前頭側頭型認知症(FTD)について (万引き、その他の犯罪)

前頭側頭型認知症(FTD) は、認知症の中の一種です。

認知症というと、一般によく知られているのはアルツハイマー型型認知症ですが、実は、他にもいくつか種類があるのです。

刑事裁判との関係で、「病気の症状」と気づかれずに「犯罪」と誤解されて、刑罰を科されるおそれのある危険な認知症は、「前頭側頭型認知症」です。

 

犯罪としては、主に、以下のような罪名で現れる可能性があります。

 

  • 万引き窃盗 (「なんでこんなものを盗るの?」と首をかしげるような数百円程度の商品であることも多い。)
  • 軽微な性犯罪
  • 交通違反 (何度も違反を繰り返して、きっぷを切られる)、
  • 暴行や傷害 (例:突然怒り出して、暴力をふるってしまった…)

 

前頭側頭型認知症は、記憶や日時を把握する能力などは保たれていますが、社会性が障害されてしまいます。

 

わかりやすく言うと、「ある状況下で、この行動は適切なのか」という判断力が失われるため、

例えば、店先に並んでいる商品で、気に入ったものがあり、欲しいな…と思ったときに、

それを手に持ったり、ポケットに入れたまま、お金を払わず、ふいっと持ち去ったりするのです。

 

 

本人には、なぜ自分が盗んだのかわからず、まるで夢の中の出来事のように感じられますが、

窃盗が違法であることは、理屈の上ではきちんと理解していますから、保安員に捕まると、必死で言い訳しようとします。

 

ここで、ボーっとして応答も出来なければ、「これはおかしい。病気じゃないか。」と思ってもらえるのですが、

言い訳はできるものですから、健常者だと思われ、むしろ、反省していない悪質なやつだと誤解されるのです。

 

そして、警察にも、検察にも気づかれないまま、最初は罰金刑を受けます。

しかし、病気ですから、繰り返します。

すると、そのうち、正式裁判を請求され、1回目の裁判では執行猶予になりますが、

執行猶予中にまた再犯し、実刑になって、刑務所に送られてしまうのです。

 

今、高齢者の増加とともに、認知症患者が多くなって社会問題になっていますが、前頭側頭型認知症は判別が難しく、

うつ病などと誤診されて、周囲も気づきにくいため、

(家族は、「更年期障害なのかな?」とか、「さびしくて、うつ的になっているのかな?」と思っていることが多い。)、

刑事裁判でも見逃されたまま、刑務所に送られている人が多数いると思われます。

 

医師たちも、他の認知症に関連する分野のトラブルはよく知っておられるのですが、

刑事司法や刑務所には縁がない場合が多く、

いったいどうなっているのか全然わからないため、見逃されてしまっているのです。

 

認知症は、誰にでも起こり得る病気ですから、これは非常に恐ろしいことです。

本来なら、認知症と診断してもらい、介護保険の適用を受けるなどして、医療と福祉で対応せねばならないのに、

犯罪者として、刑務所に送られてしまっているのです。

 

平成28年4月12日、神戸地方裁判所で、前頭側頭型認知症の60代女性が、執行猶予中に万引きの再犯したケースで、

前頭側頭型認知症だったことがわかり、再度の執行猶予判決を受けましたが、

弁護人は実は私でした。

(メディア掲載実績の欄に、新聞記事を掲載してあります)。

 

 

当初は、クレプトマニアの可能性も疑いましたが、家族の話や本人の性格、従前からとても働き者だったことなどから、

「この人はクレプトマニアではない。認知症だ」と感じて、医師に診断を依頼したところ、やはり認知症でした。

 

前頭側頭型認知症を判別するには、この病気に詳しい医師の診察を受け、MRIやSPECTといった脳画像を撮る必要があります。

その上で、裁判では、DSM-5の診断基準への当てはめを争っていくことになります。

 

今まで、万引きなんてしたことのない真面目な人だったのに、

ある年齢を超えたあたりから、何となく行動がおかしくなった…、

以前に万引きで捕まったから、本人も気をつけていたのに、短期間のうちに繰り返してしまった…

などという場合は、前頭側頭型認知症の存在を疑い、検査をした方がよいでしょう。

 

在宅事件の場合はいいのですが、身体拘束されてしまっているときは、まず保釈請求をして、保釈を取る必要があります。

 

 

参考までに、前頭側頭型認知症の特徴を分かりやすく上げると、以下のようなものがあります。

① 発症年齢が早く、早ければ、40代で発症する。 

   → 一見、元気そうな50代、60代の人でも、発症している可能性がある。

② 味覚が変わる。料理の味付けが大きく変わったする。

  また、辛いもの、甘いものを好むようになり、スナック菓子を食べ始めると、一気に袋全部を食べてしまわないと気が済まない。

③ 怒りっぽくなったり、粗暴になったりする。

④ 物事の特定のやり方にこだわったり、ある1つの同じ行動をしつこく繰り返したりする。(「常同行動」という)。

⑤ 食べ物や洋服など、いろいろなものを溜め込み始める。

⑥ 身だしなみなどにかまわなくなる。

 

認知症であれば、「意思の力」や「反省」・「努力」などでは、止められません。

どこかで気づいて、裁判で主張していかない限り、再犯を繰り返し、いずれは刑務所送りになってしまいます。

高齢者の万引き事案や、50代・60代でまだ高齢者というわけではないが、なぜこんなものを万引きしたのか、
理由がよくわからないケースなどでは、是非ご相談下さい。

 

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 弁護士西谷裕子WEBSITE All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)専門ホームページ制作 nishitani.yuko-lawyer.com