トスカ ~トスカはそんなに嫉妬深く、そんなに悪かったのか~

昨日、佐渡裕芸術監督プロドュースのオペラ「トスカ」を観てきました。

これは、一度、オペラを見てみたいと思っていたところ、近場の兵庫県立芸術センターで上演されることを知って、以前に予約していたものです。

随分先の講演日だと思っていたのに、もう来たか…。(日がたつのは早い)。

 

トスカは、ローマ一の歌姫だったが、恋人カヴァラドッシが政治犯をかくまった罪で拷問にかけられ、死刑を宣告されたため、彼を助けようと警視総監スカルピアを刺し殺した。

しかし、結局、スカルピアの謀略で恋人は銃殺されてしまい、彼の死を知ったトスカは、城から身を投げて自殺する…というあらすじ。

 

音楽と歌声は素晴らしかった!

でも、話は重くてえぐかった…。

政治犯だの、拷問だの、犯人隠避ごときで死刑(銃殺)だの…。

そのうえ、トスカは嫉妬深い女性として描かれていて、(演出上というより、原作自体がそうみたいですね…)、

スカルピアは彼女の身体を狙っていて、女の身体を手に入れる程度のことでその恋人は殺してしまおうとか…、なんだか全部がえぐい。

 

ドラマとは言うけれど、これは単に人間が愚かなだけではないのか、

避けようのない苦労は、受け入れて乗り越えるしかないけれど(例えば、東日本大震災とか…)、

実際には、人間がもう少し賢ければ、避けられる苦労がほとんどなわけで、

単に、人間が愚かなゆえに、ドラマだ、ドラマだと騒いでいるだけではないのか。

そんな思いで、舞台を観ていました。

 

終演後は、佐渡裕監督のサイン会があり、長蛇の列が…。

私は、天使のイラストの入ったCDを買って、表紙にサインしてもらいました。(これなら、いつでも見れるかと)。

 

 帰り道の電車の中、私は、「トスカは、そんなに嫉妬深くて、そんなに悪かったのだろうか…」と考えていました。

もう職業病ですね。

 

確かに、トスカには嫉妬深いところがあり、そこをスカルピアに利用されたわけだけれど、だからといって、彼女はそんなに悪かったのでしょうか。

そもそも、トスカが恋人を疑ったのは、画家であった恋人が、聖堂に飾るマリア様の絵に、礼拝に通う別女性をモデルにしたからです。

そのことには、教会の下働きも気づいていたので、気づかれる程度の書き方だったのでしょう。

礼拝堂に飾るマリア様の絵に、その礼拝堂にお祈りに通っている女性をモデルにするなんて、画家としても、恋人としても、完全にアウトでしょう。

しかも、その日は、恋人は政治犯をかくまっていたので、いつもと様子が違ったのです。

彼女は、そんな恋人のわずかな変化を敏感に感じ取ったのでした。

しかも、話声が聞こえたのに、人はいない…。(彼は政治犯と話していた)。

極めつけに、スカルピアから、教会に落ちていたと、そのモデル女性の家紋が入った女物の扇を見せられたのです。

そんな彼女が、恋人を問い詰めようと彼のところへ走ったからといって、(結果的には、そこをスカルピアに利用された)、そんなに悪くはないのではないでしょうか。

 

私は、トスカは、とても愛情深く、感受性が強くて、勘の鋭い女性だったと思うのです。

だって、ローマ一の人気を誇る歌姫ですから。

感受性が強いのは当たり前です。(鈍感な女性では、一番人気の歌姫になどなれません)。

 だから、恋人の異変も感じ取れてしまっただけだと思うのです。

しかも、恋人を拷問かけられて、なんとか彼を救おうと知恵を絞り、スカルピアと取引しながら、彼を刺し殺したトスカは、

突然の厳しい状況に、最後まで希望を捨てず、勇気をもって立ち向かった女性でした。

才能と美にあふれ、勇気をもって行動したトスカは、何も悪くないし、あの証拠関係からすれば「嫉妬深い」と決め付けた評価をするのはあんまりでしょう。

むしろ、恋人を含めた男どもの方が、政治的・思想的対立だの、政治犯をかくまうだの、

女性の身体を狙うだの、聖堂のマリアの絵のモデルに礼拝に来る女性を使うだの、

くだらないことをして問題を起こすから、トスカが巻き込まれてしまったのです。

才能と美にあふれ、将来もある身だったのに、こんなくだらないことで身投げしなくてはならないなんて、本当にどうしてくれる!?と言いたいくらいです。

 

つまり、トスカは取り立てて嫉妬深かったわけでもなかったし、何も悪くなかった。

むしろ、巻き込まれた点では、被害者なのではないか…。

私は、この結論に深く納得して、家路についたのでありました。

 

こういうことは、刑事事件でも多いような気がします。

つまり、捉え方ひとつ、表現の仕方ひとつで、被告人が悪人にも、善人にも見えてしまうのです。

 

被告人を法廷で「表現」するためには、まずは、弁護人が被告人をどう見ているかが、問題になります。

弁護人が見ていないものを、法廷で表現できるはずがないからです。

そういう意味で、弁護人の人を見る目、事件を見る目、人間性はとても重要だと思います。

 

次回、トスカを観る機会があったら、トスカの「嫉妬深さ」とされたものにはちゃんと理由があったことが表現されているといいな。

隣に座っていたおじさんも、「もう少し可愛らしいといいのに…」と言っていたし…。

オペラを観て、「表現」や「捉え方」の重要性を考えた1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

西本梨江(ピアノ)絵本コンサート with 林裕(チェロ)

人権委員会の先生からチケットをいただいたので、普段は全くご縁がないピアノコンサートに行ってきました。

なんでも、姪御さんなんだそうな…。 (ピアニストの姪御さんがいるなんて、素晴らしい)。

 

クラシックなんて、普段は全くご縁がないので、私にわかるかしら…、

でも、たまには拘置所以外のところにも行かなくちゃね…とおそるおそる出かけてみたのですが、いやー、行って良かった ♪

なんて綺麗なホール!(中世のお城風)。

赤いドレスの西本さん(後半は青いドレスへチェンジ)に、日下部吉彦さんのお話がついて、まるでTVで見る音楽番組みたい。

ピアノの音色は美しいし、一緒に出演されていたチェロ(林裕さん)と響き合って、おお!という感じでした。

特に、初めて聞くチェロの音色にはびっくり!

スペインのフラメンコのステップなんかもチェロで表現されていて、チェロってこんな楽器だったの?と新鮮な驚きでした。

 

その後、「ゴンダールのやさしい丘」という絵本が朗読され、それに合わせて、西本さん作曲の曲が演奏されました。

スクリーンに映しだされる絵が明るくて美しいのですが、西本さんの曲もとても「のびやか」で、絵とぴったりマッチ。

終始、一貫性があったので、これは彼女の趣味であるとともに、お人柄なんだろうな…という印象を受けました。

 

たまには、普段行かないところにも行ってみるのもいいもんですね。

パンフレットを見ると、他の講演もお安くて、クラシックってこんなに気軽に見れるのか…と、にわかファンに。

林さんのコンサートは、11月1日にまた大阪であるみたいだし(ザ・フェニックスホール)、是非、また行こう!なんて思った1日でした。

 

 

 

天神祭@大阪 

今日、明日の大阪といえば、天神祭!

で、全く関係ありませんが、明日は私のお誕生日。

(いやー、何歳になったんでしたっけ?私?)

昔から、あんたは1年で一番暑い天神様の日に生まれたと、よく言われてました。

実際、天神祭の日って、最高に暑いんですよね。

 

川の周辺には人が多すぎて近寄れないので、いつもお参りしている大阪天満宮へ…。(事務所からも近いのです。)

しかし、ショック!!

天満宮へも入場規制をしている…(涙)。

毎年、ここには入れてて、境内で地車囃子を聞くのをとっても楽しみにしてたのに…。

(それにしても、毎年思うんですが、大阪の地車囃子はなんであんなにヤンキー風の方々が多いんでしょうかね…)。

 

時間帯が7時台というのがいけなかったのかと思いつつ、

雰囲気だけでもと、鳥居の写真だけとって、引き返してきた私なのでした。

シェイクハンズプロジェクト ~親族よりも他人の愛!というケースもあっていい~

3日前に、元被告人から手紙がきました。

一審は裁判員裁判事件で、私は控訴審を担当した国選弁護人でした。

 

刑務所に来て、数か月がたったが、元気にしているとのこと。

小学校課程の授業を受けさせてもらっているけれど、勉強してみて、自分の情けなさに愕然としたそうです。

(でも、これは仕方がないのです。彼は、子どものころ、激しい虐待を受けていたのだから)。

 

手紙を書いたのは、また自分の悪い癖が出てきて、何事も悪い方へと考えてしまう中で、私を思い出したから。

自分の思っていることを話す相手もおらず、正直しんどい。

周りに話を広められると嫌なので、相談はしていない。

親族からも手紙が来ず、もう二度と来ないと思う。

やっと辛さや淋しさにも慣れてきたし、何事にも我慢しなくてはいけないことはわかっているけれど、もう何もかもがしんどい。

さびしくてたまらない…。

いったい何をしに刑務所に来ているのか、わからない…という内容でした。

 

手紙を読んで、「やばい。かなり危ない状態だぞ。」と直観した私は、重いスーツケースを引きずり、よろめきながら、本屋で人生本をあさって、手紙を書き、レターパックに詰めました。

ついさっき、それをポストに投函してきたところです。

 

私はこういうとき、とにかく応答するようにしています。

今、この声を聞くことができるかどうかで、未来が大きく変わると思うから。

正直、忙しくて自分がふらふらのときもあるのですが、「いつかきっと、神様が莫大なご褒美を下さるに違いないっ!!(神様、できるだけ早くお願いします!)」と思いつつ、頑張っています。

しかし、これをわが身一つで常にやれと言われると、かなりきついものがあるのです。

 

しかし、今回、こんなケースにぴったりのボランティア活動があることを、MLで、社会復帰センターにお勤めの方から教えていただきました。

「シェイクハンズプロジェクト」といって、監獄人権センターがやっておられるそうです。

拘置所、刑務所に収容されている被収容者の方とボランティアとの文通を監獄人権センターが仲介するプロジェクトで、拘禁生活の中で、すこしでも社会とのつながりを持ち、社会復帰への意欲を高めてもらうことが狙いだとか。

 

おー、さっそく彼にもここを紹介してみよう。

得られない親族の愛をいつまでも求め続けるより、他人であるボランティアの愛の方がよほど健全というものです。

まさに、「遠くの親族よりも、近くの他人!」

 

受刑者たちの刑期は長く、助けを求める新しい被告人は次々やってきます。

弁護人としては、裁判にかかっている被告人を優先せざるを得ず、わが身一つでは限界が…。

 

だから、こういうボランティアの方がたくさん増えて下さるといいな。

そして、どうか私の負担を軽くして下さい…

なんて、思った出来事でした。

 

 

 

 

 

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作