保釈と実例

1 保釈請求とは……

起訴後は、保釈請求をすることができます。

黄色の花

保釈とは、一定の遵守事項を定めた上で、裁判所から保釈許可をいただき、保釈保証金を担保として納付することで、
身体拘束から解放される制度です。

 

 

 

 

 

保釈許可をいただくことができれば、遵守事項を守る必要はありますが、
身体拘束から解放されるため、被告人本人も、家族も、とても楽になります。

(遵守事項とは例えば、制限住居として定められた住所地に居住する、
被害者や共犯者などの事件関係者とは連絡をとらない、
海外旅行や3日以上の旅行の際には事前に裁判所に届け出て許可をもらう…といったことです。)

 

また、裁判の準備、例えば、弁護人との打ち合わせなども自由にできますし、
医師の診察を受けたり、入院治療をしたり、心理士のカウンセリングを受けたり、
治療のためのグループワークに参加する等の活動も自由にすることができます。

拘置所で身体拘束されていても、時間が無駄に過ぎていくだけですから、
可能ならば、保釈して、どうして犯罪に至ってしまったのか、自分自身を見つめ直し、原因を明らかにさせて、必要な対処をする機会を与えるべきです。

 

弁護人の目からみると、保釈されると、被告人が明るくなります。

ときには、弁護人が驚いてしまうほど、表情や雰囲気が劇的に変わるときすらあります。

 

罪を犯した自分をそれでも守ってかばってくれた家族の思いと協力に感謝の気持ちを感じるからでしょうか…。

そもそも、「身体拘束」されて自由を奪われた状態というものが、人間にとって、極めて不自然な状態なのかもしれません。

 

ですから、実刑が避けられない事案であっても、
罪証隠滅や逃亡のおそれがない人、親族など周囲にしっかりした身元引受人がいる人については、
出来る限り、保釈すべきだというのが、私の意見です。

本人がきちんと納得するということは、結局は、裁判後に、本人が真に立ち直り、二度と再犯しないでいられるかという問題につながっていきます。

きちんと機会を与えられ、自分の言い分も聞いてもらった、
どうしてこうなったのか、理解できて、納得できたという気持ちがあると、
裁判後の本人の精神状態がまったく違ってくるため、出来る限り、積極的に保釈制度を活用していくべきだと思います。

 

2 手続の流れ

① 事前の準備

事案に応じて、必要な資料(ご家族の上申書や本人の誓約書、医師の診断書、治療機関の治療引受書、支援団体との契約書、等)などを準備します。
 
 ② 保釈請求書の提出

③ 検察官に対する求意見

③ 裁判官面談

④ 保釈許可決定      OR     ④ 保釈却下決定

⑤ 保釈保証金の納付           ⑤ 準抗告(抗告)

⑥ 被告人の釈放へ            ⑥ 準抗告(抗告)却下決定 → ⑦特別抗告

 

3 保釈の実例

 

保釈は、認められる方向へと動いています。

必ずしも罪名だけで決まるものではありませんので、ご相談下さい。

ここでは、いくつかの事例をご紹介させていただきます。

 

(1)覚せい剤事案で、精神科病棟へ入院して、治療する場合  

執行猶予中の再犯、累犯(刑務所は数回目)の方あっても、

依存症治療を実施する精神科病院を制限住居にして、入院・治療をする場合は、比較的早期に保釈許可をいただけるケースが多いです。

 他に精神疾患を合併症している場合などは、留置施設では症状が悪化することがあるので、積極的に入院した方がよいと思いわれます。(例:強迫性障害などを併発している場合)

入院先としては、①千葉県に所在する下総精神医療センター、②大阪府富田林市に所在する汐の宮温泉病院などになります。

 

他にも、③退院後、必ずダルクで入所体験をすることを条件に(ある程度まとまった期間であればよく、長期にわたる必要はありません)、認知行動療法型のプログラムによる入院治療を受けられる病院もあります。

 

①の下総精神医療センターへの入院については、関西からは遠方のため、保釈後の病院への移送や、裁判の日の出廷の際は、、アパリの支援者に付き添っていただく方がよいでしょう。(飛行機の手配はアパリが対応してくれます)。

③についても、入院の条件である、退院後のダルク入寮先の確保や日程調整のため、アパリの斡旋を受けておいた方がよいと思われます。

②については、被告人を監督できて、入退院や出廷の際に付き添うことが出来る人物がいれば、アパリの斡旋は不要です。 

 

 

(2)覚せい剤事件で、実刑事案であっても、自宅で保釈が認められている場合

 最近は、保釈が認められるケースは拡大してきており、

本人の性質がよく、しっかりした身元引受人がいるケースでは、

初回の執行猶予事案だけでなく、執行猶予中の再犯のケースや、

前刑の執行猶予期間は満了しているが、今回は、実刑になる可能性が高いケースであっても

自宅で保釈が認められているケースがかなりあります。

 

① 前刑の執行猶予判決を受けた後、6年以上7年未満の40代女性のケース、

② 前刑の執行猶予判決を受けた後、5年以上5年未満の40代女性のケース、

③ 執行猶予中に再犯した(数か月後でした)30代男性のケース、があります。

 

①から③は、前刑も薬物事案ですが、

他には、前刑が交通事故事案(過失犯)で執行猶予判決を受けており、その猶予期間中に薬物事件を起こしてしまったケースもあります。

 

いずれも自宅で保釈が認められていました。

①~③は、治療後、実刑判決を受け、服役されましたが、④のケースでは執行猶予判決が得られました。

 

 (3)クレプトマニア(摂食障害などを併発する場合を含む)で、赤城高原ホスピタルでの入院治療を受ける場合

 これも、特に問題がない限り、初犯のケースのみならず、執行猶予中の再犯、累犯の事案であっても、

第1回公判前に保釈許可をいただいています。

万引きで、赤城高原ホスピタルで治療を受ける場合は、いったん自宅で保釈許可をいただいておいて、

その後、赤城での受診予約をして、医師の診察を受け、ベッドの空きの状況に応じて、日程調整の上、入院することになります。

 

最近のケースでは、

① クレプトマニアの累犯の50代女性のケース、

② 摂食障害とクレプトマニアが合併している初犯のケース(20代)、執行猶予中の再犯のケース(30代)、累犯となっている女性2名(いずれも40代)、

②クレプトマニアのみならず、認知症も疑われる60代の女性(執行猶予中の再犯)のケース

(前頭側頭葉型認知症の場合、アルツハイマー型よりも発症の時期が早くなります)、

などがあります。

 

クレプトマニアや摂食障害の事例は、スーパーやコンビニがあるかぎり、全国津々浦々で発生しますから、係属裁判所は、近畿のみならず、中部地方、中国地方、北陸地方など、広範囲に及びます。

いずれも、保釈許可をいただいて、赤城高原ホスピタルで治療を実施しました。

  

(4)クレプトマニアで、条件反射制御法による治療を希望する場合

 症状が重く、グループミーティングへ参加して自己の内面を探っていく治療法だけでは、再犯を防げないほど重症のケースでは、精神科閉鎖病棟での治療を試みることになります。

条件反射制御法は、薬物依存症のみならず、クレプトマニアやアルコール依存、強迫性障害やアルコール依存など、依存症全般に対処できる治療法です。

 

千葉の下総精神医療センタ―で入院治療するケースや、汐の宮温泉病院で入院治療するケースもあります。

 

① 窃盗罪での保釈中に再犯してしまった、50代男性のケースでは(アルコール依存症と強迫性障害を併発)、控訴審と一審の双方で保釈許可を得て、下総医療センターで入院治療したケースがあります。(治療後、受刑しました)。

 

 (5)性犯罪事件の場合

性犯罪であっても、被害弁償等を済ませ、証拠の整理を済ませるなど、 罪証隠滅のおそれがなくなれば、保釈が許可されている事案はあります。

裁判員裁判対象事件である、強制わいせつ致傷事案で、公判前整理手続き後に保釈が許可され、判決後の再保釈許可が認められている事案もあります。

 

(6)その他の犯罪

① 罪名が、殺人や殺人未遂の事件であっても、犯行の経緯や、罪証隠滅のおそれ・逃亡のおそれがないこと、ご本人の健康状態等(高齢で刑事施設での勾留に耐えられないケース。疾病のため治療が必要なケース等)によって、保釈は認められています。

② 覚せい剤の密輸事件でも、若年者がその未熟さに付け込まれて、事件に巻き込まれてしまったような事案では、
保釈が認められています。

 

4 保釈を活用しましょう

既にみたとおり、保釈は、刑事裁判を受ける被告人にとって、とても重要です。

身体拘束が解かれることで、職をやめずにすむなど直接的な利益があるケースもありますし、

弁護士との打ち合わせなどの「防御権行使」の観点や、治療など、本人の更生の観点からも、とても重要といえるでしょう。

 

 

もちろん重大事案など、どんなに努力しても保釈が認められない事案もありますが、可能な限り、保釈を目指しましょう。

執行猶予中の再犯や、累犯のため、受刑が避けられないときであっても、裁判中に身体拘束されていなければならない理由はありません。

病院へ入院して治療しながら過ごす、自宅でカウンセリングを受けながら過ごすなど、拘置所での勾留を経験しなくてすむなら、それに越したことはないのです。

そういう事例が増えていくことで、「人質司法」が克服され、刑事裁判が少しずつ変わっていってほしいと願っています。

 

黄色い花

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2013 弁護士西谷裕子WEBSITE All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)専門ホームページ制作 nishitani.yuko-lawyer.com