疑似注射器とサティスフェイク(薬に似せた錠剤)

前回、ニプロ株式会社・総合研究所で行われた条件反射制御法の研修会のことを書かせていただきました。

そこで、ニプロ株式会社が開発された「疑似注射器」を使って、あえて覚せい剤を使用していたときの状況を再現する治療法をお話ししました。

 

覚せい剤使用者は、注射器の中に覚せい剤を入れて、水で溶かすと、注射器の針を血管に打ち込みます。

そして、ちゃんと針が血管に入っているかどうか確かめるために、一度、ピストンを引いてみて、血が注射器内に逆流するのを確かめてから、ピストンを押して、覚せい剤の溶液を身体に打ち込むという打ち方をするわけです。

ニプロさんが開発されたこの「疑似注射器」は、そんな覚せい剤の使用状況を正確に再現します。

ピストンを引くと、偽の赤い血液用のものが、注射器の中に現れるのです。

写真の疑似注射器は、使用済みのもので、赤い偽血液が崩れて広がっていますが、最初にピストンを引いたときは、まるで本物の血液のかたまりがふわっと出てきたように見えて、本当にリアルです。

こういう治療用具を利用しながら、覚せい剤使用状況を再現し、「覚せい剤を使いたいっ!!」という刺激に耐えられる身体を作りあげていくのです。

 

 

もう一枚の写真は、株式会社メトグリーンが開発された「サティスフェイク」という疑似薬です。

正確には、「乳糖含有食品」だそうです。

薬理作用はありませんが、あえて精神薬に似せた形状で作られています。

 

依存症の患者さん達の中には、大量の精神薬を飲みたがる方が多くいます。

しかし、その方たちは、本当の薬理作用を求めているのではなく、「精神薬を大量に飲むこと」自体からくる精神的な安心感のようなものを求めていることが多く、そのような場合に、このサティスフェイクを飲むことで対処できる場合があるそうです。

ちなみに、このサティスフェイクは、一般には販売されておらず、医療機関にしか販売されていないとのことでした。

 

前回紹介した、NPO法人アパリの尾田氏、精神科医中元先生と弁護士の私は、三者で連携して、覚せい剤取締法違反で逮捕されてしまった方々について、出来る限り保釈を取って、このような治療につなげる活動をしています。

もちろん、逮捕されていなくても、治療は受けられるわけですが、人間は切羽つまらないとなかなか本気で治療に取り組めない生き物です。

切羽つまらないうちは、「まだまだ大丈夫さ。俺はやめる気になれば、いつでも薬をやめられる…。」なんて考えていたりします。

でも、実際は、全くコントロールできません。

そういう意味では、逮捕されて、裁判を受けなくてはならない!、刑務所に行かなくてはいけない!という時が、「最高の治療時」なのです。

 

そして、真剣に治療を受けたことを、裁判で量刑に少しでも反映させてもらえれば、

①本人は刑務所には行きたくないから(又は、少しでも刑期を短くしたいから)必死で頑張る、

②家族も本人に刑務所に行ってほしくないから(又は、少しでも早く社会復帰してほしいから)協力的に支援してくれる、

③医師は、裁判所の強制力が背後にあると、治療がとてもやりやすくなる

と、まさに一石三鳥の効果が生まれます。

 

出所したと思ったら、数か月でまた使用して、逮捕されてしまう。

そして、繰り返すうちに、刑期はだんだんと長くなっていく…。

何度も刑務所と社会を行き来する人生は、本人をみじめにするだけでなく、家族にも図り知れないほどの負担がかかり、とても辛いものです。

より多くの方がこの治療を受けてみて下さればと思っています。

 

 

条件反射制御法研修会@ニプロ(株) 中元医師と尾田さんと

6月15日(金)に、滋賀県にある「ニプロ株式会社、総合研究所」で行われた「条件反射制御法研修会」に参加してきました。

なんだか難しそうな名前ですが、

条件反射制御法というのは、例えば、アルコール、覚せい剤などの薬物、ギャンブル、パチンコetc…の嗜癖行動について、「依存症」の状態に陥ってしまっている人に対する新たな治療法です。

 

私は弁護士で、私が関わるのは覚せい剤を主とする薬物依存症であり、犯罪にならないアルコール依存症やギャンブル依存症の方については関わっていないので、ここでは、覚せい剤依存症の場合を前提にお話します。

(ただし、条件反射制御法自体は、薬物依存以外の病気に対しても広く使われる治療法なので、お間違えなく。

また、私のこのブログの説明は、学術的なものではなく、まったくの素人説明なので、その点はご容赦下さい。)

 

ややこしいのですが、あえて簡単に説明すると、人間には3つの条件反射があります。

①無条件反射(梅干を口に入れると唾が出る)→ 生来的なもの

②第1信号系条件反射(梅干を食べる習慣がある人は、梅干を見ると唾が出る)→ 行動の反復によって成立・強化されるもの

③第2信号系条件反射(血圧が高いから、梅干を食べるのはやめておこう)→ 思考のこと。人間だけが持っている

 

覚せい剤を使用し続けていると、覚せい剤を打つまでの一連の行動をすることで(人によって、決まったやり方があるものです)、覚せい剤を使ったときの快感(生理的報酬)が得られるということが繰り返され、②の第1信号系条件反射ができあがってしまいます。

すると、他の人にとっては、何でもないことでも、その人にとって覚せい剤に関連している刺激が入ると、覚せい剤を使いたくてたまらなくなってしまうのです。

例えば、ペットボトルの水を見ても覚せい剤がやりたくなったり(これで覚せい剤を溶いていたから)、まとまったお金が入ったり、お給料が入ったりすると、覚せい剤を買いたくなったり(いつも、まとまったお金が入ると売人に電話していたから)という具合です。

 

この②の条件反射のパワーは、③の思考のパワーよりはるかに強いので、どうしても抵抗しきれず、「わかっちゃいるけどやめられない」とばかりに、また覚せい剤を使ってしまうのです。

だから、覚せい剤使用者は、受刑し終えて刑務所から出てきても、数か月は「使うまい!」と一生懸命頑張りますが、結局は使ってしまって、また逮捕されてしまうのです。

 

そこで、この出来上がってしまった条件反射を弱めるとともに、「覚せい剤を使えないぞ」という条件反射を意図的に作り上げることで、覚せい剤に関連する刺激にさらされても、使用せずに耐えられる状態を作り上げていく治療法が、「条件反射制御法」なのです。

何のことだかわからないかもしれませんが、これ以上の説明は、ブログでは無理なので、このくらいにしておきます。

 

具体的な治療としては、ニプロ株式会社さんが開発された「疑似注射器」(注射器の中に赤い偽の血のようなものが出る)を使って、注射を打つ真似を何度も繰り返して、注射を打つという行為をしても、覚せい剤の快感がない状態を身体に覚えさせたり、

自分が覚せい剤を使っていた時の様子を詳細に思い出したり、作文に書いたりして、刺激に耐えられる訓練をしたり、

「私は、今、覚せい剤をやれない」という言葉とともに一定の動作を繰り返して、この「キーワード・アクション」を行ったら、覚せい剤を使えない時間が続くのだという条件反射を新たに身体に覚えこませたりします。

そうして、覚せい剤にまつわる刺激にさらされても、覚せい剤を使用しないで済む状態を作り上げていくのです。

 

 

当日は、千葉県にある下総精神医療センターの精神科医平井慎二先生が講師でしたが、医療機関関係者以外にも、矯正関係の方々や、弁護士なども来ていました。

 

写真は、平井先生の教え子で現在は汐の宮温泉病院で条件反射制御法による治療に取り組まれてる精神科医中元総一郎先生(右)と、薬物依存回復支援団体であるNPO法人アパリの事務局長尾田真言さん(左)です。

そして、私が中央です。

カメラのシャッターを押してくださったのは、京都ダルクの加藤武士さんでした。

加藤さんが笑わせて下さったので、中元先生も私もにっこり笑っています。

中元先生ってば、3割増しくらいハンサムに写ってますよ!

 

実は、この写真の3人で連携して、覚せい剤事件の刑事被告人の保釈をとって、汐の宮温泉病院(閉鎖病棟)へ入院させて、条件反射制御法の治療へつなげるという活動をしています。

なかなか症状の重い方が多いのですが、頑張っています。

その活動の様子については、また次回以降にお伝えしますね。

 

 

 

 

 

人が将来どう変わりゆくかなんて、本当にわからないもの

趣味の園芸でペチュニア(ブリエッタ)の苗を育てています。

去年、ナチュラルイエローの小さな苗が大株になったので、味をしめて、今年はいろいろな色を植えてみました。

白、紫、ブルー、ナチュラルイエロー、ワインレッド…。

 

ゴールデンウィークあたりに、苗で買ったときは、ワインレッドの苗が一番きれいでした。

茎も葉もしっかりしていて、花付きもよく、園芸店のおばちゃんも「いい苗、選んだね!」って感じで見てくれたので、今年はワインレッドが一番大きく咲くな…と思っていたのです。

他方で、ナチュラルイエローは、へたれ苗でした。

何度立てようとしても、ちゃんと立たなくて、前になだれて、妙に間延びしているのです。

でも、この色はこの苗しか残ってなかったし、去年育てたお気に入りの色でどうしても欲しかったので、仕方なくこれを買ったのでした。

正直、今年はナチュラルイエローはあまり期待できないな…と思っていたのです。

 

それから1か月半が経過。

写真が今の姿です。

なんと、ワインレッドは一番小さな貧弱な株になり、ナチュラルイエローの方は大株への道をまっしぐら…。

忙しすぎてゆっくり見ている暇もなかったので、いったいいつのまに逆転したのやら、さっぱりわかりません。

ほんとに、「へ?」という感じです。

 

人間もこれにしかり。

苗の時はほんとに良さそうに見えてたのに、なんでこんなに小さいの?

あのヘタレがいつのまに?

要するに、神ならぬ人間がわかることなんて所詮しれていて、その人が未来にどんなふうに変わりゆくかなんて、実はわからないのです。

普段から、「被告人が将来どう変わるかなんてわからない。けっして、被告人を選ぶことなかれ。」

と自分を戒めるようにしているのですが、この2つの苗には、あらためてその事実を見せつけられました。

 

人間はすぐ相手を評価して、この人はこんな人だと論評したがりますが(ちょっとえらい立場になるとその傾向が顕著に出ますよね)、本来はその人がどう変わるかなんて、全然わからないはずなのです。

わからないはずのことを「わかる」と言いたがる人が多すぎると思います。

そういう人は、むしろ、洞察力と本物の叡智に欠けるのではないかと思うのです。

 

「人が将来どう変わりゆくかなんて、本当にわからないもの」。

刑事弁護では特に、こういう姿勢を保ち続けることが大切だと感じた出来事でした。

 

 

最近、ちょっと嬉しかった判決のこと

先日、ちょっと嬉しい判決がありました。

覚せい剤の自己使用のみの国選事件でしたが、累犯だったにもかかわらず、前刑の量刑と全く同じ量刑で、刑期を上乗せされなかったのです。

被告人の方も、「こんなことは初めて。今度出てきたときは、専門家の力も借りて必ず立ち直りたい。」と、明るい顔で喜んでいました。(それまで、かなり暗かったんです)。

被告人を心配して、傍聴に来られていた友人方も、目に涙を浮かべて喜んでいました。

 

正直、私も少し驚きました。

検事の求刑は重かったのですが、いくらなんでもこの事件内容でそれは重すぎるだろう…というものだったし、大阪地裁の裁判官は、検事の求刑に引っ張られるようなことはないので、そこはあまり気にはしていませんでした。

しかし、そうはいっても、既に何度か覚せい剤使用を繰り返して累犯の状態になってしまっていましたから、最低でも4か月くらい、場合によってはもう少し上乗せされることは避けられないと覚悟していたのです。

 

別に、何か特別のことをしたわけではありません。

金銭的な工面がつかなかったため、アパリなどの薬物回復支援団体につないで、治療につなげることは、現時点ではできませんでした。

さらに、周囲には迷惑をかけられないと、今回は被告人質問だけの道を選んでいました。

 

それでも、被告人が、誠意をもって質問に答えていたことや、従前、ちゃんと仕事をしたり、基本的生活習慣はできていて、社会生活ができていたこと、今回はもう周囲に迷惑はかけれらないと考えた事情などを裁判官が酌んで下さったのでしょう。

このケースは、覚せい剤の依存性から抜けられずに苦しんでいるだけで、それ以外の点では被告人に大きな問題点は感じられなかったのです。

 

被告人にとっては、ほんの数か月の違いであっても、本当に嬉しいものです。

特に、裁判官が事情を酌んでくれた、理解してもらえたというのは、ものすごく嬉しいことなのです。

最近のちょっと驚いた嬉しい出来事でした。

 

theme byThemocracy × 弁護士ホームページ制作