産経新聞朝刊に覚せい剤事案の再度の執行猶予判決の記事が掲載されました。

2014-06-19

本日の産経新聞の朝刊に、覚せい剤自己使用・所持事案に関する再度の執行猶予判決の記事が掲載されました。

 

薬物の渇望には、条件反射制御法という治療を施し、

依存原因になっていた心理面には、心理士のカウンセリングでアプローチした事案で、

本人も真剣に治療し、家族も一致団結して彼を支援したことが評価された事案です。

 

犯罪の原因に的確にアプローチして、再犯を止める。

と同時に、「依存症」という疾病に苦しむ人に対して、人間的に成熟した対応をし、問題解決を図る。

私達は、犯罪を犯した人に対して、ただ「受刑」という苦痛を強いるだけの解決法を選択するのではなく、より高い人間的に成熟した対応ができるはずです。

ましてや、薬物使用に苦しむ人は、けっして悪人ではないのです。

治療という救いの手を差し伸べ、きちんと問題に向き合って治療した人に対しては、刑罰以外の対処法があるはずです。

このような社会の側の成熟した対応が、今後も広がっていくことを願い、努力していきたいと思います。

 

 

 

Copyright(c) 2013 弁護士西谷裕子WEBSITE All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)専門ホームページ制作 nishitani.yuko-lawyer.com