについては、正直いってよくわかりません。

私としては、これからの審理、特に被告人側の主張やストーリーに興味をもってもらえるように

それなりに印象的な冒頭陳述をしてきたつもりではいるのですが…。

 

 

まず、弁護士は、そもそも他人の冒頭陳述を見る機会がほとんどありません。

(検察官は、具体的にどんなやり方をしているのかは知りませんが、必ず予行演習をしているそうですね)。

その数少ない機会の一つは、弁護士会でやっている裁判員裁判のリハーサル研修でしょうか。

 

これは、これから裁判員裁判を行う予定のある実演者が、用意している冒頭陳述や弁論を語り、他の弁護士に裁判官・裁判員席に座ってもらって、傍聴してもらい、その感想を聞くというものです。

実演者にとっては、自分の実演がどんなふうに見えるか、もっとこうしてはどうかというアドバイスがもらえ、

傍聴する側の弁護士にとっては、他人の実演を見て、裁判員席から見るとどんなふうに見えるか、どんな印象を受けるかを、実際に肌で感じ取ることができる貴重な機会ということになります。

 

とはいえ、検察官と違い、弁護士は組織で動いているわけではないので、傍聴者を集めるのは大変ですし、

裁判員裁判が近いとはいえ、まだ期間があるうちから、実演者が冒頭陳述や弁論を準備してくるのは非常に大変なことです。

そんなわけで、私も初期のころは参加していたものの、最近はこの研修には参加できていません。(スミマセン…)。

 

しかし、過去に参加したとき、(裁判員裁判が始まった頃だったので、かなり昔なのですが…)、

そのときの感想を思い出すと、最終的な心証は「証拠」で決めるもので、冒頭陳述で決めるものではないものの、

事案に対する「印象」のようなものは、最初の冒頭陳述を聞くと、ある程度はもってしまうような気がしました。

 

 

私が初めてリハーサル研修で聞いた冒頭陳述は、覚せい剤密輸の無罪主張の事案だったと思いますが、

「それ、無理筋やん。ほとんど、真っ黒やんか。」

「本気で言っているのかしら?」と思った記憶があります。

 

でも、実演後に弁護人たちの感想を聞くと、かなり本気で、

「えー!」と思ったのを覚えています。

 

私は、自分の被告人以外の人に対しては、意外と冷静な面もあるので、そのせいかもしれませんが、

それだけ、弁護人というものは、被告人と一体化してはまり込んでしまう一面もあるということなのでしょう。

 

 

かといって、被告人の主張に全然共感しないで、完全に第三者的な弁護人というのもいかがなものかと思いますし、

第三者的な視点も保ちつつ、被告人の主張を語るというのは、言うは易し、行うは難しでとても難しいことだなと改めて感じます。

 

理想は、「ああ、そんな事情があるのか…。」

「最初に聞いたときは、すごく悪そうに思えたけど、そういう事情があるなら、

検察官の主張からだけではなくて、弁護人の主張の視点からも、しっかり聞いて、見てみないといけないな…」と思ってもらえる冒頭陳述でしょうか。

 

結局、弁護人が冒頭陳述でするべきことは…というと、冒頭陳述に限らず、他の手続きにも通じることなのですが、

「被告人を理解し、事案を理解し、それを表現する。」

これに尽きるような気がします。

 

弁護人には、たとえそれが犯罪であったとしても、なお被告人を「理解」し、「共感」して、そこに「美しさ」を見出そうとする姿勢が必要だと思います。

さらに、被告人を理解することと、表現することに対して、「強いこだわり」や「執念」のようなものを持ち続けることが必要なのではないでしょうか。

 

その弁護人の強いこだわりと、それをどこまでも追及していこうとする姿勢(ある意味、執念のようなもの?)が、最終的には、冒頭陳述の中に漂う「美しさ」のようなものにつながっていく気がするのです。

 

最後はかなり抽象的になりましたが、私の冒頭陳述論でした。

 

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作